超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

歌手デビュー50周年を迎える堀江美都子の“平成ソング”を集めたアルバムが発売中。50年間第一線で活躍できた秘訣とは?【インタビュー】

2019/5/29


 アニメ作品の主題歌を数多く担当し、アニソンシンガーの第一人者である堀江美都子が、平成時代に歌った楽曲を集めたベストアルバム『平成の堀江美都子』をリリース。30年間の平成時代に、堀江は音楽や技術の変化をどう考え、どう捉えて歌ってきたのか。その思いについて語ってもらった。


自分は昭和のシンガーだと思っていた

――リリースされた『平成の堀江美都子』は、平成時代の楽曲だけを切り取るという、堀江さんだからこその企画という印象です。

 2019年は、私のデビュー50周年ということもあり、年間を通してアルバムをリリースしようという企画が持ち上がりました。今までにもベストアルバムをリリースさせていただいているのですが、今回は記念ということで、今までのベストに入っていなかった新しいものを含めて作ったらどうだろうという話になりまして。そこで、元号も変わるしキャッチーだからということで、『平成の堀江美都子』というタイトルが決まったんです。改めて振り返ると、50年の活動のうち、30年が平成なんですよね。自分は昭和を歌ってきている印象が強かったので、平成のほうが長いというのは少し意外でした。

――アルバムを出すということが決まったときの感想はいかがでしたか?

 もちろんうれしかったです。50年間活動をしているからといって、必ずCDが出せるわけではない。そんななかで、記念の年だからということではあるけれど、リリースをさせていただけるのはとても幸せなことです。しかも、作品のOPやEDなど、ある程度みなさんに知っていただけている曲から収録曲を選べるわけですから、本当に恵まれているのだなと感じています。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP