超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「温泉むすめ」下呂美月役・佐伯伊織インタビュー前編 ― 「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」で一人4役に挑戦。しかし、本人はレコーディングまでその事実を知らなかった!

2019/5/16


 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与える活動を行うプロジェクト「温泉むすめ」。北は北海道、南は鹿児島でイベントを行うなど、プロジェクトのコンセプト通りに全国を盛り上げている。また、プロジェクトが始動してから約2年の間、数々の楽曲が制作され、ライブでも披露されてきた。数ある楽曲のなかでもライブでぽか旦那・ぽか女将(『温泉むすめ』を応援する方々のこと)のボルテージを沸騰させ、盛り上げてきたのが「温泉むすめ」の名刺代わりと言われている「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」。これまではBlu-rayの特典として付属していたプレイパスのみでダウンロードできた本曲だったが、5月10日よりiTunes、LINE MUSIC、Google、YouTube MUSIC、Amazon、mora、レコチョクほかで配信がスタート。今回配信されたのは、下呂美月役の佐伯伊織が歌唱している一人4役バージョンだ。

 超!アニメディアでは配信を記念し、歌唱を担当している佐伯さんにインタビュー。前後編に分けて紹介する。前編では、一人で4役(4パート)を歌唱した本曲に対する想いや、ライブでのおすすめの盛り上がり方などについてお話いただいた内容をお届け。

下呂美月役の佐伯伊織

――本日はよろしくお願いします。楽曲のお話をする前に……まずは演じられる温泉むすめ・下呂美月について紹介をお願いします。

 はじめまして!と言えばいいんですかね(笑)。下呂美月ちゃんはですね、「温泉むすめ」から生まれた9人組のグループ「SPRiNGS」の一員です。3つのキーワードで表現すると「オタク、美少女、眼鏡」という子です!

――なるほど(笑)。

 それぞれのキーワードを説明していきますと……まず下呂ちゃんは普段“眼鏡”をかけていて、その姿も十二分に可愛いのですが、眼鏡をはずすとよりキラキラした “美少女”になるんです。ただ、彼女は“オタク”。アニメ鑑賞やゲームが好きで、家で引きこもってはアニメ鑑賞をしているという子なんですよ。あと、ネット事情に詳しく、ブログやSNSなどインターネットカルチャーにも精通している、時代の最先端を生きている子ですね。性格は引っ込み思案で人と関わるのがちょっと苦手なんですけども、好きなことになると饒舌になります。私に語彙力がなくて表現しきれないけど、とにかく可愛い子です!

――そんな下呂美月と共感できる部分は?

 私も外より家にいるのが好きで、家で何時間もゲームするタイプなんです。また、アニメ鑑賞で1日が終わるっていう日もあるし、何と言っても好きなことになると饒舌になるってところがすごく似ているんですよね。演じていて「もう私なんじゃないか、これ」というくらい「わかる、わかるよ下呂ちゃん!」と共感する部分が多いです。私が下呂ちゃんの声を担当するのは二代目(※)なので、演じてからまだ1年ほどですが、最初からずっと親近感が沸きまくりです。

(※)「温泉むすめ」公式サイト参照 https://onsen-musume.jp/news/3925

――佐伯さんが下呂美月を演じると発表されたのは2018年5月19日に開催された「温泉むすめ 3rd LIVE “NOW ON☆SENSATION!! Vol.3”〜ワイワイワッチョイナ!!〜」でしたね。

 もうすぐ1年。もうそんなに経つんだなぁ。私が下呂美月、そして「SPRiNGS」の一員として活動し始めたのもこのライブからだったのですが、メンバーの皆さんが最初から歓迎ムードで仲良くしてくださいました。だから、今日まで「SPRiNGS」での活動が楽しくて、あっという間でしたね。

――いきなりライブでの登場で不安はなかった?

 いえ、ありましたね。今考えてみればライブの前はすごく緊張していた気がします。私たち声優は声でキャラクターに命を吹き込むのが仕事。キャラクターが第一なので、私情はあまり挟まずに下呂ちゃんのことだけを考えて精一杯歌い、演じればいいと思っていたのですが、ライブ前になると私個人の不安な気持ちがどうしても湧いてきちゃって……。それでも、ライブスタート前のオープニング映像で下呂美月役・佐伯伊織と発表されたときに、ぽか旦那・ぽか女将の方々が「わー!!」って声を挙げて盛り上げてくださいました。あの反応があったから、「よしっ!」という気持ちになれたんです。だから、皆さんには「ありがとうございます」と伝えたいですね。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP