超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

宮野真守、宮田幸季、津田健次郎が登壇!『劇場版Free!-Timeless Medley-約束』の初日舞台挨拶レポート

2017/7/1


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 7月1日に「劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束」の初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの宮野真守、宮田幸季、津田健次郎が登壇した。超!アニメディアでは本イベントの様子をレポートする。

 第2回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作「ハイ☆スピード!」を原案として生まれたTVアニメ『Free!』。水泳にかける少年たちの熱い想いや繊細な心のやりとりを描き、2本の劇場版として再構築し、新規エピソードとともにスクリーンに登場したのが今回の「劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束」だ。今作では、夢に向かって泳ぎ続けることを決意した凛が、親友の宗介との過去の思いに向き合う姿が描かれている。

 司会者の呼び込みで、キャストたちが登場。松岡凛を演じた宮野は「朝も早よからありがとうございます。今日は皆さんと一緒に“Free!愛”を語りたいと思います」と語り、似鳥愛一郎役の宮田は「お足元の悪い中、ようこそ劇場へいらっしゃいました」と丁寧に挨拶。ライブビューイングで見ているスクリーンの向こう側の客にも呼びかけた。御子柴清十郎を演じた津田は「皆さん、シャーク!」と鮫柄学園お決まりの言葉と共に、サメの背びれを手で表現したポーズをキメながら、会場に向かって挨拶。隣りの宮野、宮田も同じようにポーズをキメ、会場中に「シャーク!」という声が響き渡った。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 公開初日を迎えた気持ちを聞かれた宮野は「こうして鮫柄学園として、一つの物語にまとめてもらえるのは非常にうれしいですし、今日という日を待ち望んでいました」と感無量といった表情を浮かべた。今回の舞台挨拶に備え、昨日の夜に本作を見たそうで「最初から涙が止まらなくて、『Free!』 ってこんなんだっけ? って思いながら見ていました。鮫柄のみんなが大きなものを抱えて戦っていたのが分かったし、凛の幼少期からの思いも見えて、いろんなことを抱えていたのが分かりました」と熱く語った。さらに、凛の親友・宗介役の細谷(佳正)氏を絶賛し、宗介が出るたびに泣いて、細谷本人に『お前が戻ってくるのを待ってるから』と深夜にメールしたエピソードを披露すると、津田が「リアルFree!だね」とすかさずツッコんだ。

 宮田は「客観的にも面白くてずっと見られた」と話し、「誰か一人が欠けてもこうならなかった。すごくいいいチームだなと思って見入ってしまいました」と続けた。自身が演じる役については「パワーをもらえるキャラクター、作品で、自分も頑張らなくちゃと思えるキャラクターに出会えました」と演じられて幸せだったと話した。

 舞台挨拶で観客の前に立つのは今回が初めてだった津田は「映画を見終わった皆さんがハンカチを握りしめて感動している中で、『シャーク!』なんて挨拶してすみませんって感じですけど(笑)、鮫柄としてこの場所にいられるっていうのが嬉しいです」と語った。また、今回の舞台挨拶は鮫塚の歴代3部長が揃った貴重な機会ということで、宮野が「凛を引っ張り上げてくれたのは御子柴部長ですからね」と津田に向かって話すと津田は「感謝してね(笑)」と返し、会場から笑いが起こった。

 劇中の気に入ってるシーンについては、宮野は宗介とのシーンを挙げ、「『何で言わねえんだよ』って言ったら「言ったら泣いちまうだろ」って返すところで、僕は泣いてましたからね(笑)。彼らの思いがリアルなんです。夢とかしがらみと戦って生きてるからこそ、いろんなことがある。宗介に『待ってるから』と約束もしたのもそうだし、『まだまだFree!いくぜ!』と皆さんとも約束している感じがしました。凛たちも卒業して、少年たちが大人になっていって、新たな物語が始まりそうだなと思って、感動しっぱなしでした」とリアルな心理描写に自身も引きつけられたと語った。宮田は「似鳥目線で見ると、彼は天才肌ではない、努力派なので、みんなが優しくしてくれるんです」と演じた役と周りとの関係性について言及。宮野も「ほっとけないんですよね」と同調し、宮田が「チームが一つになってリレーの前の泳ぐところとか…」と皆との絆を感じるシーンを挙げると、宮野、津田も「いいよねー」と深く頷いていた。いいシーンばかりで選びきれないと話す津田はお気に入りのシーンとして、清十郎が客席で後輩たちを怒るシーンをチョイス。「やっぱり現役時代から叱咤激励して引っ張ってきた。愛が深いなと思いました」と語った。そして宮野が清十郎の弟・百太郎が可愛いと話すと、津田も「可愛いよね、鮫柄いいよねー」と返し、宮田が「だって温水プールだしねー」と思わぬ方向から鮫柄の良さを褒め、宮野と津田から「そこ!?」とツッコまれ会場の笑いを誘っていた。

