超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

視線も愛もファンと交わして、ツアーの集大成のライブは大成功! 芹澤優 1stツアーファイナルレポート

2020/2/27


 声優・芹澤優が“Yu Serizawa 1st Live Tour 2019~ViVid♡コンタクト!~”のツアーファイナル公演を2019年12月22日にZepp DiverCity(Tokyo)にて開催。同年9月からスタートしたソロとして初の全国ツアーのファイナルは、自身のバースデーライブも兼ねた特別なものに。コンセプト通り様々なアプローチでファンとの“アイコンタクト”を交わしつつ、想いを言葉にすることで“愛”もコンタクトさせる、ファイナルにふさわしいライブとなった。本稿では、「Yu Serizawa 1st Live Tour 2019 ~ViVid♡(アイ)コンタクト!~」のZepp DiverCity TOKYOにて行われたツアーファイナル公演のBlu-ray&DVDが2020年6月3日(水)に発売が決定したことに併せて、昼夜2回行なわれた公演のうち、夜の部の振り返りレポートをお届けする。

撮影:上飯坂一

前半だけでも多彩すぎ! バリエーション豊かな楽曲を次々表現

 満席の会場を前に、interludeが流れるなか、まずはバンドメンバーが入場し場を高めると、2階ステージに芹澤が登場!そのままメインステージへと降り、「ぷりっとぱ~ふぇくと」からライブスタートだ。Bメロでは歌声の緩急用いてコールを巻き起こしつつ、サビ冒頭の跳ねや開脚ジャンプもバッチリ。Dメロではニコニコ生放送へのカメラアピールも挟むと、後奏ではコールを煽りながらハートマークを作るなど、何から何まで“ぱ~ふぇくと”な滑り出しをみせれば、続く「神×太陽×サマーパーティ」ではイントロのセリフ部分を用いて「夜!これがラストだぞ声出してけー!」とファンを煽る。完全にノッたファンからのコールが完璧に響くなか、芹澤もそれに合わせるかのように楽しく躍動。2-Aメロでは、歌詞に合わせてネコ手のカメラアピールで魅了し、落ちサビで「好き」のセリフがファンを沸かせる。

 それに、ファンをウェルカムする「ハウ?トゥ!パーティー☆」を続けるという構成も、また完璧。構成のみならず、頭サビ最後のロングトーンを長くブレなく伸ばしながら、切った直後に軽々と跳ねるすごさ。意識しないと普通に思えてしまう凄さが、当たり前のようにのっけから散りばめられる。2番に入ってからはギターとベースにマイクを向けてコールさせてバンドメンバーと絡めば、2サビ後の間奏前にはスピンを鋭く決めて高くジャンプ! とにかくどこを取っても楽しさと質の高さが両立した、観客をノセる前半のキーでさえある1曲だったように思う。

 3曲歌ってのMCでは、この日行われていたニコニコ生放送での生中継を見ている方々へも呼びかけると、初のツアーをともに回ったバンド“神バンド”を紹介しつつ、話題は最新シングル収録の自作詞曲「ハイハイハイハハイテンション」へ。「一緒に踊ってほしい!」と披露前にファンとの練習を挟み、ギターを提げてスタンドマイクの前へ。イントロ冒頭フレーズ明けはギターを弾きながらの歌唱。間奏も魅せながらプレイすることで、この曲を思い切り楽しんでいるさまが伝わり、歌詞通りに自身にもファンにとっても、早くもこのライブを“忘れらんない夜”確定にさせた。

 続く『犬とハサミは使いよう』秋月マキシのキャラソン「マジカル☆ラブ」では、彼女を連想させるイエローのスポットを浴びながらのスタート。サビ前「シャイニー!」のセリフもキメつつ、甘めに振った歌声でさらに進化したキュートさをこの曲に乗せれば、i☆Ris曲「わくドキしたいっ!」をソロで披露。6人の曲をひとりで歌う大変さは存在して然るべきなのだが、彼女はそのしんどさを一切感じさせない。それどころか、サビの冒頭にきれいに決めたアイドルジャンプや随所にみられる細かいステップを笑顔でまっとうし、ただ“こなす”だけではなく、曲の魅力をさらに“引き出して”いった。

 後奏中、芹澤は一旦降壇。神バンドによるシリアスかつスタイリッシュなプレイがフロアを燃やせば、衣装替えした芹澤が登場し「Out Of Control!」へ。「いくよ」のひと言でスイッチオンすると、ツアーの夜公演にあたるロッキンなブロックで、パワフルさとアツさのふたつを伴った歌声とパフォーマンスでファンを巻き込んでいく。2サビではロングトーンから色気も感じられ、さながらロックヒロインの佇まい。荒々しくもセクシーなステージングは、観客と距離の近いライブハウス公演での蓄積の賜物だろうか。

 続くメタル調の「…私だけ見てて?」では、少々甘めに振りつつもメタル調バッキバキのサウンドに力負けしないパワーある歌声を披露。途中お立ち台に座りセクシーにも魅せる姿は “煽っていく”の言葉ドンピシャのパフォーマンスだ。キャラに沿って犬の鳴き声とともにキメると、生バンドによってより気持ちよくノれるダンスロックと化した「PRINCESS POLICY」で今度は“ネコ”へとスイッチ。そのネコらしいしなやかさは特に2番以降に重点的にを織り込み、さらに次第に小悪魔さも上乗せ。 “私だけ見て”といった言葉がキーになる曲を2曲続けて、前半とは全く違う雰囲気で視覚・聴覚ともにファンを魅了していった。

 さて、今度はガラリと雰囲気を変えてバラードを披露することを予告。「今夜も月がきれい」の歌唱へと移る。

 たまらない切なさをもつ楽曲で芹澤がみせる表情は、直前・前半のいずれのものともまた違うもの。楽曲に深く没入し、感情の流れに応じた押し引きをボーカルワークで表現していく。それを雪のような光が降り注ぎ、背後には大きな月が映し出されるなかみせることで、観る側を曲に浸らせより胸を苦しくさせる。引き気味に歌った落ちサビも、スポットライトに当たっての歌唱ということも相まって出たぽつんと取り残された感が、より心に刺さるものだった。

 その後奏中に2階ステージに上がると、階段に座りアカペラで「Imaginary」のサビを、この曲らしく温かさを乗せて大事に大事に歌唱。途中、間奏では穏やかな表情をみせながら音にゆったりたゆたうと、大サビでは彼女の表情はぱあっと明るいものに。同時に会場全体も照らされて明るさを取り戻すという演出も、よりライブへの没入感を高めてくれた。

 こうして、バラード2曲で異なるタイプの“聴かせる”楽曲を観客の心へと届けると、MCで「立ってもらおうかな?」とアナウンスし、お次は最新シングルの表題曲「デビきゅー」を披露することを予告。EDに起用された『魔入りました!入間くん』が夕方放送の作品ということもあり、“セリコおねえさん”として作中随所に登場する“デビきゅーポーズ”をレクチャーしてから後半戦のスタートだ!

 そのポーズをとるたくさんのファンが視界に入ったからか、1サビ後にたまらなく嬉しそうな表情を見せる芹澤。それが彼女をよりノらせたのだろう、2サビは若干ぶりっ子っぽさ増しめにエッジを立たせたパフォーマンスに。しかし、細かくテクニカルなダンスは、生バンドでの披露がこの日が初とは思えぬ一切スキのないパーフェクトな仕上がり。とりわけ大サビ直前のダンスタイムでの軽やかさ跳ね具合は印象深いものだったし、その他至るところの動きが観客を思わずノセるものであるのと同時にそれぞれのレベルが高いのだ。そして一瞬逆光を受けシルエットとなってから、力強さと荒々しさを開放して叩きつけて来たのがロッキンなナンバー「No Regulation」。時折お立ち台に足をかけたりととにかくカッコよさMAXで歌いゆくかと思えば、2サビ明けにはピンクのスポットライトに当たりながらジャケットプレイ。観客へと向く角度も含め、その魅せ方はもっとも心に刺さるゾーンを突いてくるものに。

会場全体の「終わりたくない!」の想いが、ラストに生んだかけがえのない時間

 ここまであっという間に13曲駆け抜けてきた芹澤から、早くもラストスパートの予告が。それに合わせてバンドメンバーの奏でた音も、どこか残念そうなものに。自身も「出会いのきっかけがある嬉しさと、一瞬一瞬終わっていく寂しさの両方があります」と語るも、「絶対後悔させないラストスパートにしましょう!」と芹澤がシャウトすると、客席上空にミラーボールが登場して「COMETIC SILHOUETTE」へ。

