超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』ジャンヌ役の大野柚布子とフィリップ役の高田憂希にインタビュー! キャッチコピーは「ミニマム戦士」と「やる気と元気と勇気がある淑女」?

2018/9/19


 2018年10月7日(日)よりTOKYO MXほかにて放送開始予定のTVアニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』。『織田信奈の野望』などを執筆する春日みかげによるライトノベルを原作とした本アニメは百年戦争前後の出来事について史実に基づきつつも錬金術といったファンタジー要素も加え、もう一つの「ジャンヌ・ダルク」の物語を描いた作品である。

 放送に先駆けて2018年8月3日には『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』公式ニコ生「“紳士”発掘計画」を放映。司会に天津向、ジャンヌ・ダルク役の大野柚布子、アスタロト役の東城日沙子、フィリップ役の高田憂希を迎え、キャラクターの紹介やアニメの最新情報の公開、また番組をご覧のユーザーの皆様から”紳士”を発掘するための様々な企画を行った。

 今回はニコ生の放映を終えた直後の大野さん・高田さんにインタビュー。作品に関することのほか、お互いの印象など、同事務所に所属する二人ならではの質問についてお答いただいた。

ユリシーズ(左から)ジャンヌ・ダルク役の大野柚布子、フィリップ役の高田憂希

史実をもとにしつつファンタジー要素が入っている世界観に引き込まれる

――ニコ生「ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士」公式ニコ生「“紳士”発掘計画」への出演、お疲れ様でした。出演してみていかがでしたか?

大野:高田さんとは以前にも本作に関するイベントでご一緒したのですが、東城さんとは初めてアフレコ以外でも共演するので新鮮でした。東城さんはすごく愉快な方だと思いましたね。

高田:おそらく、まったく同じことを思われているよ(笑)。

大野:確かにそうかもしれないですね(笑)。もっとクールな方かと思っていたのですが、一緒にいてとても楽しくなる方でした!

――司会をされていた向さんはいかがでしたか?

大野:面白かったです。顔を見ると笑っちゃって……すみませんでした(笑)。でも、私のボケも受け止めてくださって、とてもありがたかったです。

高田:向さんがいないと成立していなかったかもしれないよね。それくらい私たちの話を拾ってくださるし、盛り上げてくださる、お会いする度に素敵な方だなと思っています。放送中は色々といじってしまい申し訳ございませんでした(笑)。

ーーそんな高田さんはニコ生に出演してみていかがでしたか?

高田:アニメ『ユリシーズ』初のニコ生ということで、PVの第二弾が初公開されたり、キャラクター紹介をしたりで作品の雰囲気をお伝えすることはできたのではないかと思っています。あと、アフレコ現場以外でキャストの方とお話することによってそれまでとは違う一面を知ることができて楽しかったですね。大野ちゃんとは二回目ですが……すごかったです。元々噂には聞いていた子だったのですが、改めて「これはマウス(プロモーション)も安泰だな」と思いました。本当にとてつもない後輩が事務所に入っているので、私も頑張らないと!

――高田さんもきっとそのマウスのすごい人の一人ですよ!

高田:とんでもねぇ!

野:先輩を見ていていつもすごいなと思っています。

――そもそもお二人の関係性は?

高田:大野ちゃんのほうが二期分下の世代になるのかな? 私は「パワフルな子が入ってきた」「小さな怪物が入ってきた」と聞いていてどんな感じの子なのかとワクワクとドキドキでいっぱいだったので、今作で共演できてよかったです。

大野:高田さんはとても元気で賑やか、エネルギー消費が多そうな方だなと思っていましたがそのイメージ通りでした(笑)。ただ真面目で細やかな気配りもできる女性なので、憧れている方の一人です。

高田:ありがとう!

――確かに、今回のニコ生でもいろいろな場面で気配りをされていました。パッション淑女、って感じがしました。

高田:どういうこと(笑)!?

大野:パッション淑女……いいですね!

高田:そんな言葉の組み合わせ聞いたことないわ!

――心からの誉め言葉です!

高田:ありがとうございます(笑)。

ユリシーズ

――先ほどから話にも挙がっていますが、今回のニコ生はアニメ『ユリシーズ』の公式番組でした。ニコ生でもお話されていましたが、改めて本作の世界観や物語を教えてください。

高田:舞台としては百年戦争、史実でも本当にあった出来事を軸に話が進みます。主人公のモンモランシはフランス公国の大貴族の息子で、騎士になるための養成学校に通いつつも錬金術や魔術に興味を示して、「賢者の石」にまつわる研究に没頭します。学校では多くの騎士・姫騎士候補に囲まれて充実した日々を送っていました。ただ、「アザンクールの戦い」と呼ばれる戦でフランスが大敗しパリが陥落したことで、騎士養成学校は閉鎖、彼もすべてを失いお尋ね者の錬金術師となります。

大野:その後、逃亡した先の村で出会うのがジャンヌという少女。そこから何とか戦争を鎮められないかというモンモランシと不思議な少女・ジャンヌの物語が動き始めます。

――史実をもとにしながらも錬金術などのファンタジー要素も入っているんですね。その物語においてお二人が演じられるキャラクターについて教えてください。続きを読む



PAGETOP