超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

氷川竜介・内田彩が『宇宙戦艦ヤマト2199』の魅力を語る『ヤマトリビアの沼』毎週更新中! 第5回は本作の大きな魅力「メカ描写」を徹底解明

2016/12/30


inside2016123003-01

 毎週金曜日に更新中の『氷川竜介・内田彩のヤマトリビアの沼』第5回が現在配信中だ。

『氷川竜介・内田彩のヤマトリビアの沼』は、2013年にTV放送されていたアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』と、その続編にあたる『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』について、岬百合亜役として本作に出演する内田彩さんと、アニメ・特撮研究家の氷川竜介さん、そして『2199』では絵コンテ・演出を『2202』では監督を務める羽原信義さんがその魅力をディープに語りつくすというもの。

 日本におけるSFアニメの始祖とされる不朽の名作『宇宙戦艦ヤマト』を完全リメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』では、異星人・ガミラスによる攻撃で地球が汚染され絶滅の淵に立たされた人類が、遠く離れたイスカンダル星からのメッセージを頼り、人類滅亡まで1年というタイムリミットの中でイスカンダル星に向けた航海に臨む宇宙戦艦ヤマトとそのクルーたちの物語を描いた。

 そして、『宇宙戦艦ヤマト』の続編であり、日本全土を熱狂させた1978年公開の劇場アニメ『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフとした続編『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』が、2017年2月25日に公開が予定されている。

『2202』の劇場公開を控える中、前作にあたる『2199』の解説番組が全7回構成で毎週金曜日に公開中だ。番組では毎回テーマを設け、氷川竜介さん、内田彩さん、羽原信義監督が、『2199』の魅力や『2202』へ向けた抱負を語っている。

 第5回となる今回は、「メカ描写の魅力」をテーマに3人が『2199』を語る。『ヤマト』のメカを見てアニメーターになることを決意したという羽原監督が、TVで見た『ヤマト』のメカをパラパラ漫画で描いていたというエピソードも語られている。さらには、リメイクされた『2199』においても、ヤマトの艦橋にあるメーター類は手作業で絵を動かしているなどの裏話も語られ、ヤマトのメカニックが人によって動いていることが作品内外で感じられるトーク内容となっている。

■第5回配信ページ:https://youtu.be/UZDVm85weew

 第6回は1週開けた2017年1月6日に「スペースSFの勇壮さ」というテーマでお届けする。

<番組概要>
■氷川竜介・内田彩のヤマトリビアの沼 第5回(テーマ:メカ描写の魅力)
配信日:12月23日(金)
出演者:氷川竜介(アニメ・特撮研究家)、内田彩(岬百合亜役) 
スペシャルゲスト:羽原信義(『宇宙戦艦ヤマト2199』第9話&第19話絵コンテ・演出、『2202』監督)
配信ページ:https://youtu.be/UZDVm85weew

■配信スケジュール
第1回:11月25日(金)アニメの歴史を変えた!『宇宙戦艦ヤマト』
第2回:12月2日(金)熱気を継承するクリエイターたち
第3回:12月9日(金)アップデートされたヤマト世界
第4回:12月16日(金)極限状況のキャラクター群像劇
第5回:12月23日(金)メカ描写の魅力
第6回:1月6日(金)スペースSFの勇壮さ
第7回:1月13日(金)心を震わせる音楽と効果音

<『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』作品概要>
時に西暦2202年。
あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年――。
〈コスモリバースシステム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、ガミラス帝国とも和平条約を締結。復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか?
宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。
いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた――。

■各話ストーリー ※第一章は第1話、2話で構成されます。
【第1話「西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト」】
あのイスカンダルへの大航海から3年。〈コスモリバースシステム〉によって蘇った地球は、急速に復興を遂げようとしていた。一方、地球とガミラスの混成艦隊が、謎多きガトランティスの前衛部隊と武力衝突を繰り広げる。その渦中に、元宇宙戦艦ヤマト乗組員・古代進の姿があった――。

【第2話「緊迫・月面大使館に潜行せよ」】
最新鋭戦艦アンドロメダの観艦式が盛大に執り行われる。新しく樹立された地球連邦政府は、軍備拡大路線を突き進んでいるのだった。沖田艦長の命日に英雄の丘へと集う元ヤマト乗組員は、イスカンダルとの条約を反故にしてまで再軍備を進める地球の現状に、激しい違和感を覚えていた。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章
2017年2月25日(土)より、全国15館にて2週間限定劇場上映
上映劇場は公式サイトにてご確認ください。

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』公式サイト
http://yamato2202.net/

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会



PAGETOP