超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「CRY」が「MAX」というネガティブな言葉に込められた”子供たちへのリスペクト”ーNormCore 4thシングルインタビュー

2019/2/13


 『EVIL OR LIVE』『一人之下 羅天大醮篇』『名探偵コナン』のOPテーマ曲を務めてきたシンフォニックロックユニット・NormCore。2019年最初に発売する4枚目のシングル「CRY MAX!!」も『デュエル・マスターズ!』のEDテーマ曲に抜擢され、さらに活躍の場を広げている。今回はボーカルを務めるFümiにインタビュー。「CRY MAX!!」という言葉に込めた”子供をリスペクトする”という想いや、人気ボカロP “”れるりり””との楽曲作りについてお話をうかがった。

ーー2018年は2曲のシングルを発表したほか、イベントやライブなどさまざまな活動も精力的に行われていました。ご自身にとってどういう一年になりましたか?

『一人之下 羅天大醮篇』『名探偵コナン』と2つのアニメ作品のタイアップ曲を歌わせていただいたり、ワンマンライブも3回開催し、さらには中国にも3回イベントに出演させていただき、自分の活動にさらに弾みをつけられた一年だった気がします。

ーーなかでも印象に残っている出来事は。

『名探偵コナン』のOPテーマ曲であった「カウントダウン」の発売に併せて行ったリリイベで各地を回ったことですね。スケジュールがぎゅっと詰まっていたということもあって思い出深いものになりました。

ーー楽しくもあり、忙しくもあり?

そうですね(笑)。反響も大きかったので嬉しかったです。

ーーそんな2018年の活動を経て、2019年一発目に発表されるタイトルが「CRY MAX!!」。今回は朝の時間帯に放送されているアニメ『デュエル・マスターズ!』のEDテーマ曲ですね。お話をいただいたときはいかがでしたか?

おっしゃる通り、朝の時間帯のアニメの曲ということでこれまでとは違う、新たな挑戦になるなととらえていました。併せてその時間帯のアニメの曲をNormCoreが担当できるという嬉しさもありましたね。

ーー朝の時間帯のアニメ、しかもエンディングですがこれまで発表された以上にバンドサウンドが強く、キャッチ―な曲だなと感じました。

エンディングというお話は最初からいただいていたのですが、朝の時間ということもあったので、あまりしめっぽくならないようにしたいと思ったんですよね。

ーー作曲は人気のボカロP・れるりりさんが担当されています。

れるさん(れるりり)と飲んでいるときに「今回の曲はイントロからギターで刻んで、Aメロはラップっぽい感じにしようと思っているんです」と口頭でイメージを伝えたんです。それから、じゃあサビはどんな感じに、などの会話を終電くらいまでして。そうしたら次の日の昼頃には一発目の曲が送られてきました。会話していたときにイメージしていた通りのデモがあがってきたので驚きましたし、胸が熱くなってテンションが上がりましたね。

ーークリエイター同士の熱い語り合い……。憧れます。カッコいいです。

いやいや、照れますね(笑)。今回の曲は基本的にはれるさんが作られたサウンドを補正せず、アウトプットすることを意識しました。れるさんのことを信じて、自分の型にはまらないようにしました。続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP