超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

早見沙織、アーティストデビュー5周年を飾るミニアルバム「シスターシティーズ」は5人の作家陣と作り上げた一枚に【インタビュー】

2020/3/24


 声優の早見沙織が2020年3月25日(水)に、自身2枚目となるミニアルバム「シスターシティーズ」をリリース。本作は、「これまでにやっていないことにチャレンジしてみよう」というコンセプトを元に、5人の作家陣と作り上げた一枚だ。そんな本楽曲の魅力について答えてくれているインタビューが、発売中の「アニメディア4月号」に掲載。「超!アニメディア」では、誌面には掲載しきれなかった内容を含めた長文版のインタビューを紹介する。

早見沙織

――今年はアーティスト活動5周年ですね。

 あっという間でしたが、すごく濃密だった感じでしたね。特にここ1、2年は一瞬で過ぎたような気がします。

――ミニアルバム『シスターシティーズ』は5曲入り。これは、5周年にちなんで……?

 ではなくて、本当に偶然でした。たまたま、5周年ということで、これまでにやっていないことにチャレンジしてみようとなったんですね。ソロ活動でどんなコラボを生み出すことができるだろうかというお話をしていたときに、ミニアルバムが決まって。すごく素敵な機会になりました。

――5曲とも楽曲提供者が異なります。

 スタッフの皆さんと私とで、どんな方にお願いしたらいいか、ジャンルやこれまでご一緒したことがあるかは問わず、アイデアを出し合って考えていきました。NARASAKIさんと横山克さんはお仕事でご一緒したことがありましたが、堀込泰行さん、Kenichiro Nishiharaさん、田淵智也さんは今回が初めてでした。

――曲をお願いする際に、テーマなどは伝えたのでしょうか?

 裏テーマ的に「旅と自由」と考えていたのですが、こういう曲にしてほしいとオーダーしたりはしませんでした。その方の持つ感性と私が合わさったときにどうなるかを大切にしたかったんです。ただ、皆さんがどういう人間とコラボをするのかはわかったほうがいいだろうということで、直接打ち合わせをさせていただいた方もいます。そのときは、曲について詰めていくというよりは、お互いに好きなものを話し合って、その話題で盛り上がりましたし、そこで出た話が楽曲を制作する際のテーマにもなったりした方もいましたね。

――ミニアルバムの全体像としては、どんな作品にしたいと考えていましたか?

ひと言でいうのは難しいのですが、できあがったカラフルな曲に、「旅と自由」というテーマの軸を通すみたいな感じですね。曲がお団子で、テーマが串みたいなイメージです。

――それぞれの曲についても聞かせてください。まずは「yoso」。

 Nishiharaさんは今回が初めましてなのですが、お声がけをしたのは、私がプロデューサーさんやディレクターさんに渡した「私の2019年上半期にハマりましたプレイリスト」がきっかけなんです。そのプレイリストにNishiharaさんの曲も入っていて、「この方にお声がけしてはどうですか」と提案いただきました。まったく違うフィールドで活躍されている方なので、お声がけをしていいのか迷ったんですが、このミニアルバムだからこそできることもあると言っていただき、勇気を出してお声がけしました。私がNishiharaさんの曲を聴かせていただいていますとお伝えしてあったので、それをベースに作ってくださったような、ご自身のテイストがギュッと詰め込まれた曲という印象です。

――Nishiharaさんはコメントでも「自分のシングルになるような曲を目指した」とおっしゃっていますね。

 そうなんです。いただいた曲が男性ボーカルだったので、試行錯誤をしながらのレコーディングでしたし歌詞を書くときも違うアプローチをしなければいけなかったので、ものすごい回数、音源を聴きました。寝る前に聴いていて、そのまま寝落ちして、朝起きたときも耳元でなっている……みたいな(笑)。

――歌詞には独特の物寂しさがある気がします。

 旅をしたり自由を手に入れたりすることは楽しさもある一方、独特な切なさもあるだろうなと思って書いたんです。旅をしたときって、楽しいし真新しいものもあってワクワクするけれど、まだこの場所になじめていないんじゃないかなと思う、余所者感を覚えることってありますよね。その、物寂しさは入れたいなと思いました。ただ、それだけではなくて、それでもいいから、この旅を楽しもうという気持ちも込めた、前向きな煌めきもあるナンバーです。

――2曲目の「mist」はタイトル通り、どこか水っぽい、霞っぽい曲です。

 横山さんとは直接お話をさせていただいて、「ふわっとした印象の曲がいいよね」という話になりました。霞がかっていて、原色ではない、水彩っぽいイメージ。太陽じゃなくて月、火じゃなくて水みたいな、抽象的な話をしていた記憶があります。そんなイメージを共有したあと、旅の話になったんです。これまで訪れたところでどこが一番よかったかとか、私にはどこがオススメとか……。そのとき、お話をしていただけなのに、本当に旅をしているような気持ちになって、自分が意識をそこに向けたり、想像を働かせたりすることって無限の可能性があるなと感じたんです。意識はいろんなところに広がっていけると考えたときに、それって霧のようだなと思って。形はないけれど、どこまででもいけるというのが霧っぽいなぁと思いこのタイトルを決めて作りました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP