超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「DIALOGUE+」ミニアルバム「DREAMY-LOGUE」リリース記念! 稗田寧々・緒方佑奈・宮原颯希・村上まなつに全収録曲の魅力を直撃

2020/4/10


 2019年10月23日に「はじめてのかくめい!」でデビューを飾った声優アーティストユニット・DIALOGUE+。2020年4月8日(水)に完全新曲6曲で贈るミニアルバム「DREAMY-LOGUE」をリリースする。

 今回のミニアルバムは、デビューシングルに引き続き、田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN)が全作曲・プロデュースを担当。詞は声優の三森すずこ、赤い公園の津野米咲、パスピエの大胡田なつきが提供し、編曲では堀江晶太、fhánaの佐藤純一、中山真斗(F.M.F)、eba(F.M.F)、園田健太郎、広川恵一(MONACA)が参加するなど、豪華クリエイター陣が名を連ねた一枚となっている。

 超!アニメディアでは、そんな本ミニアルバムについて、デビューシングルに引き続き、メンバー8人にインタビュー。今回は4人2組ずつに分かれて、ミニアルバム全曲の魅力や聞いて欲しいポイントについてお話をうかがった。1組目は稗田寧々、緒方佑奈、宮原颯希、村上まなつの4名。

(左から)稗田寧々、緒方佑奈、宮原颯希、村上まなつ

 

歌割にも個性が溢れる

――今回は、ミニアルバムの楽曲について、1曲ずつおうかがいできればと思います。まずは「大冒険をよろしく」について。

村上 「ジェッ飛ばしちゃう?」とか「アワタダインフレーション」とか、新しい言葉が盛りだくさんで、すごくキャッチ―だなと思いました。歌詞を見ただけで、ワクワクしたな〜!

稗田 「はじめてのかくめい!」もそうだったけど、すごく田淵さんっぽい楽曲だよね。

緒方 分かる。あと、歌割もこの8人だからこそ、って感じがして素敵。

宮原 歌い分けが遊び要素になっている気がする。

稗田 ミニアルバム全体的に、歌詞の振り分けがメンバーの個性に合っているよね!

村上 だよね。田淵さんがメンバーのことを理解してくださっている。それが歌詞の振り分けだけで分かるから、すごく嬉しいし、私たちももっと個性を出して歌っていこうと思えるよね。

宮原 うん。このミニアルバムまでに色々な曲を歌ってきましたし、ライブも経験しました。そのなかでメンバーも自分の歌い方の癖や得意とする表現方法を見つけられたはず。それを田淵さんも分かってくださっているし、信じて割り振ってくださっていると感じたんです。

稗田 今回、レコーディング前に田淵さんがひとりひとりに「こうやって歌って欲しい」「ここに気を付けて欲しい」というアドバイスを手紙に書いてくださったんですよ。それにも感動しました。

村上 これからも私たちは皆さんの思いに全力で応えて、ぶつかっていかないとね!

緒方 だね! あと、個人的に印象に残っているのは、2番のAメロ。最初の「ひといきひといき忙しなくて」の部分は、ゆりにゃ(内山悠里菜)が本当に疲れた感じで歌っていて、続く私とやかん(鷹村彩花)の「気を抜いたら」「置いてくぜ」のパートは、ちょっとくすって笑う感じのニュアンスを入れてるんですよ。

村上 その後に出てくる「ははーん さては君もおんなじ」の部分は私がソロで歌っているんですけど、ここは「セリフ調にしようか」という提案があったんです。それならと、私は最初にあざ笑う感じでやってみたんですよ。そしたら、その方向性で決まって、むしろ「もっと挑発してみようか!」と言われ、今に至ります(笑)。

緒方 私、そのあとに歌うから、まなつに合う感じで歌ってくださいと言われた! そういうやり取りもすごく楽しかった。

村上 この曲は、歌だけど、楽しい物語を作っているみたいな感じなんですよね!

稗田 分かる。

宮原 個人的に「大冒険をよろしく」は、「はじめてのかくめい!」と同じように「自分たちについて来いよ!」というテンションでした。むしろ、前よりも「ドヤ感」を増した気がする。

稗田 キメ顔で歌って!と言われたよね。

宮原 ですね! だから、「こいよ、こいよ!」という、ギラギラした感じで歌わせていただきました。それが、DIALOGUE+らしさにも繋がった気がしています!

――2曲目の「好きだよ、好き。」は、「DIALOGUE+JAM」でも披露されたことがある曲ですね。パフォーマンスなどを含めて、ぜひ皆さんの推しポイントを教えていただければと思います!

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP