「みんな私のことが嫌いだと思い込んでいた」『古見さんは、コミュ症です。』古賀葵が”古見さん”と声優への想いを語る【インタビュー】 | 超!アニメディア

「みんな私のことが嫌いだと思い込んでいた」『古見さんは、コミュ症です。』古賀葵が”古見さん”と声優への想いを語る【インタビュー】

『古見さんは、コミュ症です。』古見硝子を演じる古賀 葵さんにインタビュー。

ニュース
注目記事
古賀葵
  • 古賀葵
  • 古賀葵
  • 古賀葵
  • 古賀葵
  • 『古見さんは、コミュ症です。』場面カット (C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

 オダトモヒト原作の人気コメディ漫画『古見さんは、コミュ症です。』のTVアニメが、2021年10月6日(水)よりテレビ東京ほかにて放送中。本作は、容姿端麗で学園のマドンナだが極度のコミュ症の高校1年生・古見硝子と、そんな彼女の秘密を知ってしまった同級生の只野仁人を中心とした物語。古見硝子を演じる古賀 葵さんは、自身も人に話しかけるのは苦手で、古見さんと共感できる部分が多いという。

アフレコ時は毎回コミックを持っていきます

――原作を読んだ感想をお聞かせください。
 主人公の子(古見さん)がなかなか喋らない作品はあまり見たことがなかったので、まずはその設定が面白かったです。一方で、学生時代に体験したことがあったり、憧れたりする描写がたくさん散りばめられていて、読むだけで幸せな気持ちになりました。

――演じる古見さんには、どんな印象を持ちましたか?
 
古見さんは周りの生徒から「高嶺の花」と憧れられる存在で、凛としている姿が印象的でした。ただ、同級生の只野くんと触れ合ううちに、実はクールな一匹狼ではなく、本当は話したいのに話せないという内面が見えてきて。私も人と上手く喋れなかった経験がたくさんあるので、彼女の「いま話しかけていいのかな?」という葛藤がすごく分かるんです。人と話すのが苦手な方は、彼女に共感できて自然と応援したくなるんじゃないかな。

――そんな古見さんを演じるにあたり、どんなディレクションがありましたか?
 
最初の収録時に監督から「古見さんは、本当は喋りたいけど喋れずにもがいている子。一歩を踏み出したいけど踏み出せないというせめぎ合いの描写がたくさんあります。原作の表情をすごく大事にしてもらえると嬉しいです」というお話をいただきました。そのお話を受けてから、アニメの話数に該当する原作のコミックをアフレコ時に持っていくようになり「こういう表情をしているな」「こういうことで驚いているんだな」ということを直前まで確認しています。また、あまり喋る子ではないので、絵に助けてもらいながらも息遣いなどで表情や状況が伝わるように意識していますね。

――古見さんは表情や関係性などが徐々に変化していきますよね。演じる上ではそういった点も意識されましたか?
 
そうですね。最初の彼女は「自分が嫌われているのでは?」といったネガティブな思考が勝っていますが、徐々に友達が増えていくことで「みんなと一緒に、もっとこういうことがしたい」という意思表示ができるようになるんです。そんな変化が彼女自身も嬉しいんだろうなと原作を読んでいて感じたので、その変化は演じるうえでも大切にしました。

――アフレコ現場はどのような雰囲気ですか?
 
最初の収録は、(只野仁人役の)梶原(岳人)さんとふたりだったんです。梶原さんとは別のアフレコ現場でお会いしたことがありましたが、がっつり共演したことはなく……。加えて、収録前に一生懸命に台本を読んでいらっしゃったので「いま、話しかけていいのかな」「むしろ、この緊張感を持って演じた方がいいのかな。いや、でも喋ったほうがやっぱりいいのかな」「いやいや、集中しているし、邪魔だと思われたらどうしよう」などと心の中で考えてしまい、話しかけることができなかったんです。

――まさに古見さん状態。
 
そうなんです(笑)。最初はそんな状態でしたが、(長名なじみ役の)村川(梨衣)さんや(山井恋役の)日高(里菜)さんたちとも一緒に収録するようになってからは、みんなで喋ることが増えました。日に日にお喋りする時間が増えている気がします。何だか打ち解けられた気がして、すごく嬉しいんですよね。これからも、もっとみなさんとお喋りしたいです。

「みんな私のことが嫌いなんだろうな」と思っていました

――本当は喋りたいのに喋れない古見さん。先ほどの梶原さんのエピソードを聞くと、古賀さんも積極的に話しかけられるタイプではない?
 そうなんです。高校生のとき、自分の席の周りにやんちゃな子が多かったんですよ。そんな子たちに「どこ中?(どの中学?)」って話しかけられた田舎中の田舎出身の私は、「●●中学ですぅぅ……」って怯えながら答えました(笑)。とはいえ、いきなり話しかけてもらえたのはありがたかったです。そうじゃないと、私からはなかなかアプローチしなかったと思うので。学生時代からこんな感じで、あまり積極的に話しかけるタイプではないんです。

――そういう経験があるからこそ、古見さんの気持ちが分かる。
 古見さんにはすごく共感できます。私、最近はだいぶマシになりましたが「みんな私のことが嫌いなんだろうな」と思い込んで生きてきたんです。だからこそ、ちょっと話しかけてもらえただけで「何ていい人なんだ!」って思っちゃう(笑)。ただ、話しかけてもらえるのは嬉しいのですが、心臓がバクバクしちゃうんですよね。イベントなどに出演した際も、話を振られたら「いま喋らなきゃ」と思っちゃって。そう思えば思うほど空回りしてしまい、自分で何を喋っているのか分からなくなってしまうんです。