 水泳のシーンでのブレスなど、アフレコ時に大変だった点について聞かれると、宮野は「息づかいはそれぞれ挑戦していたと思います。あと、水しぶきとか画がすごくリアルに描かれていて、そこに僕らも息づいていきたいと思ってやりました」とコメント。すると、津田が「俺も『プハー』ってやってみたいなと思ってた」と話すと、宮野の「やってみてくださいよ」という一声で、この場でブレスを実演するひと幕も。また、応援のシーンでは実際に水泳部で使われているかけ声をリサーチして、リアルさを追及したそうで、「セーイ!セーイ!セーイ!」と3人で実際に声を出し合い、大盛り上がりとなった。

 最後の挨拶では、津田は「TVシリーズからこうやってずっと青春し続けてこられて、鮫柄としてこうやって舞台に立てるのが本当に嬉しいです。全力応援していただいたおかげで、僕たちはここにいられるので、さらに熱く『Free!』を支えていただけたら嬉しいです。これからも応援してください。シャーク!」、宮田は「朝9時からの一発目の上映ということで、皆さんが第一弾のお客様ということでいかがだったでしょうか?一期の時はまさかこうして劇場版になるとは思いもしなかったので、これも応援してくださった皆さんのおかげだと思っております。ぜひこれからも応援よろしくお願いします」と語り、最後に宮野は「『Free!』っていう作品の素晴らしさを、僕らがまたあらためて感じさせてもらえる映画になりました。いろんな側面からキャラクターの表情だったり、気持ちだったりを感じられるものが作れるんだなと、可能性の広がり方に驚かされました。鮫柄で思いを繋いでいくとこういう物語になって、正直最後の方になるとつらくて、見れなくなっちゃうほど苦しかったんですけど、その中で彼らが繋いでいる絆はなんて美しいんだろう、って思って、ずっと見ていたいと思いました。アフレコ現場で当時全力でぶつかって挑んでいたものが皆さんに届けられて、次を感じさせてくれる予感もある劇場版なので、皆さんとまた絶対に会いますという約束を今日はここでして、存分に今回のこの映画を楽しんでいただけたらと思っております。今後ともよろしくお願いします。シャーク!」と語り、大きな拍手に包まれる中、イベントは幕を閉じた。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<「劇場版 Free!-Timeless Medley-約束」情報> 
2017 年 7 月 1 日 全国ロードショー 

競泳選手として世界の舞台に立つという亡き父の夢を追い求めてきた少年・松岡凛。 父も泳いだメドレーリレーに特別な思いを持つ凛は、共に競い合ってきた親友の宗介と考え方の 違いで衝突してしまう。やがて、最高のメドレーリレーを泳ぐために、凛は新しいチームのもと へ行くことを決意する。 更なる高みを目指してオーストラリアへと旅立つ凛。 そこで世界との実力差を目の当たりにし、苦い挫折も味わった。帰国後は鮫柄学園水泳部で確か な実力を手に入れ、チームの要となった。 高校3年生の春、宗介との突然の再会。 再び同じチームで泳げると喜ぶ凛だが、宗介には高校生活最後の一年を鮫柄学園で過ごすと決め た、誰にも言えない本当の理由があった――……。 夢に向かってまっすぐに泳ぎ続ける凛が、唯一無二の親友との「約束」に向き合う物語。

◆スタッフ 
原案 「ハイ☆スピード!」おおじ こうじ (KA エスマ文庫/京都アニメーション) 
監督 河浪栄作(アニメーション Do) 
構成 横谷昌宏 
キャラクターデザイン 西屋太志 
美術監督 鵜ノ口穣二 
色彩設計 米田侑加 
小物設定 秋竹斉一 
撮影監督 髙尾一也 
3D監督 柴田裕司 
音響監督 鶴岡陽太 
音楽 加藤達也 
アニメーション制作 京都アニメーション/アニメーション Do 
主題歌 STYLE FIVE 『RISING FREE』 
製作 岩鳶高校水泳部 TM 絆 
岩鳶高校水泳部 TM 約束 
配給 松竹

◆キャスト 
松岡 凛 : 宮野真守 
山崎宗介 : 細谷佳正 
似鳥愛一郎 : 宮田幸季 
御子柴百太郎 : 鈴村健一 
七瀬 遙 : 島﨑信長 
橘 真琴 : 鈴木達央 
葉月 渚 : 代永 翼 
竜ヶ崎 怜 : 平川大輔 
椎名 旭 : 豊永利行 
桐嶋郁弥 : 内山昂輝

※ 「特別版 Free!-Take Your Marks-」 2017 年秋 劇場上映 
『劇場版 Free! -Timeless Medley-』に続く、『Free!』シリーズ待望の新作アニメがついに登 場! ――季節は遙が高校卒業を控えた3月。 次のスターティングブロックに進むまでの早春の日々を4編のストーリーで綴る。 未来に向かって歩み出した遙たちの、その後とは――?

公式サイト 
iwatobi-sc.com 

公式Twitter 
@iwatobi_sc

(C)2017 おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部 TM 約束 (C)2017O.K/I.TMY



声優になりたい!

PAGETOP