矢野妃菜喜が声優を知った高校生・芝居について猛勉強した大学時代を振り返る『声優 縁かうんと』第6回レポート | 超!アニメディア

矢野妃菜喜が声優を知った高校生・芝居について猛勉強した大学時代を振り返る『声優 縁かうんと』第6回レポート

声優の鈴木みのり・花井美春がパーソナリティを務める番組『声優 縁かうんと』の#6が、2021年8月18日にニコニコチャンネル「ボイスラウンジチャンネル」にて配信された。

ニュース
注目記事
『声優 縁かうんと』#6
  • 『声優 縁かうんと』#6

 声優の鈴木みのり・花井美春がパーソナリティを務める番組『声優 縁かうんと』の#6が、2021年8月18日にニコニコチャンネル「ボイスラウンジチャンネル」にて配信された。

『声優 縁かうんと』はスタジオに新人・若手女性声優をゲストとして招き、パーソナリティを交えてガールズトークを展開する番組。今回のゲストは矢野妃菜喜。前回の配信に続き、パーソナリティ・ゲスト共に浴衣を着てお届けした。

 ゲストが“生まれてからこれまでの歩み”を振り返る「Myプロフィール年表」のコーナーでは、子役として活動していた頃の矢野の写真が公開。母親に写真を送って欲しいとお願いしたところ、50枚近く届いたというほっこりエピソードを交えながら、子役時代のことを振り返った。

 そんな矢野が声優という職業を知ったのは、全国大会出場クラスのダンス部に所属していた高校生の頃。事務所のマネージャーから声優について教えてもらったことで、興味を持ち始めたとのこと。当時、女優として芝居を経験したことがあった矢野。しかしながら、声での芝居は女優の芝居とは少し異なっており、上手にできない悔しさと同時に、楽しさも覚えたと言葉にする。その後、ワークショップに通ったり、アニメをたくさん見たりなど、大学生時代は特に声優について猛勉強。そして大学を卒業後、多くの出会いがあり今に至ると振り返った。

 ゲストにとってターニングポイントとなった縁エピソードについてトークする「縁かうんと」のコーナーで矢野がピックアップしたのは、『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』。出演が決まった時は、大きな作品だからこその不安やプレッシャーを感じていたものの、やっていくなかで多くの縁が生まれたと言葉にした。また、作品に出ているメンバーとは、年も近いことがあって仲が良いとコメント。もう一度青春を味わっている感じだと、嬉しそうに話した。

 なお、同作品に出演し、矢野と同じ事務所に所属する楠木ともりが、自身の出演が決まったときに喜んでくれたという縁エピソードも披露。楠木の印象を言葉にしながら、自身も共演が嬉しかったと続けた。

 次回の『声優 縁かうんと』は9月1日に配信。河瀬茉希がゲストとして出演する。また、9月15日の収録回には、前田佳織里がゲスト出演することも発表された。その他、今後の情報や新番組情報などは「ボイスラウンジチャンネル」公式Twitterをチェック。

<インフォメーション>
■『声優 縁かうんと』
【配信情報】
ニコニコチャンネル「ボイスラウンジチャンネル」にて毎月第1・第3水曜21時~22時に配信

【次回配信】
9月1日(水)……ゲスト:河瀬茉希
9月15日(水)……ゲスト:前田佳織里
※会員の方は過去放送回も視聴可能。

《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース