超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「温泉むすめ」の楽曲「追伸、ありがとう」配信記念! 飯坂真尋役の吉岡茉祐にインタビュー、かつて苦手だったアイドルを尊敬するようになった理由とは

2019/4/23


 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与えるアイドル活動を行うプロジェクト「温泉むすめ」。北は北海道、南は鹿児島でイベントを行うなど、プロジェクトのコンセプト通りに全国を盛り上げている。プロジェクトが始動してから約2年。本コンテンツに関わり支えてくださった方々に感謝を伝えたい、という想いからある楽曲が制作された。タイトルは「追伸、ありがとう」。「手紙」をテーマにした「歌」でぽか旦那やぽか女将(「温泉むすめ」を応援する方々のこと)をはじめとするコンテンツに関わる方々への感謝を伝える。

「追伸、ありがとう」は2019年4月26日(金)より配信スタート。今回は過去に大きな震災を経験した地域の温泉むすめたちから代表して、福島県の温泉むすめ・飯坂真尋役の吉岡茉祐、二度の震災に見舞われた熊本県の温泉むすめ・阿蘇ほむら役の髙橋麻里と人吉青井役の青山吉能が本曲を歌唱し、各地を応援する。

 超!アニメディアでは、配信のスタートを記念して、飯坂真尋役の吉岡さんにインタビュー。演じる温泉むすめのこと、アイドルへの想いやいま「ありがとう」を伝えたい人についてうかがった。

飯坂真尋役の吉岡茉祐

――吉岡さんが演じられる飯坂真尋について紹介をお願いします。

 私が演じる飯坂真尋ちゃんは福島県の温泉むすめです。飯坂には「飯坂けんか祭り」っていう有名なお祭りがあり、それにちなんで真尋ちゃんも活気あふれる、オラオラの元気系キャラクターで姉御肌的な性格をしているんですよ。私は男勝りなキャラクターを演じるのが好きなので、楽しく演じております。

――「温泉むすめ」は、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与えるアイドル活動を行うプロジェクトですが、歌ったり、踊ったりするのは好きですか?

 好きですね。しかも、歌って踊ってというのはずっとやってきたことなので、急になくなるには寂しくて。培ってきたものをどこかで披露したいという気持ちもあるので、歌えるというのはやっぱり嬉しいです。

――福島県に行ったときの思い出を教えてください。

 私が福島県郡山市でイベントをやったのが2018年3月11日。まだ福島は寒かったのですが、東北の方々の想いがあたたかくて、強くて、歓迎していただけたのを覚えています。美味しいものも食べられたので、とても思い出深い一日なりました。また、「温泉むすめ」に関わってからは、いわき市にあるスパリゾートハワイアンズでもイベントをしました。出身地じゃない場所って「行こう!」と思わないとなかなか訪れないじゃないですか。だから、イベントなどをきっかけに福島という場所に巡り合えてよかったなと思っています。とても素敵なところなので、これからも足を運びたいですね。プライベートでも飯坂温泉に行こうという計画も立てています。(※インタビューは9月14日の飯坂温泉のイベントが決定する前)

――おぉ!

 勝手に行っていいのかわからないので、大人の方の様子を伺いつつ、ね(笑)。でも行きたいです。温泉もあるんだからなおさら行きたい。

――温泉は好き?

 好きです。たまに足湯が設置されている駅ってあるじゃないですか。用事がなくても、そういう駅に降りて足湯に入ることがあります。宮城県の女川駅っていうところにも足湯があるんですよ。あそこの足湯は震災の後、一度立て直しています。今も、とても綺麗な場所です。寒い時期に行っても足だけあったかくて不思議な感覚になりました。足湯、大好きです。

――温泉むすめは全国の温泉地を盛り上げるためにアイドル活動をしています。そのようなアイドルとしての活動についてはいかがですか?また、アイドルについてはどのようにお考えですか?

 実は声優活動を始めた頃はアイドルが苦手だったのですが、自分自身がアイドルのキャラクターを演じて、またお仕事をしていくうちに少しずつアイドルに対する考え方が変わっていきました。歌やパフォーマンスでたくさんの人についてきてもらうのって大変なことだし、イベントやライブでのあの一体感を生むためにはどれだけ努力してきたのか……。考えれば考えるほど半端な気持ちじゃアイドルを続けられないって感じるようになりました。

――自分がアイドルのキャラクターを演じたからこそ、分かってきた、見えたことがある。

 あります。今はアイドルのことを尊敬しています。

――そういった経験や考え方はこれからの「温泉むすめ」の活動でも活かせそうですね。

 そうなるといいなと思っています。

ーー今回、「温泉むすめ」の活動のひとつとして、「追伸、ありがとう」のレコーディングをされました。先ほどレコーディングを終えたばかりですが、今の率直なお気持ちをお聞かせください。

 まず、この曲をいただいたとき、曲調的にはすごく難しそうだなと思いました。「追伸、ありがとう」のようにミドルテンポな曲はバラードほど感情も乗せやすくない、でもリズミカルにしすぎてもいけない、ちょうどいいバランスを取らなきゃいけないんです。以前から「技術がいるんだよ」と色々な方から言われる曲調でもありました。だからこそ気合も入りました。

――レコーディングは順調でしたか?

 1時間30分くらいだったかな。私、最速で30分でレコーディングを終えたことがあるんです。その記録は自分のなかのレコードタイムなのですが、今回は録り直しもしつつ、じっくりとレコーディングしました。満足のいく仕上がりになったと思います。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP