『新世界より』『アイドルマスターミリオンライブ!』や自らの休業にも触れるーラジオ「Salon de Tanedaへようこそ♪」は種田梨沙がネガティブな部分も出せる場所 | 超!アニメディア

『新世界より』『アイドルマスターミリオンライブ!』や自らの休業にも触れるーラジオ「Salon de Tanedaへようこそ♪」は種田梨沙がネガティブな部分も出せる場所

インターネットラジオ局<音泉>のオススメ番組を毎月特集中!第2回目は、声優の種田梨沙さんがパーソナリティを務める番組「Salon de Tanedaへようこそ♪」を紹介。

特集
注目記事
種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙
  • 種田梨沙

「超!アニメディア」にて、インターネットラジオ局<音泉>のオススメ番組を毎月特集する企画を実施中! 本特集では、パーソナリティに番組の魅力や聞きどころを直撃するほか、第1回配信を聞いての感想や、自分が思う神回をピックアップしてもらい、その理由を語ってもらいます。また、製作スタッフから番組スタートの経緯やパーソナリティへの印象などをリサーチ。ラジオ番組の裏側もお届けします。

 第2回目に特集するのは、声優の種田梨沙さんがパーソナリティを務める番組「Salon de Tanedaへようこそ♪」。種田さんが推しを語る「オタトーク」に加えて、ご本人やゲストさんの深い話も聞ける本番組の魅力について迫りました。


種田梨沙【画像クリックでフォトギャラリーへ】 撮影/小原聡太【画像クリックでフォトギャラリーへ】

コーナーは一切なし! とにかく好きなことを語るラジオ

――まずは本ラジオ番組の紹介をお願いします。

種田 「Salon de Tanedaへようこそ♪」は、種田梨沙が好きなことや話したいことを独り言のように語るという、一切コーナーがない自由なラジオ番組です。私がオタクトークするだけでなく、リスナーのみなさんから今ハマっているものや、どんなオタ活をしているのか聞いて楽しむこともあります。多いときは一回で15通ほどメールを読んだこともあるんですよ。また、この番組は「音泉プレミアム」会員の方限定で聞けるものなので、せっかくなら他の「音泉プレミアム」番組も聞いて欲しいなと思い、最近はリスナーさんから「推しの音泉プレミアム番組」を教えてもらっています(笑)。

――ゲストさんをお迎えすることも多いですよね。

種田 はい。ソロラジオといいつつ、かなりゲストさんが多い番組になっています。プライベートでは仲が良いけど、なかなかラジオやトークイベント等で接点がない声優さんなどをゲストとしてお招きして、色々なトークを繰り広げています。

――例えば、どのようなトークを?

種田 共演作の話、デビュー当時の話、好きな作品やハマっていることのオタクトーク等々、幅広く話をしています。私、この番組に限らないのですが、来てくださるゲストさんや一緒に番組を担当する相方のテンション・人間性に釣られるタイプなんですよ。なので、エレガントな方とラジオをお届けするときは私もおとなしめのトーンになりますし、テンションが高い方と組むと、ツッコミが止まらなくなるんです(笑)。これまでこの番組でお呼びしているゲストさんは年齢や芸歴が近めで交流も深い方が多いので、私自身、リラックスしてお喋りができている気がします。

――続けて、そもそもこの番組が立ち上がった経緯について教えてください。

種田 <音泉>さんで「ストブらじお 雪菜と凪沙のおとなり放送局」という、アニメ『ストライクザブラッド』のアニラジを配信していたんです。そこで一緒にパーソナリティをやっていた日高里菜ちゃんが「今度、自分の好きなことを自由に喋るラジオ番組をやるんだ」と、<音泉>のスタッフさんと話していたんです。その会話の流れで「作品を背負っていないソロラジオをやったことがないから、私もやってみたいなぁ」と冗談半分で伝えてみたら、スタッフさんから「じゃあ、やります? 事務所のマネージャーさんからスケジュールをいただければ企画立ち上げますよ」と言われまして。

――なんと!

種田 その後の打ち合わせで、私の誕生日が7月12日だったので「誕生日に初回配信だったら面白いかもしれませんね」と冗談で言ったら、「それでいきましょう!」とスタッフさんがおっしゃって、2020年7月から番組がスタートすることになりました。打ち合わせから番組がスタートするまでの期間はわずか1カ月。あまりにもとんとん拍子に進み過ぎて、正直「ラジオってこんなに簡単に始めていいのかな」と戸惑ったくらいです(笑)。ただ、初回配信が誕生日になったことで、私自身も思い出深いものになりましたし、応援してくださる方にもサプライズをお届けできて、結果的によかったなと思っています。

このラジオならネガティブな一面もさらけ出せる

――先ほどお話のあった初回配信については、今回の記事と併せて期間限定で公開されます。取材前に改めてお聞きいただきましたがいかがでしたか?

種田 聞き返すのがしんどかったです(笑)。たどたどし過ぎて、聞いているだけで緊張感が伝わってきました。あのときが、人生で二度目ぐらいの一人喋りだったんですよ。だから、事前に家で「これは言おう」と考えてメモを作っていたんです。それを時間内にぜんぶ言わなきゃと焦ってしまい、早口になるわ、息が荒くなるわ……。散々でしたね。ラジオも経験したことがあって10年近く業界で活動している声優とは思えないくらい、初々しかったです。本人が聞くにはだいぶ恥ずかしい初回でした(笑)。

――誰かと一緒にラジオをやるときとは、感覚がぜんぜん違った?

種田 違いましたね。慣れなさ過ぎて、2年目に入ってからようやく緊張しなくなってきたぐらいです。ディレクターさんは以前に別現場でもお世話になった方なのですが、「こんな緊張している姿、初めてみたよ」と笑っていました。

――そんなディレクターさんからは種田さんの印象について、こんなコメントをいただいています。
~ディレクターコメント~
番組開始の頃から「こんな私のお話しでも…」と、遠慮がちなスタンスですが、自身のお話をされていても、種田さんオンリーのお話に終わらないのがお見事です。パーソナリティとして、いつでも聴き手がそこに居る感じのお話なので、仕事を忘れてつい聞き入ってしまいます。

種田 すごく褒め上手。現場のスタッフさんはみなさん優しい方で助かっています。

――褒め上手ということでしたが、構成作家さんからも種田さんの印象について、こういうコメントをいただいていますよ。
~構成作家コメント~
ラジオや雑談配信が好きだとご自身でも話されていますが、種田さんは、発信するのが上手な方だなという印象を持っています。お仕事や趣味の話はもちろん、自分のオタクな一面についても、好きなことを伝えたい/リスナーに知ってもらいたいという姿勢を感じます。自分の推しが推している物には興味がわくものなので、それが種田さんのトークに魅かれる理由の一つだと思います。

種田 ありがとうございます。私、「自分の推しはこんなに素晴らしいですよ」ということをずっとプレゼンしたくてしょうがなかったんです。でも、他のパーソナリティやゲストさんがいらっしゃるときに、自分だけが好きなことを喋って置いてけぼりにしてしまうのは申し訳なくて。でも、この番組は私のソロ番組。自分の推しについて思い切って少し踏み込んで話してみようと思ったんです。聞いてくださったみなさんは共感したり、色々な反応をしたりしてくださいました。おかげさまで、この番組のリスナーさんなら、置いてけぼりにしても大丈夫だろうと思っちゃいましたね(笑)。だからこそ、これまでラジオではあまり見せていなかった「ネガティブ」な一面もさらけ出せるんです。

――ネガティブな一面。

種田 例えば、コンテンツのイベントやライブで失敗したことや後悔した話。そういうネガティブなことって、イベントやライブ中には発信しないようにしているんです。その日はそれが自分の出し切った全力ですし、とにかく前向きな言葉で感謝を伝えて、来てくださったみなさんにもポジティブな気持ちで帰っていただきたいから。ただ、このラジオでは「失敗」「後悔」「不安」など、ネガティブな気持ちについても喋っています。最初はどう受け取ってもらえるのか分からず不安でしたが、「そんな考えをされていたんですね。知れてよかったです」など反響をいただけたので、ホッとしました。

――見てくださった方にポジティブな気持ちで帰っていただきたいという種田さんの考え方、素直にカッコいいと思いました。

種田 コンテンツ関係のイベントやライブは、あくまでキャラクターとその作品を愛してくださっている方々のためのもの。限られた時間のなかで、わたし個人の気持ちを伝えることに時間を割き過ぎるのはよくないかなと、個人的には思っているんです。それに私がお客さんの立場だったら、イベントでは「楽しい」だけを受け取りたい。だから私も、なるべく「楽しい」を発信できるように普段は心がけています。こういった真面目な話も、「Salon de Tanedaへようこそ♪」では沢山しております。それが、私が他で担当しているラジオとは違う特徴かな。

――より素の自分が出ている。

種田 そうですね。推しの話含めて、最近は特に包み隠さず話しています。

――このラジオを聞いて、種田さんがアイドルグループ好きだということを知りました。私も自粛期間に「坂道シリーズ」のアイドルグループにハマりまして……。

種田 そうなんですね!私、声優活動を休業していた時に欅坂46さんの曲に沢山励まされたんです。欅坂46さんの曲は、歌詞もメロディもシリアスでメッセージ性の強いものが多く、中には厳しい現実を突きつけてくるものもあって。それが逆に、その時の私の心には強く響いて、「前を向かなきゃ」「現実と向き合おう」と背中を押してもらっているような感覚になり、とても勇気づけられたんです。

――私も欅坂さんの曲に心を揺さぶられました。何というか、楽曲そのものは「励ましている」という感じではないんですよね。

種田 勝手に聞いているこっちが励まされている、励みになっている感じ。

――そうそう! まさにそんな感じです。

種田 全身全霊で歌って、踊って、ひたむきに表現している彼女たちに圧倒されて、いつも「自分も頑張ろう」というモチベーションを分けてもらっています。私は秋元康さんプロデュースのアイドルさんはほぼチェックしているのですが、声優さんのラジオ番組で坂道グループさんの話をされている方って、意外と多くはないのかなと思って。それなら、私が語っちゃおうと思いまして。気付いたら、ほぼ毎月櫻坂46さんやアイドルのことを喋っていました(笑)。今は櫻坂46さんやBEYOOOOONDSさんをメインで応援しています!

――こういった種田さんの推しはもちろん、ゲストさん、リスナーさんの好きなものや推しを知れば、聞いている方も新たな発見があったり、興味の分野が広がったりするかもしれませんね。

種田 そうですね。誰かの推しの話が、聞いてくださる方のタメになるかもしれません。ゲストさんが参加した回では、私とその方の接点なども話していますので、ぜひ聞いて欲しいです。

待っている方々がいたから前向きな気持ちで戻って来られた

――ゲストさんのお話がありましたが、これまでいらっしゃった中で意外なエピソードが聞けたという方はいましたか?

種田 意外とは少し違いますが、私が人生で初めてオーディションに受かった『新世界より』で共演した藤堂真衣ちゃんをゲストにお招きした回(第8回)は、貴重なトークをお届けできたと思います。というのも、『新世界より』は関連ラジオがなくて、共演者の方と話している姿をみなさんに見ていただけるのが、イベントくらいしかなかったんですよ。だから私たちの関係性もそんなに知られていなかったと思うのですが、実は真衣ちゃんとはマブダチでして。

――そうなんですね!

種田 はい。当時は週2、3回ほど飲みに行って語り合って、同じく共演者の村瀬歩くんなども交えて「いつかラジオとかでトークしてみたいね」と言っていました。当時語っていたことがこのラジオで叶ったことが感慨深く、聞いてくださる方も新鮮だったのではないかと思います。真衣ちゃんは素がイケボで、中世的な少年やお姉さんの役を演じることが多いのですが、それが私の好きなタイプの女性声優さんのイケボなんですよ。このラジオで真衣ちゃんのイケボをアピールできて、個人的に満足でした。

――デビュー当時の貴重なエピソードも聞ける回になった。

種田 ですね。ラジオが配信されたとき、『新世界より』で共演していた工藤晴香ちゃんが、「『新世界より』のメンバー呼んでる!」って反応してくれたのも嬉しかったですね。

――その他、種田さんが思う神回を教えてください。

種田 最近配信されたなかでのオススメは、髙橋ミナミちゃんがゲストに来てくれた回(第21回)。オタクトークをし過ぎてテンションのメーターが振り切れちゃったので、笑いたい時にぜひ聞いてみてください(笑)。

――何だか、元気になれそうです(笑)。

種田 あと、既に配信は終了してしまっているのですが、『アイドルマスターミリオンライブ!』の7thライブが終わった後に収録した回ですね。先ほども言いましたが、私は喉の病気が原因で、2016年から1年半ほどお仕事をお休みしていたので、復帰後のライブやイベント等の生のお仕事のときは、やはり不安も大きくて。ステージに立つ前はネガティブな感情に負けそうになることもありました。ただ本当にありがたいことに、現場にいるみなさんがそんな気持ちも理解してくださっていて、「サポートできる部分はサポートするので一緒にがんばりましょう」と声をかけてくださって。

――それだけ、この業界やコンテンツに種田さんが必要ということだと思います。

種田 ありがたいお話です。プレッシャーや不安を、舞台上では見せたくない。例え失敗したとしても、見ている人に「不安」という感情で終わってほしくない。明るく楽しいだけの場にしたいのに、自分を信じられなくてネガティブな気持ちを抱えてしまう時がある。そうやって悩んでいる気持ちを、復帰してからずっと言えずにいました。
 ただ、ライブの感想を言った回で、「ネガティブな気持ちや悩みは常に抱えているけども、今はしっかりと前を向いている。皆さんの素直な意見も受け止める覚悟ができた。私は諦めない」というポジティブな心境もあるということを、ラジオで初めて打ち明けたんです。私の身勝手な決意かもしれませんが、以前より色々なことが改善されていて手ごたえを感じる部分も増えてきているので、皆さんには常に「楽しいと思う気持ち」を一番大切にしてほしいですね。

――休業や持病のことは、なかなかお話しづらい部分もあったかと思います。

種田 実際、あまり真面目すぎる内容だと聞いているほうも楽しくないかも……という不安があったので、こういった話をするのは緊張しました。でも、配信後に温かい言葉をかけてくださるリスナーさんが多くて、本当にありがたかったです。

――持病を抱えても声優の仕事を続けたいと思ったのは、やっぱり声優への想いが強かったから?

種田 いちばんはそこですね。あとは、私の芝居や声が好きで、「待ってます」と言い続けてくれた方々がいたから。休業中はその言葉が本当に励みになりました。あの言葉が途絶えていたら、今こうして前向きに「頑張ろう」という気持ちになれていなかったかもしれません。みなさんのおかげで、私は今こうして仕事ができているんです。

――種田さんのラジオや応援してくださる方々へ対する想いがひしひしと伝わってきました。では、これから本ラジオではどんなことをやっていきたいですか?

種田 「アニラジアワード」の「BEST SOLO RADIO賞 ひとりラジオ賞」を獲れたことで、希望していた動画付き回が4月25日に配信されることが決まりました。大西沙織ちゃんとトークしているので、ぜひ聞いてみてください。あとは、アニメの監督さんやアニメ制作現場のスタッフさんをお呼びして色々な話を聞いてみるのも面白そうですね。今のところゲスト案はすべて私が出しているので、もし「こういう方も呼んで欲しい」というリクエストがありましたら、ぜひメールを送ってください。

――ちなみに、プロデューサーの方からはこんなコメントをいただいております。
~プロデューサーコメント~
この番組は種田さんが話したい人をお呼びして、話したいことをお話ししていただく形でやっているので種田さんの素顔が感じられる番組になっていると思います。
そんな空気感をリスナーさんにももっと感じてもらいたいので、公開録音のようなリスナーさんと直接お会いできるイベントをやりたいと思っています。

種田 いいですね! 単独じゃなくてもいいので、イベントで直接リスナーのみなさんのお顔を見られる機会があれば嬉しいです。私やゲストさんがオタクトークする姿を目に焼き付けて欲しいですね(笑)。

種田さんが考える番組のキャッチフレーズ発表!

ゆったりまったり、時々暴走?な大人のオタクの憩いの場♡
ふつうのサロンは紳士淑女の憩いの場ですが、この番組は「オタクの憩いの場」なので、大人の嗜みの限度を超えないラインで暴走しても大丈夫です。時々ゆったりまったりじゃないときもある自由な番組なので、気になる方は一度聞いてみてください。

取材・執筆/M.TOKU

「Salon de Tanedaへようこそ♪」番組紹介

種田梨沙さんが、好きな事・気になる事をゆったりまったりおしゃべりしていくラジオ番組。種田梨沙さんのサロンにリスナーの皆さんをお招きして、のんびりとおしゃべりをお届けしていきます。
配信日:不定期月1配信(詳細は公式サイトをチェック)


【サイン入り色紙プレゼントキャンペーン】
今回インタビューした、種田梨沙さん直筆のサインとキャッチフレーズが書かれた色紙を抽選で各1名様にプレゼント! ご希望の方は、以下要項をご確認のうえ、ご応募ください。
■締切2022年5月10日(火)23時59分
■応募方法(1)
・「超!アニメディア:のTwitterアカウント(@cho_animedia)&<音泉>のTwitterアカウントをフォロー(@onsenradio)
(2)下記応募フォームに必要事項を記入してご応募ください。
https://forms.gle/vB2xQXH8tQdJKUMV8
■個人情報について・「住所」「メールアドレス」「電話番号」「お名前」を回答頂きますが、プレゼントの発送の為であり、それ以外の目的では利用いたしません。・弊社の個人情報保護についての考え方を記載した個人情報保護についてをお読みください。
http://www.iid.co.jp/company/pp.html
・個人情報の預託は予定されておりません。
・個人情報の第三者への提供はありません。
・ご招待のご案内発送後、個人情報は破棄します。上記内容を承諾し、弊社の「個人情報保護方針」に同意いただいた場合のみ応募してください。

フォトギャラリー


「Salon de Tanedaへようこそ♪」を聞く!
《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集