超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

舞台劇「からくりサーカス」完結編開演!大西桃香&飯田里穂が2人で4役のWキャストで出演「お互いに自分にない表現を持ってる」【レポート】

2019/10/10


 10月10日(木)、東京・新宿FACEにて、舞台劇「からくりサーカス」〜デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)編」の囲み取材とゲネプロが行われ、深澤大河、滝川広大、大西桃香(AKB48)、飯田里穂、小坂涼太郎、横尾瑠尉、大崎捺希、村田洋二郎が登壇。


 主人公の少年・才賀勝役の深澤は「前回は守られる側だったのが、今から戦う方に回るので、頑張って戦いたいと思います」とコメント。加藤鳴海を演じる滝川は、「本当に辛かったですね。いろんな人たちが自分のためにみんなが命を譲って死んでいったり、子供たちが苦しそうだったり」と前作を振り返り、「(原作者の)藤田(和日郎)先生の思い舞台上からお客様に届けられるよう頑張ります」と語った。

 エレオノール、アンジェリーナ、フランシーヌ、フランシーヌ人形の4役を演じる大西は「前作では一緒にできなかった飯田里穂さんと一緒に舞台に立てるのが、すごくうれしいです」と語り、「この作品は、どんな形であれ、大きな愛でできている作品だと思うので、自分なりに表現していきたいと思います」と意気込みを。Wキャストの飯田は「いろんな人が愛に向き合っていたり、登場人物同士の熱い思いも最後までしっかりと描かれているので、楽しんでいただければと思います」と見どころを明かした。

 今回から出演する才賀正二役の横尾は、登場キャラクターについて「すごく魅力的なキャラクターばかりで、登場人物の魅力を伝えようと頑張っています。それが伝わればいいなと思います」とコメント。さらに、前作を客席で観たという才賀貞義役の大崎は「まさか自分が今回この板の上に立たせてもらえると思ってなかったので、心から嬉しく思っています。ジェットコースターのような作品で、一瞬も気の抜けない内容になっているので、楽しみにしてください」と語った。

 フェイスレス役の村田は見どころについて「愛だと思っております。まず藤田先生の愛からこの作品が生まれ、それを愛する読者の方がいて、舞台を作ろうと思ったスタッフがいて、僕たち役者が衣装を着て舞台に上ることができます。作品自体も愛を語っている場面が多いので、それがとてもいびつな愛だったりもするのですが、いろんな愛の形があるなと思いながら、演じています」と語った。

 今回、4役をWキャストで演じることについて、大西は「私とリッピさん(飯田)は性格が真逆ですし、リッピさんが演じている姿を見ていて、自分に持っていない表現を持っていて流石だなと思います。リッピさんの思い切った演技が大好きなので、見習いたいです」と明かすと、飯田も「性格や考えてることも真逆で、自分にない表現を持ってるなと、前作から思っていたので、それを話し合いながらやらせてもらってます。4役は大変だけど、Wキャストで桃ちゃんとできたことは、良かったなと思います」と語った。

 新宿FACEはプロレスなどの試合も行われるライブハウスで、円形のステージを囲むように客席が配置されている。前回公演にも出演した白金(バイジン)役の小坂は「前回やったからいけるだろうっていう雰囲気が稽古場であったんです。『360度OKOK』って。でもトラちゃん(深澤)と2人のシーンを稽古していた時に言ったのが、『360度ムズいね』って。でも難しい分、いいものができたと思います」と明かした。

 最後に深澤が「藤田先生の魂がこもった作品だと思うので、会話にも熱いものがあるので、生の人間が演じるから熱さを届けることができると思います。新しく入った方たちと、サーカスを見事にフィナーレさせたいと思いますので、来るお客様はサーカスに来たんだという思いで楽しみにして待っていていただけたら嬉しいです」と、ファンに呼びかけた。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈舞台劇「からくりサーカス」〜デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)編」情報〉
【日程/会場】 東京公演:2019年10月10日(木)~19日(土)/新宿FACE

【STORY】
己に課された運命と戦うことを決意した少年、才賀 勝、 しろがねとなりながら も自身の生き方を貫き自動人形と戦う青年、加藤鳴海、 数奇な運命に翻弄されなが ら、勝と鳴海により人間的な感情を取り戻したしろがね、エレオノール。 3人を取 り巻く運命は200年前から始まる長い長い物語と複雑に絡み合い、加速度をあげて ゆく。 ゾナハ病とは?しろがねとは?自動人形とは? 全ての謎、全ての想い、全 ての記憶が収束する。 舞台劇「からくりサーカス」ここに完結。

【キャスト】
才賀勝:深澤大河/加藤鳴海:滝川広大
エレオノール, アンジェリーナ,フランシーヌ,フランシーヌ人形:大西桃香〈AKB48〉
エレオノール, アンジェリーナ,フランシーヌ,フランシーヌ人形:飯田里穂

阿紫花英良:健人/ジョージ・ラローシュ役:井翔二郎※/ジョージ・ラローシュ:山﨑晶吾※
ジョージ・ラローシュ:松田周※/ギイ・クリストフ・レッシュ:越智友己/あるるかん:三枝奈都紀

白金:小坂涼太郎/才賀正二:横尾瑠尉/才賀貞義:大崎捺希

パンタローネ:塚本拓弥/アルレッキーノ:松本寛也/コロンビーヌ:花奈澪/ハーレクイン:田中彪
カピタン・グラツィアーノ:稲垣成弥/ブリゲッラ・カヴィッキオ・ダ・ヴァル・ブレンバーナ:田中尚輝
ディアマンティーナ:鈴木桃子 フェイスレス役村田洋二郎
※はトリプルキャストとなります。

【スタッフ】 原 作:藤田和日郎「からくりサーカス」(小学館 少年サンデーコミックス刊) 脚本演出:村井雄(KPR/開幕ペナントレース) 主催:舞台劇「からくりサーカス」製作委員会(Office ENDLESS/ツインエンジン/ローソンチケット

舞台劇「からくりサーカス」公式サイト
http://officeendless.com/sp/karakuri/

Ⓒ藤田和日郎・小学館/舞台劇「からくりサーカス」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP