【PR】クラーク記念国際高等学校 | 超!アニメディア

【PR】クラーク記念国際高等学校

情熱みなぎる仲間&先生と一緒に、夢に向かって一直線 マンガ・イラスト専攻 2年生 東京都出身 宮下万織さん 現役プロの講師のひと言で、将来の目標が決まった―― 児童向けイラストレーターを目指して日々努力中!! ――「クラ …

ニュース
注目記事
P134kura-ku
  • P134kura-ku
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校

情熱みなぎる仲間&先生と一緒に、夢に向かって一直線

マンガ・イラスト専攻 2年生 東京都出身 宮下万織さん

現役プロの講師のひと言で、将来の目標が決まった――
児童向けイラストレーターを目指して日々努力中!!

――「クラーク記念国際高等学校」(以下「クラーク」)ではどんなことを学んでいますか?

 マンガ・イラスト専攻の専攻授業では、1年生でデッサンなどの基礎を学び、2年生になるとマンガとイラストそれぞれの進路に分かれて、現役プロの先生から出される“お題”に添った作品の制作が増えていきます。私はイラストを専攻しているのですがお題はさまざまで、“納期”や“描いてほしいテーマ”など、実際にクライアントから依頼された場合を想定した内容になっているんです。そのため、単にお題に添った作品を描くだけでなく、「クライアント(先生)が何を求めているのか」「私の作品をどのように利用するか」などを考えながら作品を作っていく必要があります。
 こういった経験は、ただイラストを描いているだけでは絶対に身につきません。私も最初のころは、作品に求められているものがわからなかったのですが、そのたびに先生から丁寧にアドバイスをいただき、徐々に“相手の立場に立ってイラストを描くこと”を実践できるようになりました。そういったプロとしての心構えや技術を、高校生のときから学ぶことができるのは、とても貴重な体験だなと感じています。

――「クラーク」で学んだことで、宮下さんの夢にどのような変化がありましたか?

 私は昔からマスコット的なキャラクターを描くことが好きでしたし、得意でした。でも、それをどう生かせばよいかわからなかったんです。そんななか1年生のとき、ある先生から「あなたの絵は小さなお子さんが好きになりそう。児童向けのイラストレーターを目指してみては?」と言われて。私のなかで一気に道が開けたというか、将来の目標が固まった瞬間でした。あのとき先生からのひと言がなかったら、きっとモチベーションが下がってあまり絵を描かなくなっていたと思います。それくらい私のなかで大きなひと言でしたし、先生にはすごく感謝しています。

――将来に向けて、どのような努力をしていますか?

 児童書についてもっと学びたいと思っていて、卒業後は芸術系大学への進学を目指しています。勉強は正直苦手ですが、「クラーク」では進学に必要な科目を習熟度に合わせて学べるので苦ではありません。そして自宅学習をサポートしてくれる「クラークWebキャンパス」という学習ツールも利用できるので、授業の復習に役立てています。
 またイラストレーターとしての実績作りとして、コンテストに応募したり、アジア最大級のアートイベント「デザインフェスタ」に出展したりしています。このときにも“相手の立場に立ってイラストを描く”という経験が生かされていて、「どうすれば多くの人に注目してもらえるのか?」ということを考えながら、作品作りをしています。

――未来の後輩に向けて、メッセージをお願いします。

「クラーク」には技術も情熱も桁違いの子が集まってきます。そして先生方もとても熱心に指導してくれます。そんな素晴らしい環境のなかで、思うぞんぶん学んでください。きっと毎日が楽しいですよ。私も今、すごく楽しいです。

宮下さんの作品

「クラーク」はプロへの道と進学、どちらも全力サポート!
「クラーク」のクリエイティブコースでは、高校必修科目2/3、専攻授業1/3の割合で授業を行っている。生徒の学ぶ意欲を高める試みも数多く実施されており、全日制高校の平均を上回る“現役大学進学率60%以上”の実績を誇る。またマンガ・イラスト専攻では、現役プロの講師による実践的な授業が毎日行われており、描画の基礎技術はもちろん、最新デジタルツールを用いた制作のノウハウまで学ぶことができる。


2018年度の進路実績(クラーク全校)

北海道大学、大阪大学、東京藝術大学、広島大学(医学部)、お茶の水女子大学、ロンドン芸術大学、国際大学IPU New Zealand(ニュージーランド)、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、国際基督教大学、学習院大学、明治大学 など

秋葉原ITキャンパスの専攻


2019年新設の「eスポーツ専攻」で生徒たちが早くも海外留学を経験!
 全世界プレイ人口1億人を誇るオンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』など、近年大きな盛り上がりを見せている「eスポーツ」。この流れのなか秋葉原ITキャンパスでは、今春よりeスポーツプレイヤーを育てる専門コースを新設した。第1期生が現在、プロの講師指導のもとゲームの腕を磨きつつ、eスポーツを取り巻く「経済」や海外での活躍を見すえた「英語」を勉強している。また今年10月には、ハワイパシフィック大学への「eスポーツ留学」も経験。ホストファミリーと英語で異文化交流しながら、世界レベルのプレイヤーたちとゲームの腕を競い合った。

ゲームの実習は週9時間以上。そのなかでゲームのスキルはもちろん、大会運営やWeb配信のノウハウなど「eスポーツ」に寄り添うさまざまな能力を、最新設備を使って多角的に学んでいる

秋葉原ITキャンパス 2019年度の学校説明会と入試日程
■学校説明会開催日
2020年1月11日(土)、2020年2月8日(土)
※各日10:00~12:30
■各種入試の試験日
推薦入試:2019年12月21日(土)、2020年1月25日(土)
自己推薦入試:2019年12月21日(土)
一般入試:2020年1月25日(土)、2020年2月15日(土)
※願書は試験日の前々日まで受付

クリエイティブ系のコース・専攻
キャンパス所在地・電話番号
秋葉原ITキャンパス
TEL:03-5807-3455
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-12

仙台キャンパス 
TEL:022-791-3222
〒984-0051 宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

福岡中央キャンパス 
TEL:092-534-6178
〒810-0014 福岡県福岡市中央区平尾1-7-1

※秋葉原ITキャンパス以外の学校説明会や入試日程などは公式サイトで確認。詳細や申し込みは下記まで。

公式サイト
https://www.clark.ed.jp/

TEL:0120-833-350

資料請求はこちらから⇒http://gakken.jp/a-school/animedia/

《超!アニメディア編集部》
【注目の記事】[PR]

特集