超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「聴いてくれる人を包み込むような1曲」井口裕香、ニューシングル「RE-ILLUSION」について語る!

2017/6/12


artistphoto_iguchiyuka

 放送中のTVアニメ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のオープニングテーマ「RE-ILLUSION」を歌う井口裕香。同曲、カップリング曲についての思いを語ったインタビューが、2017年5月10日発売の「アニメディア6月号」で掲載されていたが、その記事内でお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

――『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(以下ダンまち)のOP「Hey World」に続き、再び『ダンまち』関連作品のOPを飾ることになりました。
 『ダンまち』は初めて主題歌を担当した作品だったので、外伝である『ソード・オラトリア』でまた携わることができてうれしかったです。「Hey World」とはまた違う形で作品を彩れたらいいなと思いながら、レコーディングに臨みました。

――表題曲のイントロは劇伴のようなファンシーな雰囲気もありましたね。
 私も新鮮な印象を受けましたが、ストリングスの音の厚みが大好きなので、最初に聴いた瞬間からテンションが上がりました。春風のような軽やかな楽曲である一方で、しなやかさも感じられるんです。ですから、歌声も強くしすぎず、楽曲に寄り添ってやさしく歌うことを心がけました。歌詞のワード数が多く、リズムの取り方が難しかったですが、聴いてくれる人を包み込むことを意識して、歌詞カードにも笑顔をいっぱい描き、口角を上げて歌うようにしました。

――サビの「RE-ILLUSION」という歌詞が、跳ねるような歌声でとても印象に残ります。
 そこはとくに注意したポイントです。メロディーと歌詞がハマらないと滑る感じになるので、言葉を切ってリズミカルに、聴く人の耳に残るようにと心がけながら歌いました。

――井口さんは『ソード・オラトリア』には出演されていませんが、歌だけでの参加だからこそ気にしたことは?
 前のシングル「Lostrage」のときは、タイアップ作品に出演していたこともあって、作品世界に入り込む気持ちで歌ったんです。でも、今回は歌のお姉さん的な立ち位置で、私からみんなに歌声を届ける気持ちでいられたこともあって、かなり俯瞰で歌えたと思います。力強く、ではなく肩の力を抜いたことで、一歩引いたところから歌えたのかなと。

――ビジュアルイメージでは、ピンクの衣装が目を引きます。
 春らしくピンクを選んだのですが、トップスに細かいレースを入れたり、笑顔を出しすぎないことで、年齢相応の大人っぽさやお姉さん感も出ていると思います。一方で、MVでは白い衣装がメインなんです。白い世界の、いろいろなものに私が触れて色をつける「イリュージョン」を使うおしゃれな映像になっているので、ぜひ注目してほしいです。

――今回はアーティスト盤とアニメ盤でカップリング曲が違うんですね。
 アニメ盤のカップリング「JOURNEY」は、ダンジョン感やRPG感が詰まっていて、歌っていてワクワクしました。メッセージ性の強い歌詞だったので言葉を大事にしつつ、曲への表情づけも意識しました。「RE-ILLUSION」が手を取り合って歌う曲だとしたら、「JOURNEY」は前を見て一緒に走っていく、そんな歌です。

――アーティスト盤のカップリング「ワン・オブ・ワンダーランド」は、ドッグランという題材が面白いです。
 私が個人的に個人的に歌いたい曲にしました。目標は「ライブで弾ける歌」。1月にソロライブをやらせてもらったあと、みんなと一緒に歌える曲がほしいなと思ったので、それに合った曲を選び、作詞は私から只野菜摘さんに書いていただきたいとオファーさせていただきしました。只野さんに私の好きなものをお話ししたら、「犬とドッグランをテーマにしましょう」と話が進みました。私もファンのみなさんも、犬になったような気分で遊ばないと損をするよ、という楽しい曲です。

――レコーディングの感想は?
この曲は早口な上に同じ言葉がたくさん入っていることもあって、だんだん正しく歌えているかわからなくなってきたのが印象的でした(笑)。でも、きれいにまとめるのではなく、弾けたかわいさが歌声でも出せたらと思いながらレコーディイングをしました。

――今回のシングルが8枚目、CDデビューしてから4年を超えましたね。
 声のお仕事も、歌のお仕事もさせてもらってすごく幸せな経験をさせていただいています。ライブを重ねて、いろんな曲を歌って、ラジオなどでいろんなアーティストさんに会って、「なんとなく好き」なだけではなく、「何が好きか」も考えるようになって。多くの刺激をもらいながら、歌のお仕事はさせていただいています。8枚目のリリースということで、まずは来年のデビュー5年目に向けて、気持ちを盛り上げていけたらと思います。

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。
「RE-ILLUSION」は、アニメが大好きなみんなに、曲も作品も含めて好きになってもらいたいなと思います。『ソード・オラトリア』を彩るひとりとして気持ちを込めて歌ったので、オンエアを観ていただき、いつかはライブにも来てください。そして、ドッグランで一緒にはしゃぎましょう。

PROFILE
いぐち・ゆか
7月11日生まれ。東京都出身。大沢事務所所属。主な出演作は『Lostrage incited WIXOSS』森川千夏役、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズ 小日向未来役、『オトッペ』ウィンディ役など。

<ニューシングル「RE-ILLUSION」情報>
発売中
アーティスト盤、アニメ盤:各1,944円、通常盤:1,296円/ワーナーブラザース ホームエンターテイメント

表題曲は『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』のOP。アーティスト盤とアニメ盤でカップリングが異なり、アーティスト盤のカップリング「JOURNY」はスマートフォンゲーム『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』の主題歌となっている。



PAGETOP