「普通って、演じようと思うとすごく難しいんですよね」TVアニメ『古見さんは、コミュ症です。』只野仁人役・梶原岳人インタビュー | 超!アニメディア

「普通って、演じようと思うとすごく難しいんですよね」TVアニメ『古見さんは、コミュ症です。』只野仁人役・梶原岳人インタビュー

TVアニメ『古見さんは、コミュ症です。』只野仁人役の梶原岳人さんにインタビュー。

ニュース
注目記事
梶原岳人 (C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校
  • 梶原岳人 (C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校
  • 梶原岳人
  • 梶原岳人
  • 梶原岳人

 オダトモヒト原作の人気コメディ漫画『古見さんは、コミュ症です。』のTVアニメが、2021年10月6日(水)よりテレビ東京ほかにて放送スタート。本作は、容姿端麗で学園のマドンナだが極度のコミュ症の高校1年生・古見硝子と、そんな彼女の秘密を知ってしまった同級生の只野仁人を中心とした物語だ。今回は只野仁人役の梶原岳人さんに、演じるキャラクターや作品のことについてお話をうかがいました。


梶原岳人【画像クリックでフォトギャラリーへ】

――まずは原作を読んだときの感想をお願いします。
 自分のツボにハマる作品だと思いました。小さい頃はファンタジーものやアクションものなど、わかりやすくカッコいいジャンルが好きだったのですが、最近は「日常のなかにある面白さ」を感じる作品が好きになってきまして。『古見さんは、コミュ症です。』はそんな僕にピッタリでした。また、ラブコメも好きなので、本作の恋愛的な要素にキュンとします。そういう意味でも僕の性に合っているのかな、と。

――役が決まったときはどういうお気持ちでしたか?
 オーディションに向け、原作を読みながら、どんな演技をすればいいか真剣に考えて本番に臨んだんです。結果的に自分の演技を認めてもらえたのが、素直にうれしかったですね。

――初回のアフレコはどのように行なわれましたか?
 古見硝子役の古賀葵さんと長名なじみ役の村川梨衣さんとは、多くのシーンで掛け合いができたのですが、アフレコ前に、おふたりとコミュニケーションを取れたことが大きかったですね。ほとんどしゃべったことがない方と掛け合いをするよりも、事前にお話できたほうが当然いい演技ができると思うので。こういう難しい時期に、演じやすい環境でやらせていただけてうれしかったですね。

――演じるうえで大変なことは?
 この作品は古見さんのリアクションが独特なため、その部分を抜き録りにすることが多いんですよ。なので、「こんな反応をしていたかな」と、テストでの掛け合いを思い出しながら古見さんのリアクションに対する反応を演じるのが少し大変ですね。

――演じるうえで意識していることはありますか?
 収録を重ねるごとに、自分のなかの「只野くん像」が段々と出来上がってきたと感じています。周りのキャラクターが立っているので、最初はそれに負けないくらいのリアクションだったり、ツッコミを入れたりしていました。ただ、「只野くんはあくまで『普通の人』なので、その方向性は見失わないように」と監督からディレクションがあってからは、演じ方を変えました。
「普通」って、演じようと思うとすごく難しいんですよね。前に出すぎないように意識すると、今度は「もう少し主張してもいいですよ」と言われることがあるので……。

――気になっている登場人物はいますか?
 片居誠君です。いかつい顔をしているのに乙女な思考を持っている、というギャップがたまらないです(笑)。あとは、古見さんのことが好きでたまらない女の子・山井恋さんですね。嫉妬心がすごいので、もし付き合うことになったら、ほかの女の子とおしゃべりできなくなりそうですが……(笑)。彼女に関しては、非常に衝撃的なエピソードがありますので、ぜひ放送を楽しみに待っていてください。

――印象的だったシーンは?
「ここ!」という具体的な場面ではないのですが、体育祭や学園祭など、学生ならではのイベントで彼らが魅せてくれる生き生きした表情にテンションが上がります。本作を観て、少しでも学生気分を味わっていただけると幸いです。

――古見さんのようなコミュ症の子と友達になるために、梶原さんならどんな作戦を立てますか?
 いきなり攻めるよりも、徐々に氷を溶かしていくような感じで臨んだほうがいいと思うんです。僕なら、「何が好きなのか?」「趣味は何なのか?」をリサーチし、会話のきっかけをつかんでから本格的にアプローチしますね。

――ご自身は只野くんのように「普通」でいたいと思いますか?
 このような仕事をしていることもあってか、僕自身は普通ではいたくないですね(笑)。

――ちなみに、梶原さんはコミュ症を発症したことはありますか?
 常に発症していますよ、なんなら、こうしてインタビューを受けている今もドキドキしています(笑)。アフレコ現場などで、普段あまりお仕事しない方との休憩時間がいちばん困るかもしれません。しゃべりたい気持ちはあるのですが、どんな話題を持ち出せばいいのかわからないんですよね……。

――SNSなどで「趣味」や「マイブーム」などについて事前に情報を入手しておけば、話がスムーズにできるのでは?
 
確かにそうですね。参考にさせていただきます!

――最後に、読者の皆様へメッセージをお願いします。
「どういう演出がつくのかな?」とか「どんなカット割りになるのかな?」とか、色々想像してしまうくらい、完成を楽しみにしていました。
 このようなご時世で、心が荒んでしまっている方もたくさんいるかと思いますが、観るとジンワリと温かくなるような作品だと思いますので、ぜひたくさんの方に楽しんでいただきたいです。

取材・執筆・撮影/佐伯敦史

プロフィール
梶原岳人
【かじわら・がくと】11月28日生まれ。大阪府出身。東京俳優生活協同組合所属。主な出演作は、『ブラッククローバー』アスタ役、『SDガンダムワールド ヒーローズ』劉備ユニコーンガンダム役、『Paradox Live』朱雀野アレン役ほか。

『古見さんは、コミュ症です。』放送情報
2021年10月6日より毎週水曜日24:00~テレビ東京ほかにて放送
毎週水曜日25:35~テレビ大阪、26:05~テレビ愛知にて放送
10月11日より、「おはスタ」(テレビ東京系列、朝7:05~)内にて、毎週月・火曜にセレクション放送
10月7日よりNetflixにて独占配信開始

【スタッフ】
原作:オダトモヒト(小学館『週刊少年サンデー』連載中)
総監督:渡辺歩
監督:川越一生
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:中嶋敦子
美術監督:佐藤勝
色彩設計:林由稀
撮影監督:並木智
編集:小島俊彦
音楽:橋本由香利
音響監督:渡辺淳
音響制作:HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:オー・エル・エム
制作:小学館集英社プロダクション

【キャスト】
古見硝子:古賀 葵
只野仁人:梶原岳人
長名なじみ:村川梨衣
山井 恋:日高里菜
中々思春:大久保瑠美
上理卑美子:藤井ゆきよ
矢田野まける:前島亜美
井中のこ子:潘めぐみ
尾根峰ねね:青木瑠璃子
尾鶏かえで:森山由梨佳
地洗井茂夫:赤羽根健治
園田大勢:佐藤悠雅
忍野裳乃:小野賢章
鬼ヶ島朱子:ブリドカットセーラ恵美
古見秀子:井上喜久子
古見将賀:星野充昭
古見笑介:榎木淳弥
只野 瞳:内田真礼
ナレーション:日高のり子

※日高のり子さんの「高」ははしごだかが正式表記です。

(C)オダトモヒト・小学館/私立伊旦高校

《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集