超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

2018年10月17日24時55分に物語は動き始める – TVアニメ『イングレス』の映像・音響・シナリオ面でのこだわりを櫻木優平監督と石井朋彦プロデューサーに直撃【インタビュー】

2018/10/16


 「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトのもと、高品質で世界基準のアニメ作品を全世界に向けて発信していくフジテレビの新アニメ枠「+Ultra」(プラスウルトラ)。その第1弾となるTVアニメ『イングレス』(正式名称:『INGRESS THE ANIMATION』)が、2018年10月17日(水)24:55(毎週水曜日24:55)より放映される。

 超!アニメディアでは新たな挑戦となる本作を深堀すべく、複数回にわたってインタビューを敢行。今回は櫻木優平監督と制作プロデューサー兼音響監督を務める石井朋彦氏に映像・音響・シナリオ面でのこだわりなどについてうかがった。

イングレス(左から)石井朋彦氏、櫻木優平監督

■『イングレス』INTRODUCTION
2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。 『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。 XM は、人類の希望または脅威とされ、 大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。 XM の力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。 XMを脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。この世界で起きている争いの背後には、XMの存在があったのだ。そして、2018年──。東京、そして世界を舞台に、XMをめぐる新たな戦いが幕をあける。アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

■ストーリー
制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。巨大な陰謀に巻き込まれていくマコト。人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる――。

イングレス

――フジテレビの新たなアニメ枠の第一作目となる『イングレス』。まずは、制作されるうえで意識された点を教えてください。

櫻木:大枠としてはゲームの『Ingress』の世界観や設定と密接に関わるような作品にするということを意識しました。本作は原作となるゲーム自体に、本にしたら相当分厚くなるくらいの膨大な設定があります。例えばアニメにも出てくる人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたとされる物質『エキゾチック・マター(XM)』やプレイヤーが所属することとなるエンライテンド、レジスタンスといった陣営などです。アニメはオリジナルストーリー、オリジナルキャラクターが活躍する物語になりますが、こういう世界観は無視しちゃいけないと意識しながら制作しました。

石井:私と櫻木は2017年春、『Ingress』のプレイ風景を取材する為に日比谷公園を訪れたんですが、この時はシャードと呼ばれる破片をゴールに届けるというバトルを両陣営で繰り広げていました。プレイヤーの皆さんの顔が、本当に真剣だったんです。

櫻木:非常に熱が伝わってきました。これはゲームから完全に離れるわけにはいかない、ゲームをやっている人にとって「これは『Ingress』のアニメだ」とちゃんと思ってもらえるようにしないといけないと思いましたね。

石井:なので、アニメではエンライテンドとレジスタンスのどちらかが敵でどちらかが味方である、という風には描きませんでした。ゲームをやっているプレイヤーは必ずどちらかの陣営なので、敵・味方と分けるのは良くないと思ったんです。

――なるほど。かなりゲームを意識されて制作されたんですね。

石井:ただ、櫻木が言っていたように、アニメはオリジナルストーリー、キャラクターで進行しますので、ゲームを知らない人でも楽しめるようになっています。むしろ、ゲームをやったことがない人が最大限に楽しめるようにどうすればいいのか、という点はかなり配慮しました。

櫻木:僕自身もゲームを元々知っていましたが、まだ知らない人も楽しめるようにしなきゃという点は念頭に置いて制作しています。

石井:櫻木が制作の初期段階で「スマホを持ったままのアニメにはできませんよね」と言ったんですよ。つまりみんなが画面に夢中な状態で登場するわけにはいかない。だったら、異能力者たちによるバトルものにしたいと言い始めたんですよ。

――異能力者のバトルですか!

石井:はい。ただあくまで現実世界で起こりうるかもしれないという異能力者バトルにして、そこにゲームの世界観などを絡ませれば、ゲームの魅力をアニメにもできるんじゃないかと言い出したんです。そこから脚本を担当していただいた月島さんと相談しながらシナリオを作っていきました。また、制作するうえでテーマとしていたのは、エンライテンドとレジスタンスの対立が実は現実世界でも起こりうる、もしくは起きていることだと思ってもらうという点です。

――対立が現実でも起きている?

石井:例えば会社、インターネットのなかなど、色々な場面で対立を目の当たりにすることはありませんか? 今の日常にはあまりにもそういうのを目にする機会が多い気がするんですよ。対立するもの同士が何もしないで交わることは難しい。

――意見が違うわけですからね。同じ方向性を見ていないと簡単に交わることはないかもしれません。

石井:それを解決するには何か共通の目的に向かって手を組まないといけないと私は思っています。『Ingress』というゲームで伝えたかったことってひょっとしたらこういうことなんじゃないかなと思うんです。つまり、勝ち負けがすべてではなくて、双方が持つ正義に向かって、どう世界に眼差しを向けるのかということ。それを物語として皆さんに届けられればなと思っています。

イングレス

イングレス

――なるほど。ゲームが原作のアニメという点のほか、本作は「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトで立ち上がった新アニメ枠「+Ultra」で放送されるというのも特徴としてあげられるかと思います。海外に広げるため特別に意識されたことは?

櫻木:海外のチームからの要望があったのですが、毎話、毎話、次回の話が楽しみになるようヒキを強くしています。

石井:社会的立場がある人物が主人公というのも、海外のカルチャーを意識している点だと思います。日本ではティーンエイジャーが世界を救う作品が多いですが、海外スタッフからは「ティーンエイジャーは学校に行っているだろう」と。実際、学校にやってきたモンスターを子供たちが協力して追い出すなどはあっても、ティーンエイジャーが世界を救うような作品って海外だと思いのほか少ないんですよね。本作の主要キャラクターであるマコトやジャックを20代後半から30代前半の設定にしたのもそういう意図があってのことです。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP