【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】 | 超!アニメディア

【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】

夢を目標に、目標を現実に! あなたの高校生活を全力サポート!! 声優・放送専攻1年 埼玉県出身 藤田綺音さん 「プロの現場」を知って夢に現実味が帯び新しい目標が「クラーク」で生まれた! Q.「クラーク記念国際高等学校」( …

ニュース
注目記事
va_cla_01
  • va_cla_01
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】
  • 【PR】クラーク記念国際高等学校【声優アニメディア掲載版】

夢を目標に、目標を現実に! あなたの高校生活を全力サポート!!

声優・放送専攻1年 埼玉県出身 藤田綺音さん

「プロの現場」を知って夢に現実味が帯び新しい目標が「クラーク」で生まれた!

Q.「クラーク記念国際高等学校」(「クラーク」)の授業で印象に残ったものは?
 1年生の専攻授業では、主に演技に関する基礎を学んでいます。演技自体はもちろん、発声、ダンス、そして声を出すための筋力トレーニングなどです。これらをプロの声優経験を持つ講師の方などから丁寧に教えていただけるので、学べることがすごく多いですね。なかでも印象的だったのが、実際に収録が行われているアフレコ現場にお邪魔した課外授業です。たとえばマイク前の立ち位置や、スタジオ内で新人声優が待機する場所など、アフレコ現場でのマナーを教えていただき、とても興味深かったです。そのあとには、実際にガヤの収録も体験しました。とても緊張しましたが、プロの現場の空気を肌で感じることができて新鮮でしたし、「私もプロとして早くこの場所に立ちたい」と、より強く思えるようになりました。
「クラーク」での授業は、専攻授業だけではありません。進学するのに必要な高校必修科目も、しっかり勉強しています。私は専攻授業が楽しくて、必修科目の勉強がおろそかになってしまったこともあったのですが、先生や同級生の子たちが親身になってサポートしてくれたので、遅れを取り戻すことができました。同じ志を持った仲間たちに囲まれた学校生活はたくさんの刺激をあふれていますし、自然と向上心が芽生えます。

Q.「クラーク」で学ぶことで将来の夢や目標はどのように変わりましたか?
 入学する前は漠然と「声優になりたい。憧れの声優と共演したい」と思っていましたが、「クラーク」での学校生活を通して「私の声を聞いた人が笑顔になれる声優になりたい」と思うようになりました。「クラーク」で学んでいると、講師の方や友達が「綺音の声はカッコいい!」「綺音の声は、こんな役に向いていると思う」というように、たくさん褒めてくれるんです。
 おかげで自分の声をもっと好きになれましたし、“声を聞いた人を笑顔にできる声優”という目標ができました。その中で私は、より聞き取りやすいしゃべり方を身につけるために、滑舌の勉強を自主的に取り組んでいます。学校でも家でも、暇さえあれば滑舌をよくするトレーニングを行っているので、入学前と比べて、かなり上達したなと感じています。
 卒業までの第1目標は、在学中に声優事務所に所属することです。ただ、事務所のオーディションは狭き門です。ただ、事務所のオーディションは狭き門です。そしてプロとして活動することは、それ以上に難しいことも「クラーク」で学びました。だから第1目標とともに、もうひとつ目標を持つようになりました。それは「声を生かして国語の教師になる」ことです。その目標を達成するためには教育系大学への進学が必須なので、必修科目の授業も今まで以上に頑張るようになりました。「クラーク」では習熟度別にクラスが分かれているので、自分のペースで学ぶことができます。苦手な科目もじっくりと勉強できるので、大変ですけど、やりがいがありますね。そして先生方は、私たちの進路について親身に相談に乗ってくれます。おかげで私は、卒業後に進学したい大学もすでに決めることができました。具体的な目標があると、何事にも真剣に向き合えると思います。

Q.これから高校選びを進める中学生にメッセージをお願いします。
「クラーク」はやりたいことを全力でサポートしてくれる学校です。学べるものもすごく多いですし、頼りになる仲間とも出会えます。自分らしく、夢に向かって進みたいと思っていたら、ぜひ「クラーク」で勉強しましょう。最高に輝けますよ!

プロデビューの道も開ける! 年に1度の「秋葉原芸術祭」


「秋葉原芸術祭」ではクリエイティブコース各キャンパスの生徒が秋葉原に集まり、自分たちの作品を一般に発表している。声優・放送専攻が行う舞台演劇や生アフレコには業界関係者も多数訪れており、この機会に生徒がスカウトされることも珍しくない。

声優と進学、2つの目標を後押しする「クラーク」の万全なカリキュラム
「クラーク」のクリエイティブコースでは、高校必修科目2/3、専攻授業1/3の割合で授業を行っている。特に進学に必要な教科は、授業と連動した家庭学習ツール「クラークWeb キャンパス」を使い、自宅で効率的に復習することができる。結果「クラーク」では、全日制高校の平均を上回る“現役大学進学率60%以上”という実績を誇る。また声優・放送専攻の授業では、本格的な設備を使い、現役プロ声優から指導を受けられ、西山宏太朗や大坪由佳など多くのプロを輩出している。


2018年度の進路実績(クラーク全校)
北海道大学、大阪大学、東京藝術大学、広島大学(医学部)、お茶の水女子大学、ロンドン芸術大学、国際大学IPU NewZealand(ニュージーランド)、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、国際基督教大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、南山大学、獨協大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、北里大学、杏林大学、工学院大学、國學院大學、成城大学 など

秋葉原ITキャンパス’19年度の学校説明会と入試日程
 学校説明会は、教員や在校生から「クラーク」の生の声を聞くことができる貴重な機会。また、教育方針・入試の説明や個別相談も実施しているので、参加者ひとりひとりに添った入試アドバイスを受けることができる。
◆学校説明会開催日
’20年1月11日(土)、2月8日(土)
※各日10:00〜12:30
◆各種入試の試験日
• 推薦入試
’19年12月21日(土)
’20年1月25日(土)
• 自己推薦入試
’19年12月21日(土)
• 一般入試
’20年1月25日(土)
    2月15日(土)
※願書は試験日の前々日まで受付

●クリエイティブ系のコース・専攻キャンパス所在地など
秋葉原IT キャンパス
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-5-12
TEL:03-5807-3455
仙台キャンパス
〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20
TEL:022-791-3222
福岡中央キャンパス
〒810-0014
福岡県福岡市中央区平尾1-7-1
TEL:092-534-6178
※秋葉原IT キャンパス以外の学校説明会や入試日程などは公式サイトで確認できる。詳細や申し込みは下記まで

二次元コード
下の二次元コードをスマートフォンなどで読み込むと、公式サイトへのアクセスが可能(機種によって動作が異なる場合あり)


公式サイト
https://www.clark.ed.jp/(PC・スマートフォン) 
TEL 0120-833-350

資料請求はこちらから⇒http://gakken.jp/a-school/seiyu-animedia/

《超!アニメディア編集部》
【注目の記事】[PR]

特集