――いわゆるテンパってしまう。
 そうです。緊張しいなので、すぐに「あばばばばばば」って言葉が出なくなっちゃう。そうならないようにしたいのですが、気が付いたら「時、既に遅し」状態なんですよね。もっと落ち着いて対応できるようになりたいです。

――緊張してしまうのは、人の目を気にしてしまうからという理由もある?
 そうなんです。人からどう見られているのか、めちゃくちゃ気にしちゃうんですよね。学生時代は狭いコミュニティの中で生活していたので、人と違うことをしたら目を付けられがちだったんです。だから、友達と同じことをする、意見を合わせるなど、とにかく周りをうかがいながら生活していました。そこでより人の目を気にするようになっちゃった気がします。
 ただ、今のお仕事は、人と違うことが面白いと思ってもらえるんです。個性を認めてくれるんですよね。きっと、声優をやっていなければ今以上に人目を気にして人に合わせて生きていたんだろうな。まだまだ人前に立ったり、初対面の方と話したりするのは緊張してしまいますが、毎日違う刺激をいただけて個性を受け入れてもらえる、そして何より「好き」を仕事にできている今を与えてくださったみなさんには、感謝したいですね。

――そんな古賀さんがもし古見さんみたいな子と友達になるとすれば、どういうアプローチをしますか?
 これは難しい質問。近寄り難い雰囲気を放っている子に対しては……とりあえず、「この前の休み、あのバラエティ番組見た?」とか「シャーペンどこで買ったの?」とか攻めて、攻めて、攻めまくる! そうしたら、話しかけられることに慣れてくれるかもしれない。ただ、それは私には無理かもしれないから……自分もコミュ症だということをアピールして、あえて筆談をするのはどうでしょうか!? そこからちょっとずつお話ができるようになればいいな。それも上手くいかないとすれば、只野くんみたいなミラクルに期待するしかないです(笑)。

只野くんとなじみちゃんは特別な存在です

――ここまで古見さんのことを中心にお話を聞いてきましたが、他キャラクターの印象についても教えてください。まずは、只野くん。
 
只野くんは相手を気遣える、自然と相手の心に寄り添える人だと思います。「普通だ」なんて言われていますが、実際に現実世界にいたらモテると思いますよ。

――コミュニケーション能力が高すぎるなじみについてはどうでしょうか?
 
なじみちゃんって「みんなの幼馴染」というコミュ力を持っていますよね。私は最初からゼロ距離で「よろしく!」とできないので、なじみちゃんみたいな子に憧れます。もし自分があの学校にいたら、絶対になじみちゃんは味方でいてくれると思うんです。きっと只野くんも。そんなふたりは私にないものを持っているので、特別な存在ですね。

――最後に、読者の方々へメッセージをお願いします。
「コミュ症の女の子が友達100人作る」というテーマを見たとき、絵本みたいですごく素敵だと思いました。原作を読み進めていくと、個性の強いキャラクターたちが出てきて驚きましたが、それがこの作品の面白さだとも思います。そんな個性的なキャラクターの性格は大げさだなと思いつつも、どこか共感できる部分もあるんですよね。それも本作の魅力だと思います。ちょっと甘酸っぱいシーンに心を掴まれたり、切ないけどほっこりしたりと様々な感情が巡ってくる作品でもあるので、色々な楽しみ方ができるんじゃないかな。演じる身としては、古見さんの葛藤や心が成長していく様子を見守って欲しいです。
 私たちもこの作品がみなさんに愛していただけるよう頑張っております。音と声はアニメーションならではの表現だと思いますので、そこも楽しみながら思う存分エモさを感じていただけたらと思います!

取材・執筆・撮影/M.TOKU

プロフィール
古賀 葵
【こが・あおい】8月24日生まれ。佐賀県出身。81プロデュース所属。主な出演作は『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』四宮かぐや役、『先輩がうざい後輩の話』月城モナ役、『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』アンジェ役ほか。

古見さんは、コミュ症です。』放送情報
毎週水曜日24:00~テレビ東京ほかにて放送中
毎週水曜日25:35~テレビ大阪、26:05~テレビ愛知にて放送中
「おはスタ」(テレビ東京系列、朝7:05~)内にて、毎週月・火曜にセレクション放送中
Netflixにて独占配信中

【スタッフ】
原作:オダトモヒト(小学館『週刊少年サンデー』連載中)
総監督:渡辺歩
監督:川越一生
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
美術監督:佐藤勝
色彩設計:林由稀
撮影監督:並木智
編集:小島俊彦
音楽:橋本由香利
音響監督:渡辺淳
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:オー・エル・エム
制作:小学館集英社プロダクション

【キャスト】
古見硝子:古賀 葵
只野仁人:梶原岳人
長名なじみ:村川梨衣
山井 恋:日高里菜
中々思春:大久保瑠美
上理卑美子:藤井ゆきよ
矢田野まける:前島亜美
井中のこ子:潘めぐみ
尾根峰ねね:青木瑠璃子
尾鶏かえで:森山由梨佳
地洗井茂夫:赤羽根健治
園田大勢:佐藤悠雅
忍野裳乃:小野賢章
鬼ヶ島朱子:ブリドカットセーラ恵美
古見秀子:井上喜久子
古見将賀:星野充昭
古見笑介:榎木淳弥
只野 瞳:内田真礼
ナレーション:日高のり子

※日高のり子さんの「高」ははしごだかが正式表記です。

(C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集