声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ | 超!アニメディア

声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ

2019年10月23日(水)にデビューシングル「はじめてのかくめい!」をリリースした新人声優アーティストユニット「DIALOGUE+」。表題曲の「はじめてのかくめい!」は、TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生 …

ニュース
注目記事
Z6A_2819
  • Z6A_2819
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ
  • 声優アーティストユニット「DIALOGUE+」デビュー記念リレーインタビュー! 第2回はメンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結とユニットのネタ係・村上まなつ

 2019年10月23日(水)にデビューシングル「はじめてのかくめい!」をリリースした新人声優アーティストユニット「DIALOGUE+」。表題曲の「はじめてのかくめい!」は、TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』OP主題歌で、作詞・作曲を田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN)が、編曲を田中秀和(MONACA)が担当している。さらにカップリングの「ダイアローグ+インビテーション!」は作詞・作曲をZAQ、編曲を堀江晶太が担当。アニソンファンもうなる布陣でのデビューとなる。

 超!アニメディアでは、DIALOGUE+のデビューを記念し、メンバー2人ずつのリレー形式でのインタビューを敢行。デビューシングルの魅力などに加えて、メンバー8人の個性を知ってもらうため、パーソナルなことに関してもお話をうかがった。第2回は、メンバーから「プロ」と呼ばれる飯塚麻結さんと、ユニットのネタ係・村上まなつさんのコンビ。

(左から)飯塚麻結、村上まなつ

ーーまず、自己紹介をお願いします!

村上 DIALOGUE+の紫色を担当している、村上まなつです。プロフィールにはクレープ作成動画を見ることが趣味と書いたんですけど、本当にずっと見ています。クレープって芸術性があるんですよ! でも、いつも同じ工程をたどる安心感もある。その2つのミックスが好きで見ているんです。

ーーそれは、人生に置き換えるとどういうことになりますか?

村上 朝起きてからの行動ってルーティンじゃないですか。歯を磨いてからご飯を食べるとか。そういうのがあるけど、寝坊したときに同じルーティンをどう短い時間に詰め込むのか。詰め込めたときの達成感とか、流れるような行動が人生の中でのクレープ作りと言えます!

ーーその短い時間でいかにやるかというところに芸術性があるんですね。わかりやすい!

村上 特技はたて開脚なんですけど、最近ストレッチをサボりがちで、2/3たて開脚くらいになっているので、どうしようかなと悩んでいます。ちゃんと特技と言えるよう、もう少し頑張ろうと思います!

ーー好きなアニメ作品は何ですか?

村上 『HUNTER×HUNTER』で、父と原画展に行くくらい大好きです。

ーー『HUNTER×HUNTER』では誰が好きですか?

村上 クラピカです! 乙女心をくすぐられる存在で、中性的なところも好きです。

ーーあの指の鎖、付けたいですよね?

村上 付けたいです! 前に関連グッズとして鎖も売ってたんですけど、見える鎖だったから、こっちは見えなくしたいんだけどなぁって思いました。

ーー具現化系だから(笑)。もしかして今、手にありますか?

村上 あっ、見えちゃいましたか?

ーー(笑)。では次は、飯塚プロ……ですね?

飯塚 誰が言ってたんですか(笑)! やかん(鷹村)かな…。飯塚麻結です。担当カラーは水色です。特技が口笛とウィンクです。k\この前、歌番組の収録で、ちょうどいいタイミングでウィンクが出来たんです! 趣味はお野菜を作ること。好きなアニメは『おジャ魔女どれみ』で、2歳の頃から見てました。おんぷちゃんが好きなんですけど、次世代声優育成ゲーム『CUE!』で私が演じる恵庭あいりちゃんもおんぷちゃんみたいに髪がきゅんとなっているので、嬉しかったです。

ーー農業が趣味というのは興味深いです。

飯塚 最近、ボイトレの先生に、野菜例えで気持ちを作るようにと言われてるんです。この前の歌のレッスンでは「強めの野菜ある?」「その野菜が恋をしてるけど、届かないんだよみたいな感じで歌って」と言われました。でも、その例えがいい感じなんです(笑)。大根と北海道の白いとうもろこしでは、歌い方が変わったので、これは今後も使えるなと!

ーー益々興味深い! 続いて、おふたりが声優を目指したきっかけを教えてください。

村上 中学生くらいの頃に『ココロコネクト』と『HUNTER×HUNTER』を見ていて、『ココロコネクト』の稲葉ん(稲葉姫子)とクラピカの声の成分が似ている!と感じたんです。それでキャストを見たら、どちらも沢城みゆきさんが演じてらして、同じ人が演じているんだ!と気づいて、カッコいいなと憧れたのがキッカケです。その後、高校3年生の頃から養成所に通い始めました。

飯塚 歳の離れた姉と兄がいて、ふたりがちょうど『テニスの王子様』世代だったので、小学生だった私も一緒に見ていたんです。そのエンドロールで、男子中学生の役なのに、絶対に女性の名前だよなと思う方がいらっしゃったので姉に聞いたんですよ。そしたら「声だけだから、(男のキャラクターでも)声優さんは女の人がやってもいいんだよ」と言われて! 「そんなすごいことってある!?」と驚きと感動を覚えたのがキッカケです。

ーー業界に数多くいると言われている『テニプリ』きっかけなんですね。では、好きな音楽と音楽歴を教えてください。

飯塚 昔からアイドルが好きで、生まれたときからモーニング娘。を聴いて育ったんですけど、兄と姉に憧れて楽器もやっていました。ピアノ、その次にクラリネットをやりました。あと、笛が好きなんですよ! 一番好きな楽器がリコーダーです! リコーダーの演奏には自信があるのですが、特技に書いても伝わらないので書きませんでした。でも、自信あるんです! 音楽の授業で先生が感動して泣いちゃったくらいで(笑)。

ーーそれ書きましょうよ! たぶん口笛より強いです(笑)。

飯塚 『FINAL FANTASY IV』の「愛のテーマ」って、すっごく良い曲があるんですけど、それをフルートじゃなくリコーダーで吹くという(笑)。あとはバンドも組んで、ベースやギターも弾いていました。


ーー多才ですね。村上さんはいかがですか?


村上 私、移動中ずっと音楽を聴いていて、イヤホンが壊れたら泣きたくなるくらい音楽が好きなんです。何かのジャンルを重点的に好きというよりは、気に入った曲は何でも聴く雑食系ですね。

ーーイヤホンのイヤーピースがないとき、絶望しますよね。

村上 それだけで買いますね!音楽歴は高校時代に軽音楽部に所属していたので、ギターを3年ほどやっていました。そのときはJ-POPでORANGE RANGEさんの「イケナイ太陽」とかKEYTALKさんの「桜花爛漫」を弾いてました。ダンスは小学低学年で2年間バトントワリングをやってて、中学からはクラシックバレエをやっていたので体は柔らかいほうだと思いまします。

ーーそれは今のダンスにも役立っていますか?

村上 どうだろう……。バレエって音の取り方がちょっと違うんですよ。きれいに止まらず流しちゃったりするから、今のダンスはちょっと苦戦してます。

ーーそれぞれの自己紹介、ありがとうございました。続いて、 DIALOGUE+でのデビューが決まったときの感想を教えてください。

飯塚 最初の1~2ヶ月は実感がなくて。いろいろなことが急激に進んでいったので、やったー!嬉しい!というよりは、ビックリのほうが強かったです。

村上 デビューの連絡を受けたのが学校の階段下で、「ユニット活動が決まりました、曲もあってCDも出すのでデモを送ります」と言われたんです。でも、実感が湧かなすぎて、「はい、はい」と、受け流してしまって。電話切った瞬間に、「……CDを出す?」ってなって、階段下で密かに「うおおーー!」と叫びたくなるくらいの気持ちになっていました。その時が、一番実感があったかも……。今はドコドコドコドコいろんな活動させていただいているので、「夢なのかな?」って、また思ってるんですよ。

ーー夢かもしれない。

村上 ですよね! 次、目をつむったらベッドの上で目が覚めるんじゃないかってくらい、信じられないことなんです!

ーーレコーディング、さらにMV撮影も終えられましたが、ユニットでのポジションも見えてきましたか?

村上 最初のニコ生でそれぞれのキャッチフレーズを付けたんですよね。あれって、出会って1ヶ月くらい?

飯塚 うん。まだぎこちない放送だったね。

村上 そこでなぜか、「DIALOGUE+のネタ係。ちゃんと私は人間ですよ」というキャッチフレーズが付けられ、そのとき「私はネタ係なんだ」という自覚を持ったんです。このポジションはオイシイなと思えたので、嬉しかったです(笑)。でも他のメンバーも個性的で本物の天然ちゃんもいるので、みんなに埋もれないよう頑張っていかないと。

ーー私は“狙って言ってるんだぞ”と。

村上 そうです。頭を働かせてるんだぞ!って。いや、そんなことはないんですけどね(笑)。自分としては、見てる人がうふっと笑っちゃうようなポジションになれたらいいなと思ってます。

飯塚 私はどんなポジションだと思う?

村上 見てもわかると思うんですけど、ユニットにはポンコツがいるんですね。私を筆頭に! そのすべてを上手く回収してくださって、きれいに整えてくださりながら、自分の見せどころまで作れる。すべてが500万点なんです! なので、トップに君臨しながらも縁の下の力持ちであり、尊敬するポジションです!

飯塚 ありがとうございます(笑)。実は昔は、もっと声も高く、かわいい感じでしゃべっていたんです。別に作っていたわけではないんですけど、最近、違う形で頑張らなきゃと思って、頑張っている姿がこれです!

村上 500万点の女です!

飯塚 頑張って本当の意味でそういう女になりたいなと思っています。でも、ここのふたりはお互いを推し合っていろいろな方に紹介しているんですよ。「村上はいいぞ~」みたいな感じで。

ーー褒め合って、推し合ってお互いを高めているんですね。

村上 味の相乗効果みたいな感じです! いわしとわかめ? 鰹と昆布?みたいな感じになりたい。

ーーちょっと違う気がしますね……。

飯塚 なんとか酸となんとか酸みたいなやつでしょ?

村上 グルタミン酸とか。つまり、みんなには具材になってもらいたいんです。

飯塚 全体を支えようね!

ーーポジションは、お出汁ということですか?

村上 そういうことでお願いします!


ーー続いて、デビュー曲の「はじめてのかくめい!」を聴いたときの感想を教えてください。

飯塚 最初1コーラスだけ聴いたんですけど、その時点で盛りだくさんで。遊園地と博物館と水族館がごっちゃになったような楽曲だと感じました。田淵さんから「2番は1番よりトリッキーだからお楽しみに」というメッセージもいただいたので、どういうものが来るのかと思ったら、1番からは想像もできない流れの楽曲が来て、衝撃を受けました。

村上 いろんなところにキャッチーなフレーズやリズムが散りばめられていて、例えるのが好きなので、聴いたときは「障害物競走か!」ってツッコミたくなりました。中毒性があって頭から離れない曲で、夢でまで歌っちゃうくらいです。

ーーカップリング曲の「ダイアローグ+インビテーション!」はいかがですか?

飯塚 レコーディングの一番手が私だったのですが、収録のなかで当初予定していた楽曲の構成から色々と変更があったんです。ただ、私だけでなく、2人目も仮歌から少し変わっていたりして、レコーディングをするたびに追加要素が盛り込まれていくのが面白かったです。あと、仮歌をZAQさんが歌っていて、録り終わったときに、自分の部分以外は全部ZAQさんの歌声なので、ZAQさんと2人でデビューするみたいな感じがしてすごく楽しい気持ちになりました(笑)。

ーー一番手の特権ですね。

村上 私は、曲を聴いたときに楽しくなっちゃって、なんて気分が上がる曲なんだろうと思いました。自己紹介するソロパートの歌詞も個性的で、バックで流れる音楽もひとりひとり全然違って超楽しいんですよ! これはまるで、次々にいろいろな芸を見せてくれるサーカスみたいだなって思いました。

ーー曲のなかで〈ムードメーカー〉って言われていますね。

村上 ZAQさんがアー写(アーティスト写真)撮影の現場に実際に来てくださって、それぞれのことを見て、考えて書いてくれた歌詞なので、ZAQさんには私がムードメーカーに見えていたのかなと思うと嬉しくて、自信満々に歌っております! あと、〈私こそがオンリーぁ・・・〉って、最後まで言わせてくれないところも私らしいのかなって。

ーーZAQさんからの皆さんへのメッセージみたいですね。

飯塚 私も涙ボクロが両方にあるんですけど、これを見て、これは〈恋心の残り香〉だ!って瞬間に思ってくださったらしいんです。

ーーなるほど! レコーディングでの思い出はありますか?

村上 「ダイアローグ+インビテーション!」で自分の名前を8人がどんどん言っていくところがあるんですけど、私が最後で〈まなてぃー〉のあとに〈WE ARE DIALOGUE+〉ってすぐに言わないといけないんですよ。だから、“まなてぅぃーARE  DIALOGUE+”みたいな、ホント、「ドドスコ!」って畳みかけるような感じになっていて、ずっと必死になって歌っていました。ただ、その必死さが「まなてぃーっぽいよね」ということだったので、その必死さを感じてほしいです。

飯塚 「はじめてのかくめい!」はDIALOGUE+で初めてのレコーディングで、ほとんどみんなで歌うものだと思っていたら、〈(あっあっー)〉のところがまさかの一人パートだったんです。みんなで揃うことが大事だと思って、長さも合わせて歌っていたので、驚きました。

ーーただ、カッコの部分は、すごくかわいくて良いですよね。

村上 その前の〈(うっうー)〉担当が私です!

飯塚 あそこ楽しいんですよ! 振り付けでも、隠れているところからひょこひょこって顔を出します。でも、みんな背が高いので、歌いながら出るのが大変なんです……。

村上 私は逆に背が高いので隠れるのに必死なんですよ。難しいけど、ぜひ注目していただきたいポイントです。

ーー今回、1stシングルを発売されますが、今後DIALOGUE+でやってみたい活動はありますか? 

飯塚 ワンマンライブがやりたいです!そして、個人的にはフェスにも出てみたいです。バンドさんが参加されるフェスに声優ユニットが出ることはあまりないとは思いますが、そこは革命していきたいなと思います!

村上 この前、とあるメンバーとご飯に行ったときに、将来どうするって話をしたんですけど、やっぱり夢は大きく、アジアツアーだよねと話したので、アジアツアーで世界に羽ばたく!で。

ーーアジアツアーは宮原さんもおっしゃっていました。

村上 じゃあ変えます! この衣装がスコットランドのタータンチェックの要素を取り入れているので、イギリスツアーで!

飯塚 オンリー(笑)?

村上 じゃあ、ヨーロッパツアー! フランス語は習っていたので任せてください!

ーーフランス語を習っていらっしゃったんですね。

村上 4年間フランス語を習ってたけど、成績が悪すぎて、いつも未修クラスに入れられてました。毎年習ってなかったことにされてて……。

飯塚 4年間も!? ホントに?

ーーよくそれで、任せてくれと(笑)。

村上 メルシーくらいは言えます。

ーー今後の上達に期待!ですね(笑)。個人の目標はありますか?

飯塚 私、楽しい人生を送る!をモットーとしているんです。声優さんって毎日同じことをする仕事ではないじゃないですか。大変なことも多いけど、きっと一生楽しいんじゃないかなと思っています。だから、悔しいことがあっても、楽しく仕事をするというのを忘れずに活動していきたいですね。

村上 アニメでもゲームでもキャラクターに声を当てる声優としてじゃなくて、この子が本当に生きていて、ホントに喋ってるんだなって思ってもらえるような、いい意味で後ろに隠れてて、キャラが主体で動いているような声優になりたいです。私が演じることでそのキャラの魅力を底上げできるような声優になりたいなぁって思っています! 

ーー本日はお話ありがとうございました。次のインタビューには、緒方佑奈さんと守屋亨香さんが登場します。最後にお二人から緒方さんと守屋さんがどのような方か、ご紹介いただけますか?

村上 守屋さん、きょんちゃんはですね、かわいいの具現化みたいな存在です。ホントにかわいくて、食べてる姿、呼吸してる姿がかわいくて、そこにいるだけでかわいいんです。

飯塚 キャッチコピーを決めたときに「かわいいしかない」って書いてしまったんです。ホントはそれ以外もあるけど、かわいいしか入ってこなかったくらいかわいいんです!

村上 すべてをかわいいで包んでるかもね。

飯塚 プロレス好きもかわいいで包んでいる。アザラシ好きなのもかわいいんです。

村上 (緒方)佑奈さんは尊敬しかしてなくて。佑奈さんはこのユニットを組む前からお姉さんと慕っていたので、一緒に活動できるのが本当に嬉しいです。例えるなら聖母! 羽が見えます。世界が全員佑奈さんだったら平和だろうなと思います。

飯塚 あだ名を「佑奈」ってみんなで決めたんですけど、みんな佑奈さんって呼ぶんですよ。仲はいいんですけど、ついつい佑奈さんと呼びたくなっちゃうんです。いつでも落ち着いていて、みんなが口癖だと思ってるのが、「今は何の時間ですか?」で(笑)。これを言ったら怒るんですけど。

村上 怒るね(笑)。(モノマネをしながら)「そんなこと思ってないですよ~」。

飯塚 でも、誰が言ったらいいのかな?ってなる瞬間も、佑奈が最初に言ってくれるんです。そのくらいしっかりしてる人です。

 画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

撮影=塚越淳一

プロフィール

飯塚麻結【いいづか・まゆ】4月15日生まれ。埼玉県出身。サンミュージックプロダクション所属。ゲーム 『CUE!』では、恵庭あいり役を演じる。

村上まなつ【むらかみ・まなつ】   8月24日生まれ。神奈川県出身。アライズプロジェクト所属。ゲーム 『CUE!』では、九条柚葉役を演じる。

DIALOGUE Debut single「はじめてのかくめい!」情報
発売日:2019年10月23日(水)
【初回限定盤(CD+DVD)
価格:1,800円(税別)
【通常盤(CD only)
価格:1,273円(税別)
CD収録内容】
1.はじめてのかくめい!
2.ダイアローグ+インビテーション!
3.はじめてのかくめい!(TVサイズ)
4.はじめてのかくめい!(Instrumental)
5.ダイアローグ+インビテーション!(Instrumental)

通常盤

限定盤

「DIALOGUE+」連載
第1回 鷹村彩花さん・宮原颯希さん⇒https://cho-animedia.jp/music/131322/

DIALOGUE+公式サイト
https://dialogue-music.jp

DIALOGUE+公式Twitter
https://twitter.com/DIALOGUE_staff

DIALOGUE+公式Instagram
https://www.instagram.com/dialogue_staff/

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集