超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『映画HUGっと!プリキュア♡ ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』主題歌を担当する五條真由美が“プリキュア”を振り返る -「一緒に歩んできました」

2018/10/27


 シリーズ史上最高の55人が大活躍する「プリキュアオールスターズ」の劇場版最新作『映画HUGっと!プリキュア♡ ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』。プリキュアシリーズ15周年にふさわしい本作の主題歌は初代オープニングテーマである「DANZEN! ふたりはプリキュア」の歌詞を一部変更しアレンジし直した曲「DANZEN! ふたりはプリキュア〜唯一無二の光たち〜」で、歌うのはもちろん、五條真由美である。

 今回は五條さんにインタビューを敢行。主題歌のことに加えて、プリキュアシリーズに対する想いなどについてうかがった。

五條真由美

――『映画HUGっと!プリキュア♡ ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』にて、再び「DANZEN! ふたりはプリキュア」を歌唱することとなりました。主題歌を担当すると聞いたときはどのようなお気持ちでしたか?

まさか歌うことになるとは……という気持ちでいっぱいでした。しかも「DANZEN!」は初代『ふたりはプリキュア』、そして『ふたりはプリキュア Max Heart』でも歌わせていただき、今回が3バージョン目になります。プリキュアに関わった当初は3バージョンも歌えるなんて思ってもいなかったので驚いていますし、光栄なことだなと思っています。

ーー「DANZEN! ふたりはプリキュア」は初代の放送当時も相当な反響があったかと思います。

そうですね。あの頃、ちょうど番組名を連呼するアニメ主題歌が少なくなっていた時期だったので、衝撃的だったと言われていました。それが大きな反響にも繋がったと思います。

――そんな多くの人に愛される「DANZEN! ふたりはプリキュア」。今回の映画バージョンの聞きどころを教えてください。

間奏の部分で歴代プリキュアのタイトルをコールするところですね。歴代プリキュアが登場する本作ならではで感動的ですし、15年の重みを感じられる部分でもあると思います。

プリキュア

――レコーディングはいかがでしたか?

「DANZEN! ふたりはプリキュア」はこれまでライブなどで何度も歌ってきた曲です。ただ、ライブではハンドマイクで歌うので、レコーディングマイクだと何だか違和感がありました(笑)。

――慣れているはずなのに、慣れない感覚?

そうです。勝手が違ったので少し緊張しました。また、それだけ歌ってきた曲だけに慣れみたいなものもあって。当時レコーディングしていたときとは歌い方がちょっと変わっている部分があるんですよ。ただ、今回映画館でたくさんの方に聞いていただくうえでやっぱり「DANZEN! ふたりはプリキュア」からかけ離れすぎたくはないなと思ったので、極力当時の歌い方を心掛けました。とはいえ15年経った違いもないといけないので、そこはレコーディングで悩んだ部分です。

――変えない部分と変えなければいけない部分があった。

そうですね。15周年らしい歌詞にアレンジされている部分はあれど、同じ人が同じ曲を歌うという意味はあると思ったので、ガラッと変えるのは違うのかなと。その点は意識しながらレコーディングしました。

――「DANZEN! ふたりはプリキュア」をはじめ、五條さんはさまざまなアニメの主題歌を歌っていらっしゃいます。アニメ主題歌を歌う際に特別意識されていることはありますか?
続きを読む



PAGETOP