 客席を赤のペンライトが埋め尽くすなか、バンドサウンドによってダンスロック風になった曲に合わせて縦ノリで楽しむ観客とともに、自らも楽しみまくる芹澤。1サビ歌唱後には思わず「Foo!」と声も上げ、表情も満面の笑みだ。2サビでは「大事な誰かを」を「大事なみんなを!」と変えてシャウト気味に歌い想いを届けたら、Dメロ中には「もっともっと!」と煽るかのように手をクイクイっとさせファンと一緒に楽しんだら、そのまま「TRIal HEART ~恋の違反チケット~」へ。歌声で三役を演じ分けながらスタイリッシュに魅せつつ、2-Bメロではニコ生カメラへのアピールもバッチリ。かと思えば間奏ではギターソロでギターと背合わせになり、直後の大サビの入りでの一瞬のブレイクでバンドメンバーと一斉にジャンプ。この曲における芹澤の楽しそうな表情は、こういったチーム感が生んだ5人が感じる楽しさから来たものだったに違いない。

 それに続けた「Play Sound☆」は、とにかく彼女の気迫がすごい出来。本来はペア曲のこの曲。サビで矢継ぎ早に交互に歌うパートなどもあってひとりでの歌唱が非常に困難なはずなのだが、全力の歌声でねじ伏せつつ鋭いダンスとともに披露していく。さらなるテクニカルなボーカルワークの求められるDメロも歌いこなすと、大サビ歌いきって前蹴りを決める。たまらないかっこよさを生む力強い前蹴りには、彼女の全精力が乗り移っていたかのようでもあった。

 そして、「次の曲は、このバンドのみなさんにチームのスタッフさん、家族や友達、ファンのみんながいるから生まれた想いを自分の言葉で1曲にしました。まだまだ弱い部分とかいっぱいあるけど、みんなにこの曲を届けたいと思います」との言葉に続いて、ラストナンバー「Revelation」へ。ステージ前方には紗幕が下り、階段の最上段でスタンドマイクを用いて歌う芹澤が、リリックビデオの世界の中で歌唱するような形に。曲の冒頭では芹澤の立つスペースがさらにせり上がり、2階席相当の高さまでリフトアップ。2階の観客と同じ高さで視線を交わし、1階席も奥まで全体を見渡しながらの歌唱には、“この曲を、全員に届けたい”という意思が表れていたのではないだろうか。歌う前には若干涙ぐむ場面もあった芹澤だが、歌い出したら彼女の心は曲を届けるマインド一本に。芹澤優が胸の内に抱えた、葛藤の先にあるまっすぐさや強さが歌声で届けられた。

 後奏中に(バンドメンバーなどを含めた)5人は降壇。ツアーロゴが紗幕に映し出され、そこに次第に雪が降り積もるという細かい演出がファンを楽しませながら、そのファンによる「ゆーちゃーん!」のコールに呼ばれて芹澤が再登場。センターに立ったところで「outshine」のイントロが流れ始め、再びマキシ様カラーのイエローが客席に灯ると、楽曲に合わせてシリアスかつスタイリッシュなステージングを披露しながら、しなやかさも織り交ぜて再びファンを引きつける1曲に。

 歌唱後には観客をバックに、ツアーロゴをイメージした“お目々ちゃんポーズ”とともに「セリコイズ、ナンバー?(芹澤)」「ワーン!(観客)」のコールで記念撮影を果たすと、動画撮影前にナチュラルにバースデーケーキが登場。その流れで、ステージ上の5人が次々ケーキをつまみ食い。……といった流れに続くのは、前年のバースデーワンマンで誕生した「Merry Birthday!」の他にないだろう。

 未音源化曲のため合唱部分の練習を行うも、ファンの仕上がりはほぼほぼ完璧のため早速スタート。雪の映像や冬の街灯を連想させるイメージの映像を背負いながら、ハッピーなシャッフルであるこの曲を歌っていく。歌唱しながらファンへのレスも特に徹底的に行なったのは、受け取った祝福の想いへその場でお返しという意味合いが込められていたのだろうか。Dメロ明けには合唱部分ではファンからの大きな大きな歌声が響き、左右に揺れるブルーのペンライトともに一体感を生み出すと、大サビの歌詞を「今日だけはセリコだけみててね」と変えて“お誕生日様”特権なステージを楽しんでいた。

 さて、歌唱後はいよいよラストへ向けてのメッセージ。「25年生きてきて思うことは、たくさんたくさん愛されてきたこと。でも今が一番、ここにいるみんなからいっぱい元気とか頑張ろうという気持ちや幸せをもらっています。最後はもらってる分を一人ひとりにお返しするつもりで、最高の明日に、今日の締めくくりになるように大好きな歌をうたいます」と思いを語ると、「最悪な日でもあなたが好き。」へ。頭サビ、若干声を詰まらせながらも崩れず歌うと、イントロ中に「幸せだよー!」とシャウト。その場のエモーショナルさも乗せていく。

 また、2番ではバンドメンバーがステージ最上段に4人集合し、フロントに立つ芹澤を全力のプレイで笑顔で支える。これこそツアーラストを飾るにふさわしい、愛にあふれた美しすぎる光景ではなかっただろうか。落ちサビラストの「YES!」で今日イチの高さのジャンプで高ぶりをみせつつ、最後まで熱く最高の形で大事な1曲を表現しきった彼女は、会場一体となったジャンプエンドに続けて点に指を突き上げて「サイコー!」とシャウト。誰もが満足感に満ちあふれたなか、ツアーを締めくくった。

 ……かのように思われたが、芹澤が「終わりたくなーい!」とこぼすとWアンコールが決定! 5人のじゃんけんの結果、演奏され始めたのは「パラレルスターズ」。ツアーの最後にお互い“またね”と手を降って締めくくれる、最高のチョイスだ。ファンに「後悔するなよー!」と呼びかけてから歌い出した芹澤は、2番では階段上のステージに、今度は5人全員が揃い踏み。約3ヶ月にもわたるツアーで培ってきた強い絆を、改めて感じさせる瞬間だ。芹澤自身も最後までバテずに全開のステージングを展開し、後奏のかき回し中には駆けながら客席を指差し「大好き!」を連発。ジャンプエンドを決めると4人とハイタッチを交わし、続けて1500人ともエアハイタッチを交わした。

 歌い終わると、「こんなに楽しい今日があるんだから、きっと明日もこの先も、みんなと一緒なら最高の毎日が過ごせると思います!」と口にし、続けてツアー中パワーをくれたファンへ感謝。最後は彼女の自己紹介口上「いつでもみんなをあいらぶゆーちゃん!」のコールで、長いツアーと熱くて完璧すぎる公演に幕を下ろしたのだった。

 各曲のパフォーマンスのクオリティはもちろん、ダンサブルな「PRINCESS POLICY」といった激しい曲を歌い踊った後でも息切れがまったくないというすさまじさを、改めて感じさせられたこの日のライブ。また、芹澤自身にとどまらず、アンコール中には宮田’レフティ’リョウ(Ba.)が「終わりたくなーい!」とシャウトするほど、ファンのみならず演者サイドも楽しく濃いライブを作っていたことが伝わってきた。だからこそ思うのだ。またこのメンバーでのツアーを見てみたい、と。きっと芹澤と“神バンド”なら、新たな驚きをくれるだろうから。

“Yu Serizawa 1st Live Tour 2019~ViVidコンタクト!~”東京公演 夜の部
【SET LIST】
M1.ぷりっとぱ~ふぇくと/南みれぃ (TVアニメ『プリパラ』)
M2.神×太陽×サマーパーティ (1stシングル『最悪な日でもあなたが好き。』収録曲)
M3.ハウ?トゥ!パーティー☆ (2ndミニアルバム『only you?only me!』収録曲)
M4.ハイハイハイハハイテンション(2ndシングル『デビきゅー』収録曲)
M5マジカル☆ラブ/秋月マキシ (TVアニメ『犬とハサミは使いよう』)
M6.わくドキしたいっ! (i☆Ris 8thシングル『Realize!』収録曲)
M7.Out Of Control!/ベイリン(ゲーム『乖離性ミリオンアーサー』)
M8. …私だけ見てて♡/穴沢虹海 (TVアニメ『魔法少女サイト』)
M9.PRINCESS POLICY (2ndミニアルバム『only you? only me!』収録曲)
M10.今夜も月がきれい (2ndミニアルバム『only you? only me!』収録曲)
M11.Imaginary (1stミニアルバム『YOU&YOU』収録曲)
M12.デビきゅー (TVアニメ『魔入りました!入間くん』EDテーマ)
M13.No Regulation (2ndミニアルバム『only you? only me!』収録曲)
M14.COMETIC SILHOUETTE/メルティックスター(TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』)
M15.TRIal HEART ~恋の違反チケット~/南みれぃ(劇場版『プリパラ み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』)
M16.Play Sound☆/メルティックスター (TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』)
M17.Revelation (2ndシングル『デビきゅー』収録曲)
EN1.outshine/秋月マキシ (TVアニメ『犬とハサミは使いよう』)
EN2.Merry Birthday!
EN3.最悪な日でもあなたが好き。(TVアニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』EDテーマ)
W-EN.パラレルスターズ(2ndミニアルバム「only you? only me!」収録曲)

芹澤優1st LIVE Blu-ray&DVD概要
2019年9月から全国8箇所16公演にわたり開催された初の全国ツアー「Yu Serizawa 1st Live Tour 2019 ~ViVid♡(アイ)コンタクト!~」。12月22日(日)にZepp DiverCity TOKYOにて行われたツアーファイナル公演が映像化される。本編には、豪華なバンドメンバーと共に披露した、最新シングル「デビきゅー」、代表曲「最悪な日でもあなたが好き。」、大切なファンのバースデーエピソードを参考に芹澤が作詞を行った「Merry Birthday!」など、アンコール含め全21曲を収録。ポップでキュートな芹澤、ロックでセクシーな芹澤、しっとりとバラードを歌い上げる芹澤など、ソロライブならではの芹澤優の魅力が全て詰まった映像作品となる。特典映像には、ライブ当日の裏側の映像はもちろん、リハーサル映像も収録された大ボリュームのOff Shot Movieに加え、昼公演に披露した『Voice for YOU!』含む3曲も収録。

発売日:2020年6月3日(水)

【Blu-ray】 
仕様:Blu-ray Disc
値段:8,800円(税込)

<Blu-ray DISC>
01 OPENING

02 ぷりっとぱ〜ふぇくと
03 神×太陽×サマーパーティ
04 ハウ?トゥ!パーティー☆ 
05 ハイハイハイハハイテンション
06 マジカル☆ラブ
07 わくドキしたいっ!
08 Out Of Control!
09 …私だけ見てて♡
10 PRINCESS POLICY
11 今夜も月がきれい
12 Imaginary
13 デビきゅー
14 No Regulation
15 COMETIC SILHOUETTE
16 TRIal HEART 〜恋の違反チケット〜
17 Play Sound☆

18 Revelation

▼EN.
19 outshine
20 Merry Birthday!
21 最悪な日でもあなたが好き。

▼W EN.
22 パラレルスターズ

・Yu Serizawa 1st Live Tour 2019 ~ViVid♡(アイ)コンタクト!~ -Off Shot Movie- 
・ラブミーサイエンス
・お・ぼ・え・テ・て
・Voice for YOU!

【DVD】 
仕様:DVD2枚組
値段:7,150円(税込)  

<DVD DISC1>
01 OPENING

02 ぷりっとぱ〜ふぇくと
03 神×太陽×サマーパーティ
04 ハウ?トゥ!パーティー☆ 
05 ハイハイハイハハイテンション
06 マジカル☆ラブ
07 わくドキしたいっ!
08 Out Of Control!
09 …私だけ見てて♡
10 PRINCESS POLICY
11 今夜も月がきれい
12 Imaginary
13 デビきゅー
14 No Regulation
15 COMETIC SILHOUETTE
16 TRIal HEART 〜恋の違反チケット〜
17 Play Sound☆

18 Revelation
▼EN.
19 outshine
20 Merry Birthday!
21 最悪な日でもあなたが好き。
▼W EN.
22 パラレルスターズ

<DISC2>
・Yu Serizawa 1st Live Tour 2019 ~ViVid♡(アイ)コンタクト!~ -Off Shot Movie- 
・ラブミーサイエンス
・お・ぼ・え・テ・て
・Voice for YOU!



この記事のキーワード

PAGETOP