超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE-vs VARIA partⅠ-好評上演中!山本涼介&髙﨑俊吾が語るキャラクターの魅力「スクアーロは“にぎやかし”の部分も担いつつ、ちゃんと“悪役”でいないと」【インタビュー】

2019/6/20


 2018年6月に初演が行われた「『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE」。その第2弾公演は、原作でも人気の「vsヴァリアー編」を描く物語だ。アニメディア7月号では「vsヴァリアー編」で直接対決をする山本 武役の山本涼介とS・スクアーロ役の髙﨑俊吾のふたりを、初稽古を終えたばかりというタイミングで直撃。超!アニメディアでは、現在公演中の本作にかける意気込みなど本誌に入りきらなかった部分を含めたロング版と、撮り下ろし写真と合わせてお届けする。

――まずは初稽古、お疲れ様でした! おふたりは、今作が初共演だそうですね。

山本 そうなんです、今回が初めましてですね。

髙﨑 今まではそんなに共通点はなかったんですよね。これから先、共演の機会も増えたらいいな、と思います。

――『家庭教師ヒットマンREBORN!』the STAGE(以下、リボステ)は、昨年6月に初演が行われました。山本さんは前作に続いての出演です。

山本 初演のときから続編もやりたいとみんなで話していたので、決まったときはめちゃくちゃうれしかったです。僕自身、山本武がすごく好きなキャラクターですし、またこうやって演じることができるのは本当にありがたいことですね。もちろん、前作と同じキャラクターを演じるからには、前作以上のものを見せなければいけないという思いもありますから、いい意味でプレッシャーもあります。

――髙﨑さんは、今回がリボステ初出演になります。『家庭教師ヒットマンREBORN!』という作品にはどんな印象がありますか?

髙﨑 僕が中学生時代に原作漫画が連載されていた作品ですし、僕自身もリアルタイムで読んでいたので、携われることが決まって、純粋にすごくうれしかったです。初演が発表されたときは、リボーンをどうやって演じるんだろうと思ったのが、すごく印象に残っていますね。

――おふたりは『家庭教師ヒットマンREBORN!』という作品のどんなところが魅力だと思いますか?

髙﨑 ツナが周りからいろんな影響を受けて、どんどん成長していく物語がいいなと思います。

山本 ツナの成長物語であるところは、やっぱり魅力的ですよね。ボンゴレファミリーもヴァリアーも、どちらもがツナに影響を与える立場なので、舞台でもツナにいい刺激を与えられるようにやっていきたいです。

――リボステでは山本さんが髙﨑さんの先輩になるわけですが、髙﨑さんは今の段階で山本さんに何か聞いてみたいことはありますか?

髙﨑 初演はアニメのOP曲を使っていますよね。あれが流れると、それだけでテンションが上がると思うんですが、実際いかがでしたか?

山本 すごく上がりますよ! 自分がステージに出るときにOP曲がかかっていることで、ものすごくハイな気持ちになります。毎日のようにそこではテンションが上がっていましたね。

髙﨑 本番中にそうして上がれることってなかなかないから、楽しみですね。

続きを読む



PAGETOP