超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『イングレス』サラ役・上田麗奈が語るキャラクターの魅力とアフレコ現場のエピソード-「新しい風をアニメ業界に吹かせる作品に関われることにワクワクしました」

2018/10/17


 「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトのもと、高品質で世界基準のアニメ作品を全世界に向けて発信していくフジテレビの新アニメ枠「+Ultra」(プラスウルトラ)。その第1弾となるTVアニメ『イングレス』(正式名称:『INGRESS THE ANIMATION』)が、2018年10月17日(水)24:55(毎週水曜日24:55)より放映される。

 超!アニメディアでは新たな挑戦となる本作を深堀すべく、複数回にわたってインタビューを敢行。第3回はヒロインのサラ役を演じる上田麗奈さんにキャラクターの魅力のほか、アフレコ現場の雰囲気などについてお話をうかがった。

上田麗奈サラ役の上田麗奈

『イングレス』INTRODUCTION
2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。 『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。 世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。 XM は、人類の希望または脅威とされ、 大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。 XM の力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。 XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。そして、2018年──。東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

ストーリー
制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。巨大な陰謀に巻き込まれていく誠。人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる――。

――今回演じられるサラがどのようなキャラクターなのか教えてください。

主人公の誠さんが突然起きた爆発事件の捜査をきっかけに色々な陰謀に巻き込まれていくのですが、そのなかで出会う記憶をなくした女性がサラです。その爆発事件や陰謀にサラもどうやら関わりがありそうだということが序盤では描かれて、そこから誠とタッグを組んで二人で陰謀に挑んでいきます。最初は記憶を失っていますが、元々性格は快活で困っている人がいたら助けずにはいられないくらい正義感が強い女性なんですよ。頭もよくてイレギュラーなことでもどんどん頭を回転させて挑んでいきますが、たまに頭が良すぎるからか、から回っちゃうこともある、そんな女性です。

イングレス

――最初は頭の良さが際立っていますが、物語が進んでいくと可愛らしい一面も垣間見えますよね。

確かに! 頭はいいけど、日本の文化に関心があって目を輝かせたり、ちょっと天然ボケな面があったりするので、そういうところは可愛らしいなと思います。また、私服が3パターンほどあったり、髪型も何パターンかあったりと女性らしい部分も作品では描かれていますのでその点にも注目していただきたいですね。

――服装・髪型の変化など細かいところまで描かれるんですね。そんなサラを演じるうえで意識していることを教えてください。

頭がよくて一手二手先のことを考えているタイプなので、ちょっと早口で喋るという感覚を意識しています。恐らくサラは会話しているとき、頭のなかではほかのことを考えていて、相手の話を受けているようで受けていない気がするんです。そういう頭がいいキャラクターならではのクセみたいなものが出せたらいいなと思って演じていました。

――技術的な面を意識されてお芝居されていらっしゃったんですね。

そうですね。もちろん掛け合いのなかで生まれるお芝居が一番素敵なものだし大切にしたいですが、その前の事前準備はします。例えば滑舌はどんな感じなのかということや口の開き方はどれくらいなのかというのもキャラクターによって違うと思うので、考えられるだけ考えてアフレコに臨みます。

――それはどの作品においても?

はい。ただ本作に関してはリハV(声を合わせるために用意される映像・絵のこと)の段階である程度キャラクターの顔や口の形ができていたので、考えやすかったです。

――そういう意味ではアフレコしやすかった?

これまでもさまざまな作品に関わらせていただいて色々なアフレコの方法をやってきましたが、そのなかでもやりやすかった方だと思います。

――ちなみに、サラはオーディションで決まった役でしたか?

そうです。本作はハイクオリティなCGアニメで頭身もリアルな人間に近いので、その分お芝居の仕方や発音の仕方も今までの作品以上に普通に喋っている感覚を大事にしてオーディションテープを録りました。だから、サラ役に決まったと連絡いただいたときは、新しい風をアニメ業界に吹かせることができる作品に関われることはもちろん、実写ドラマに近い感覚で演じていけるのかもしれないとお芝居の面でもワクワクしました。さらに、誠役の中島ヨシキさんとは私が養成所に通っていたときに同じ朗読劇の舞台に立たせていただいたという縁があって……。とてもお世話になっている先輩なので、今回ちゃんと掛け合いができる役でご一緒できたのが嬉しかったですね。

――アフレコ現場で中島さんからはアドバイスも?

ありました。本作は丸一日使って10時~15時で1話、16時~20時で次の話を録っていたのでお昼休憩があったんですよ。その時にヨシキさんや同じ事務所の後輩たちと一緒にご飯を食べに行って、作品のことやお芝居のことについて話をしていました。ヨシキさんから色々とお話してもらえてとても助かりましたね。

――ランチタイムは充実していた?

充実していました。しかも、全部ヨシキさんがお昼代を奢ってくれるんです

――さすが先輩!

たまーにウナギなど少し高いランチも食べに行きました。色々な面で大変お世話になりました(笑)。

――ウナギはヨシキさんからの提案?

……私からの提案でした(笑)。何回かランチをご一緒していた頃だったので、ヨシキさんが奢ってくれる流れになると分かってはいたのですが……。

――確信犯的なところもあった?

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP