超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「時代を経ても変わらない、普遍的なものに」fhánaがニューシングルの表題曲へ込めた想い【「星をあつめて」リリースインタビュー後編】

2020/2/26


 2013年のメジャーデビュー以来、14ものアニメ作品の主題歌を歌い、世界観に寄り添いながらも豊かな音楽性を提示し続けているfhána。2020年2月26日(水)に発売となる15枚目のシングル「星をあつめて」も、劇場版『SHIROBAKO』の主題歌となっている。超!アニメディアでは、本作のリリースに併せて、fhánaにインタビューを敢行。前後編に分けて、紹介していく。後編では、「星をあつめて」のレコーディング時のエピソードや、カップリング曲について、また、2020年の活動目標などについてお話をうかがった。

前編記事はこちら⇒https://cho-animedia.jp/music/158872/


まさに、『SHIROBAKO』状態(笑)

――2020年最初にリリースされる「星をあつめて」。皆さんはこの曲を最初に聴いたとき、どのような印象を受けましたか?

yuxuki waga(以下、yuxuki) デモを聴いた時点で、普遍的な良さを持つ曲にしたいと思いました。だから、例えばビートルズのような長く愛される曲のエッセンスを演奏でも取り入れられないかと思いながら、機材選びもしていったんです。そういう小さな積み重ねで質感を整えていく過程って、モノづくりのどんなことにも当てはまると感じましたし、『SHIROBAKO』っぽいなとも思いました。

kevin mitsunaga(以下、kevin) 曲を聞いたとき、グッドミュージックだと感じました。また、fhánaとしては劇場作品の主題歌を担当するのが初めてなので、映画館という空間がそもそも好きな自分としては、単純に映画館で流れることを想像すると嬉しくなりました。

towana レコーディングのとき、大好きな『SHIROBAKO』の劇場版の世界で自分の歌が流れると思ったら、すごく力んでしまって。困っちゃうくらいに緊張しちゃったんです。でも、曲自体はそういう雰囲気ではなく、むしろ作品を最後まで観た方々がホッとするような楽曲なので、緊張を抑えつつ、頑張りました。

佐藤純一(以下、佐藤) 今回は時代を経ても変わらない、普遍的なものにしたいという想いで曲を作りました。A・Bメロは明るい感じなのですが、サビの入りはマイナーコードで暗い感じになっています。この部分はシリアスな面も描かれている『SHIROBAKO』という作品ともリンクするものに仕上がったんじゃないかな。また、この曲は、アニソンに限らずJ-POPでもあまりないシャッフルのリズムになっていて、作っているときには『SHIROBAKO』という大きな作品の主題歌としてふさわしいものになるのか、不安もあったんです。ただ、アレンジをして、towanaの歌が乗ったことで、何とか突破できました。

――その他、レコーディングで印象に残っていることは?

佐藤 レコーディングにかけられる時間があまりなかったので、きつかったです(笑)。

kevin まさに、『SHIROBAKO』状態。プルっちゃうところでした(笑)。

一同 (笑)。

佐藤 当初は曲の発売日を劇場版の公開後、3月中にするという話もあったんですよ。でも、映画公開前に発売して、MVも何とか間に合わせて、映画の予告編にこの曲を絶対に流してほしい!と思ったので、頑張って作りました。

――納品まであと何週間……みたいに追い込まれていた。

佐藤 そうですね(笑)。僕はストリングスなどが好きなので、予算があるなら管弦の音を入れたいと思っているタイプなんです。今回の曲にも入れたのですが、ストリングスについては前日の夜、ブラスに関してはレコーディング当日の昼くらいにアレンジが出来上がりました。ギリギリまで譜面を作って、レコーディング開始ピッタリの時間にスタジオに到着、汗をかきながら録り始めました。何とか終えられてよかったです。

手ごたえがあった「Code “Genius” ?」をセルフカバー

――今回のシングルには、カップリングも2曲収録されています。その内のひとつが「Code “Genius” ?」のEnglish Ver.です。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP