超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『キャロル&チューズデイ』LIVE~The Loneliest Girl~ライブ開催!10月に2ndライブの開催も

2019/8/12


 ミュージシャンを目指す2人の女の子を主人公にしたTVアニメ『キャロル&チューズデイ』。世界各国の有名ミュージシャンが楽曲提供し、多彩な挿入歌が毎回のように流れる注目の作品だ。その世界観をリアルで味わえる、「『キャロル&チューズデイ』LIVE 〜The Loneliest Girl〜」が、8月11日、東京・原宿クエストホールで開催された。その昼の部の模様をレポートする。


 出演者は主人公のキャロル&チューズデイと、ライバル役であるアンジェラのシンガーボイスを務める3人のアーティスト。いずれも全世界オーディションで選ばれた実力派で、その歌唱力はアニメ本編や、今までにリリースされたCDでファンにはおなじみ。3人のうち2人が海外在住ということで、ライブは希少。もちろんチケットは即日完売となった。

 まずは、キャロルの歌を担当するNai Br.XX(ナイ・ブリックス)と、チューズデイの歌を担当するCeleina Ann(セレイナ・アン)がステージに登場。ナイはハンドマイク、セレイナはアコースティックギターを持ち、バックにギターとキーボードを従えて、演奏がスタートする。1曲目は、1クール目のオープニングテーマ「Kiss Me」だ。TVアニメの映像をバックに、キャロルとチューズデイの生の歌声が響き、観客は作品の世界に一気に引きこまれていく。

 「みなさん、こんにちは。ようこそおいで下さいました」と日本在住のセレイナが、日本語で挨拶し、2曲目は「Round & Laundry」。劇中ではコインランドリーで初披露された軽快な曲だ。客席からは自然と手拍子が起こり、楽しい雰囲気に。すると、演奏後にナイに英語でなにやら話しかけるセレイナ。「一緒に手拍子できたことが楽しかったねと話したら、うんって言ってます」と、日本語が話せないナイの気持ちを、観客に通訳してくれた。

 セレイナによれば、今日のステージは、劇中のキャロルとチューズデイの最初のライブシーン(第5話)をイメージしているとのこと。小さなライブハウスで、たった10人の客を前に歌った、2人とっての記念すべき夜だ。ということで3曲目は、そのライブシーンで歌われたバラードの「Someday I’ll Find My Way Home」。続く4曲目「Whispering My Love」では、パパパというコーラスのパートを、2人が楽しそうに視線を合わせて歌う光景が。5曲目の「Lost My Way」は、劇中ではチューズデイが腕に怪我を負い、ギターが弾けない中で演奏した曲。ストーリーに合わせてのピアノのみの伴奏で、2人が美しい歌声を重ねていった。

 ここで一旦、ナイとセレイナはステージを去り、入れ替わりにアンジェラのシンガーボイス、Alisa(アリサ)が登場。アンジェラの映像に合わせて、「Move Mountains」を歌い上げる。

 アコースティックなキャロル&チューズデイの曲とは対称的に、デジタルなサウンドが特徴のアンジェラ。劇中では、敏腕音楽プロデューサーのタオがAIを駆使して作ったという設定になっている。そんなインダストリアルなサウンドに乗るアンジェラの歌声は、逆に情熱的。「Move Mountains」は、愛する人のためなら山も動かしてみせるという、強気な彼女らしい曲だ。

 アンジェラの別の魅力を引き出したコケティッシュな「All I Want」、劇中でのメジャーデビュー曲である「Breathe Again」と続き、4曲目は「Light A Fire」。アンジェラがオーディション番組「マーズブライテスト」で優勝したときに披露した、ひときわ強力な楽曲で、説得力を持たせるためにレコーディングは大変だったとアリサ。生で披露された「Light A Fire」は客席を圧倒するパワーを放ち、まさにアンジェラというパフォーマンスとなった。アンジェラパートの最後の曲は、2クール目のエンディングテーマ「Not Afraid」。クールに歌い上げて、アリサのステージは終了。ナイとセレイナが再びステージに現れ、3人でのトークコーナーへ。ここでは、それぞれのプロフィールが紹介され、8月30日から『キャロル&チューズデイ』が全世界配信されることをアナウンス。ナイが「Exciting!」と感想をもらした。

 2度目のキャロル&チーズデイのパートは、2クール目のオープニングテーマ「Polly Jean」に始まり、まだCD化されていない楽曲が続々登場。二人のデビュー曲となった「Army Of Two」、最新話の第16話で披露された「Day By Day」(この曲では観客がコーラスに参加)、さらに往年の名シンガー、フローラの代表曲を2人がカバーした「Give You The World C&T ver.」へ。ファンにとっては、いち早くフルサイズが聴ける貴重な機会となった。

 ライブはいよいよクライマックス。キャロルとチューズデイが初めて2人で作った曲「The Lonliest Girl」が、満を持して演奏される。孤独な魂が救われていく曲で、ラストのハーモニーは特に美しく響き渡った。ナイとセレイナにとっても「The Lonliest Girl」は出会って最初にレコーディングした曲だったという。「他の曲が先に上がっていたのですが、渡辺信一郎総監督がストーリーに合わせて、レコーディングの順番を変えてくださったと後で知って、感動しました」とセレイナ。ライブの最後の曲は、1クール目のエンディングテーマ「Hold Me Now」。

 ナイが英語で感謝の言葉を伝えた後、セレイナが「最後は楽しい気持ちになって帰ってください」とにっこり。この曲でも観客がコーラスに参加し、盛り上がった。

 最後はアリサもステージに現れ、3人がバックのミュージシャンと並んで挨拶。1時間半のコンパクトなライブだったが、その分、濃密な内容となった。

 夜の部では、10月6日(日)品川プリンス ステラボールで「『キャロル&チューズデイ』2nd LIVE 〜Army Of Two」の開催が発表。会場も大きくなり、物語後半の新曲もたっぷりと披露されるライブになりそうだ。チケットは現在、オフィシャル最速先行(抽選)で~8/18(日)18時まで受け付けている。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

【公演名】「『キャロル&チューズデイ』2nd LIVE ~Army Of Two~」
【会場】 品川プリンス ステラボール
【出演】キャロル&チューズデイ(Vo. Nai Br.XX&Celeina Ann)、アンジェラ(Vo. Alisa)
【日程】 2019年10月6日(日)
【開場/開演】17:00/18:00
【料金】オールスタンディング ¥6,800(税込・整理番号付き・別途ドリンク代必要)
【問い合わせ】キョードー東京 TEL : 0570-550-799 (平日:11時~18時 土日祝:10時~18時)
*未就学児童入場不可

【オフィシャル最速先行(抽選)】
8/11(日)21時~8/18(日)18時
受付URL
https://eplus.jp/carole-tuesday/

©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP