超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『けものフレンズ』サーバル役・尾崎由香×アライグマ役・小野早稀が2ndシングルとアルバムについて語る!「今回も間違いなく“神曲” です!」

2017/12/12


左からアライグマ役・小野早稀 、サーバル役・尾崎由香(撮影=髙旗弘之)

 2017年のアニソン界を席巻した、TVアニメ『けものフレンズ』のOPテーマ「ようこそジャパリパークへ」を歌ったどうぶつビスケッツ×PPPから、サーバル役の尾崎由香、アライグマ役の小野早稀が登場。待望の2ndシングル「フレ!フレ!ベストフレンズ」とアルバム『Japari Café2』について語ったインタビューが『アニメディア1月号』に掲載中だ。「超!アニメディア」では、誌面では掲載しきれなかった本インタビューのロング版をご紹介する。

今回も間違いなく“神曲”
大石さんマジック

ーーどうぶつビスケッツ×PPP2ndシングル「フレ!フレ!ベストフレンズ」がリリースされますね。

尾崎 今回もまた、たくさんのフレンズさんに愛される作品にしようと思って、歌もダンスも頑張りました。

小野 みなさんが応援してくださったおかげで、今回こうして2ndシングルを出せることになりました。キャラクターソングアルバム『Japari Café2』には新しいキャラクターが増えましたし、より“けものフレンズ感”が増した作品になりました。

ーーシングル「フレ!フレ!ベストフレンズ」は、海がテーマ。アニメは、船で出航したところで終わったので……。

尾崎 そこからお話がつながっている感じがしますね。「ようこそジャパリパークへ」は、ここがジャパリパークだよ、みんなおいで! と、みなさんを呼び込む雰囲気でした。今回の「フレ!フレ!」は、一緒に行こうよ! と呼びかけている感じです。聴いてくださるみなさんがフレンズの一員になって、一緒に楽しめるものになっています。一度聴いたら忘れられないキャッチーさがあって、今回も間違いなく“神曲”です!

ーー「ようこそジャパリパークへ」は、アルペンホルンの山っぽい音で始まりますが、今回は船の汽笛とか鐘の音で始まりますね。

小野 そうきたか~! と思いました(笑)。細かいところまで凝っています。フレンズになってくださった方は、自分がかばんちゃんになった目線で聴いていただけたらと思います。

尾崎 何度かイベントで歌わせていただく機会があって。初めて歌ったときは、みなさんも聴くのは初めてだったのに、どんどんかけ声を入れて盛り上がってくれました。歌詞で<君はベストフレンズ>と歌っているのですが、その通りみんながすぐひとつになれる曲ですね。それと<ゴーゴーレッツゴー!>と、チアリーディングっぽく歌うところもあって。

小野 そこは応援歌っぽいですね。元気がないときに聴いて、「今日も頑張ろう!」と思ってもらえたらうれしいです。

ーー「ようこそジャパリパークへ」と同様に、作詞・作曲・プロデュースは、大石昌良さん。

尾崎 大石さんの楽曲は、全部がサビのような忘れられないメロディと歌詞で、全部が聴きどころです。

小野 大石さんの曲は、難しいと思ったことがなくて。

尾崎 わかる! 不思議とすごく歌いやすくて、歌詞やメロディもスッと入ってきます。だからレコーディングも、すんなり終わってしまうんですよ。レコーディングを重ねるほどにオーイシさんのすごさを感じて、「ようこそジャパリパークへ」が、あれだけみなさんに愛されたこともうなずけますね。

小野 これぞ大石さんマジックです!

ーーMVは、曲に合わせて船で撮影されたそうですね。

尾崎 ほぼ全員がMVを撮ること自体初体験で、最初は少し不安があったんですけど、最終的にすごく楽しい撮影でした。

小野 誰も船酔いしなかったよね。

尾崎 MVのなかで海が荒れて船が揺れるシーンは、みんな揺れてるような小芝居をして。船が傾いているつもりで、みんなで「ウワ~」って言いながら動いたりとか。完成したものを見たときは、本当に揺れているみたいになっていて感動しました。

小野 貴重な体験でしたね、甲板で踊ることも普通はないので。ドローンを使った撮影もあって、すごく作り込んだ撮影だったので楽しかったです。

尾崎 それから、MVの監督さんが、RADWIMPSさんの「前前前世」のMVを撮られた方なんです。それもまたすごくうれしかったです。

ーーカップリングの「ファンファン!メロディ♪」は、どうぶつビスケッツ3人の曲ですね。

小野 この曲では私たちどうぶつビスケッツを、どうぶつ界のPerfumeさんに見立てていて(笑)。ポップでかわいい曲だし、キャラクターの個性もすごく出ています。

尾崎 こちらは作詞・作曲・プロデュースがじんさんで、リズムの取り方とか、歌の入り方がけっこう難易度が高かったです。じんさんがボーカルディレクションも担当してくださったのですが、すごく念入りというか、愛があふれたディレクションをしてくださいました。

小野 私が演じるアライさんは、歌をうまく歌おうとはまったく考えないキャラクターで、歌っても“ジャイアンリサイタル”になってしまうんですね(笑)。なので、難しさはあまり感じませんでしたが、とにかく楽しむことを一番に考えて、勢いが出るようにと考えて臨みました。

尾崎 3人のまったく違った個性を楽しんでいただけるものになったと思います。

小野 かけ合いもあるし、セリフの部分もすごく多くて。最初はメロディが付いて歌っていたところでも、レコーディングの本番で「ここはセリフっぽくしてほしい」と、どんどん変わって行って。それで、よりキャラクターの個性が出せたと思います。

ーーPPPの「ファーストペンギン」は、聴いてみていかがでした?

小野 すごく格好いい曲で驚きました。

尾崎 よりPPPの完成度が上がっていて、新たなPPPを楽しんでもらえると思います。

小野 PPPのダンスを早く見たいよね。

ーー「こっちも歌ってみたいな~」とは思いませんでしたか?

尾崎 PPPの曲は、この間カラオケで歌いましたよ、PPPたち本人の前で。セリフもいっぱいあるので、ひとりで全員ぶんのセリフも再現して(笑)。

小野 ほかのキャラクターのまねをするのは楽しいよね! 私は、レコーディングのとき、曲中のセリフの尺感を確認するために、ほかのキャラクターのぶんも含めて1曲全部をツルッと歌うことがけっこうあって。そのときにほかのキャラクターを声まねして歌うと、スタッフのウケがすごくいいんです。「うまい!」って褒めていただけたり(笑)。

ーーシングル初回限定盤Bには、「ようこそジャパリパークへ」のサーバルソロバージョン、アライさんとフェネックのデュエットバージョンも収録されています。

尾崎 「ようこそジャパリパークへ」は、全員が一度フルで歌ってから、それぞれのパートから抜粋したものを組み合わせて1曲にしていて。これは1年前に収録したそのときの音源を、セリフ以外は録り直さずそのまま収録しています。私にとっては、キャラソンを歌ったのもレコーディングしたのも人生初のことだったので、とても思い出深い音源なのですが……改めて聴くと役作りは手探りだし、恥ずかしさもありつつ初心に還らされる気持ちです。新人感タップリの部分も含めて、初期サーバルちゃんを味わっていただけたらうれしいです。

小野 このレコーディングのときはアフレコが始まる前だったので、役作りもまだ固まっていない状態で、大石さんとすり合わせながらやったことを覚えていますね。このときにできたキャラが、アニメ本編にも活かされています。「アラフェネver.」も恥ずかしいですが、まだ慣れていないフレッシュ感を味わってほしいです。

ーーデュエットといえば、キャラクターソングアルバム第2弾『Japari Café2』には、かばんとサーバルのデュエット曲「なかよしマーチ」を収録していますね。

尾崎 客観的に見て恥ずかしくなるくらい、サーバルとかばんの仲むつまじさが出ている曲です。私はかばん役の内田彩さんが先に歌ったものを聴きながら録ったんですけど、初めてのデュエットなのにすんなりと入っていけて。これも一度一緒に冒険を乗り越えてきた関係なだけのことはあるなと思いました。アニメが終わって「けもフレロス」になっている方は、これを聴いて新しい冒険がやってくる日を心待ちにしてほしいです。

ーーアライグマ&フェネックの「マイペースちぇいさー」はいかがでしたか?

小野 アライさんとフェネックによる、アニメから飛び出したようなかけ合いが聴きどころです。何も知らない方が聴いても、フェネックとアライさんの関係性をわかってもらえる歌詞になっています。もしライブで歌う機会があったら、ぜひみなさんでタオルを回しながら盛り上がりたいです。

ーー今年は『けものフレンズ』がアニメ界を席巻して、アニメが終わってもその人気ぶりは持続しています。

尾崎 小さなフレンズさんから大きなフレンズさんまで、ご家族で楽しんでいただけるものになるとは、1年前は想像もしませんでした。深夜のアニメが、まさか家族で楽しんでいただけるものになるなんて! きっと、いろいろな楽しみ方ができる作品だったのかなと思います。小さいお子さんはフレンズのかわいさを楽しみ、大人は世界観の裏にある謎に興味をひかれたのだと思うし。

小野 私たち自身、ジャパリパークの謎を明かされないままアフレコをしていたんです。そのほうが、リアルなリアクションが取れるということで。だから視聴者の方が想像するのと同じように、私たちもいろいろに想像を膨らませながら演じていました。だから私たちも、完全に視聴者のみなさんと同じ状態だったんです。私はいちファンとして一番くじを引いたりグッズ集めもして。今では部屋の一角が、完全にジャパリパーク化しています(笑)。

ーーそんな2017年をふまえて2018年の抱負をお願いします。

小野 1年を振り返るとあっという間でした。たぶんこの1年で、みんないろいろな部分で変わったと思います。私たちを取り巻く環境も一変しました。でも今年だけで終わるのではなく、来年も一緒に曲を歌ったりとか、このメンバーでやってみたいことはたくさんあります。なので、これからも応援していただけたらうれしいです。

尾崎 私たち自身も冒険しているような、本当に怒濤の1年でした。ほとんどのキャストが新人だったので、すごくいいスタートダッシュを切ることができたと思うし。この1年でそれぞれ成長して、グループとしての団結力も高まりました。動物っぽくいうと“群れのすごさ”というか、私たちが本当にフレンズになった1年でした。「フレ!フレ!」の歌詞にもあるように、またここから新たなスタートを切ってがんばっていこうという気持ちです。来年は、よりよいものを目指して、団結力と仲のよさで、たくさんのフレンズさんに元気をお届けしたいです。

<プロフィール>
尾崎由香 【おざき・ゆか】5月15日生まれ。東京都出身。響所属。
小野早稀【おの・さき】11月26日生まれ。東京都出身。ジャストプロ所属。

 

◆RELEASE INFORMATION
2ndシングル『フレ!フレ!ベストフレンズ』 
どうぶつビスケッツ[サーバル(声/尾崎由香)、フェネック(声/本宮佳奈)、アライグマ(声/小野早稀)]、PPP[ロイヤルペンギン(声/佐々木未来)、コウテイペンギン(声/根本流風)、ジェンツーペンギン(声/田村響華)、イワトビペンギン(声/相羽あいな)、フンボルトペンギン(声/築田行子)]
発売元/ビクターエンタテインメント 12月13日発売 初回限定盤A、B:2,160円、通常盤:1,404円(各税込)

キャラクターソングアルバム『Japari Café2』
かばん(声/内田彩)、サーバル(声/尾崎由香)、フェネック(声/本宮佳奈)、アライグマ(声/小野早稀)、コツメカワウソ(声/近藤玲奈)、アフリカオオコノハズク(声/三上枝織)、ワシミミズク(声/上原あかり)、マーゲイ(声/山下まみ)、ギンギツネ(声/相坂優歌)、キタキツネ(声/三森すずこ)、PPP[ロイヤルペンギン(声/佐々木未来)、コウテイペンギン(声/根本流風)、ジェンツーペンギン(声/田村響華)、イワトビペンギン(声/相羽あいな)、フンボルトペンギン(声/築田行子)]
発売元/ビクターエンタテインメント 12月13日発売 3,240円(税込)

◆舞台「けものフレンズ」
話題のプロジェクトから飛び出したフレンズ達が、舞台のジャパリパークに出現!!
オリジナルストーリーで展開した2017年6月の公演は大好評!
11月29日にはDVDとサウンドトラックCDも発売されたこの舞台が、再び帰ってくる!
キュートなアニマルガール達と一緒に、どったんばったん大騒ぎしよう!!!
日程:2018年1月13日(土)~21日(日)
劇場名:AiiA 2.5 Theater Tokyo
http://www.nelke.co.jp/stage/kemono-friends2018/

◆けものフレンズLIVE DVD
アニメ版声優や舞台キャストが勢揃いし、大好評で幕を閉じた2017年9月16日(土)@豊洲PITにて開催の「けものフレンズ LIVE」東京公演を収録!
発売日:2018年1月11日(木)
価格:5800円(税込)
発売元:Age Global Networks
http://clionmarket.jp/?pid=122396364

©けものフレンズプロジェクト
©JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp. All rights reserved
©KFPS ©KFP



PAGETOP