超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『名探偵コナン』OP曲でメジャーデビューのdps「70年代のフォークソングを意識して作りました」【インタビュー】

2018/11/9



 TVアニメ『名探偵コナン』の新OPテーマ「タイムライン」を歌う関西在住の4人組ロックバンドdps。曲に込めた気持ちや、“コナン愛”について直撃したインタビューが「アニメディア10月号」に掲載中。「超!アニメディア」では、掲載できなかった部分を含めたロング版をご紹介。

デジタル社会に警鐘を鳴らし、コナンくんの時間のすれ違いを表現

──メジャーデビューが人気アニメ『名探偵コナン』OPテーマであることについて、どんなお気持ちですか?

木村
 メジャーデビューというのは、個人的にはずっと憧れていて夢でもあったので、今はうれしい気持ちでいっぱいです。それと同時にプレッシャーや不安もありますが、それ以上に気合いも入っていますし、これからどんなことが待ち受けているのか、楽しみでワクワクしています。『名探偵コナン』のOP曲ということについては、まさかよく観ているアニメのOP曲で自分の声が流れる日がくるとは思っていなかったので、自分が一番ビックリしています。

森丘 国民的なアニメのOPテーマに選んでいただいて、本当に光栄に思っています。僕自身『コナン』を読んで観て育ったのでTVで流れるのが楽しみでした。メジャーデビューに関しては、当然自分だけの力ではなく、メンバーやスタッフの方々、家族や友人、dpsのファンのみなさんのおかげなので、少しでも音楽でお返ししていきたいという気持ちです。

安井 音楽をはじめたときの目標が、メジャーデビューとアニメのテーマソングを担当することだったので、これからが楽しみで仕方がないです!

川村 たくさんあるアニメのなかでも『名探偵コナン』は、観ている方の層が特別に広いと思うので、自分たちの楽曲が子どもから大人まで、いろいろな人たちの耳に届くのは本当に光栄です。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP