超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アニメ『進撃の巨人』クルーガー役は松本保典、ダイナ役は岸本望、少年ジーク役は山下大輝が担当

2019/6/17


「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中で、コミックスの累計発行部数が8000万部を突破した、諫山創原作のマンガ『進撃の巨人』。6月16日深夜に放送された本作のTVアニメ最新エピソード(57話)にて、主人公エレン・イェーガーの父・グリシャの回想シーンに登場した男・クルーガーの声を松本保典が担当していることがオンエアで明らかになった。以下、一部ネタバレを含むため、視聴後の閲覧を推奨されたい。
 
 2013年4月~9月に放送されてマンガファン・アニメファンを中心に大きな話題を集めたアニメ『進撃の巨人』は2017年4~6月にSeason2、2018年7~10月にSeason3 Part.1が放送。現在はSeason3 Part.2が放送中。6月9日に放送された56話より、グリシャの少年時代の回想エピソードがスタートしていた。クルーガーは、エルディア人である青年・グリシャを拘束したマーレ治安当局の職員であったが、57話ラストでエルディア側のスパイであることが判明し、巨人化できることもわかった。
  
 松本は『サザエさん』のノリスケ役、『スレイヤーズ』シリーズのガウリイ役、『テイルズ オブ ジ アビス』のガイ・セシル役などを担当している声優。
 
 そのほかにも、57話ではグリシャのもうひとりの妻・ダイナ(のちに巨人にされてしまい、エレンの母・カルラを捕食した人物)の声を岸本望、少年ジークの声を山下大輝が担当していることがオンエアで明らかになった。 
 
 アニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2は毎週日曜日深夜0時10分よりNHK総合で放送中(関西地方は深夜0時45分から)。次回の放送日は6月23日。じょじょに明らかになってきた巨人の謎、エルディア人、そしてマーレという存在がさらに明かされるのか注目が集まる。
 
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP