超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』舞台あいさつにシャア&ザビ家が勢ぞろい!「今日はザビ家のお祭りです」

2018/5/6



 シリーズ第6話『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』の上映2日目記念舞台挨拶が、5月6日(日)新宿ピカデリーにて開催に。安彦良和総監督、シャア・アズナブル役の池田秀一をはじめ、浦山迅(デギン・ソド・ザビ役)、銀河万丈(ギレン・ザビ役)、三宅健太(ドズル・ザビ役)、渡辺明乃(キシリア・ザビ役)、柿原徹也(ガルマ・ザビ役)らザビ家キャストが揃って登壇。

 貴重なザビ家の集合に、安彦総監督は「今日はザビ家のお祭りの日ですね」と笑顔を浮かべた。三宅も「こうして並ぶと身が引き締まる思いです」と語りつつ「嬉しくて浮かれてます」と、渡辺は「ギレン兄さんに対して、あんなにきつく当たってごめんなさいという思いです」と、それぞれ笑顔を見せた。シリーズ最終章の公開にあたり浦山は「この4年間は夢のようでした。最初に安彦先生から『デギンは決して悪役ではない。いい人間だ』と言っていただいて。先生の言葉を思い出しながら演じました」と、シリーズを振り返った。安彦総監督も「4年間で6作の映像を作りましたが、もっとしんどいと思ってたんですが、皆さんに支えられて幸せな時間を過ごせました。6話の見どころは『ファーストガンダムに繋がってるでしょ?』です」と、作品やシリーズへの想いを語った。

 また、自分以外のセリフで言ってみたいセリフを聞かれた銀河は「揚げ足を取られることが多かったので、やはり『坊やだからさ』ですね」と語ると、池田は「あれは、銀河さんのいい大演説のおかげなので、ありがとうございます」と感謝を伝え、客席から拍手が沸き起こる一幕も。さらに柿原が「第3話の最後のシャアのセリフで、『赤いな、実にいい色だ』というのは台本になくて。初めて『赤い』が出てきた……って、感動しました」と、アフレコの裏話を。

 一方の池田はシャア役について「結構なプレッシャーでした。40年演じた役ですが、初めて言うセリフばかりだし、何十年ぶりに緊張しました」と意外な心境を明かし、「あっという間の4年間ですが、この『THE ORIGIN』はすごい財産になりました。また皆さんとお目にかかれることを願います」とメッセージを述べた。

 ラストは、銀河の発声で「ジークジオン」のコール&レスポンスが行われ、大いに盛り上がりをみせてイベントは締めくくられた。


<『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』情報>
全国35館にてイベント上映中(4週間限定)


【あらすじ】
宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムで、ジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し、戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、“赤い彗星”の異名をとる。ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく“V作戦”を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。

 【スタッフ】
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) 漫画原作:安彦 良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和、ことぶきつかさ オリジナルメカニカルデザイン:大河原 邦男
メカニカルデザイン:カトキ ハジメ、山根 公利、明貴 美加、阿久津 潤一 総監督:安彦 良和 企画・製作:サンライズ
配給:松竹

【キャスト】
シャア・アズナブル:池田秀一 アムロ・レイ:古谷 徹
デギン・ソド・ザビ:浦山 迅 ギレン・ザビ:銀河万丈ドズル・ザビ:三宅健太 キシリア・ザビ:渡辺明乃
ガルマ・ザビ:柿原徹也 ガイア:一条和矢 オルテガ:松田健一郎 マッシュ:土屋トシヒデ
ヨハン・I・レビル:中 博史 マ・クべ:山崎たくみ セイラ・マス:潘 めぐみ カイ・シデン:古川登志夫 ブライト・ノア:成田 剣 
フラウ・ボゥ:福圓美里 ミライ・ヤシマ:藤村 歩
ハヤト・コバヤシ:中西英樹 リュウ・ホセイ:田中美央 ナレーション:大塚明夫

公式サイト
http://gundam-the-origin.net

©創通・サンライズ



PAGETOP