超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

亜咲花が『へやキャン△』主題歌「The Sunshower」をリリース! 『ゆるキャン△』シリーズの魅力を語る【インタビュー】

2020/1/29


 亜咲花が現在放送中の『へやキャン△』主題歌「The Sunshower」をリリース。楽曲制作や、2020年の抱負を聞いたインタビューがアニメディア2020年2月号に掲載されている。超!アニメディアでは、本誌には掲載できなかった分を含めた特別版を紹介。


亜咲花と『ゆるキャン△』シリーズへの愛が詰まった『へやキャン△』主題歌

――先日、ご自身のSNSで「アニソンのタイアップがほしい」とつぶやいていましたね。

 ノンタイアップの曲もうれしいんですが、アニメの主題歌は、歌うたびにアーティストとしてひと回り成長させてもらえるんです。何より、私はカップリングでノンタイアップを歌うことが多いのですが、カップリングはタイアップのある表題曲あってのものなので、必然的にタイアップを歌いたいという気持ちも強くて。アニソンを命がけで歌っていますという決意を伝えたくて、ちょっと大げさに言っちゃいました(笑)。

――ニューシングルも『へやキャン△』のタイアップが付いていますよね。『ゆるキャン△』シリーズのタイアップは、「SHINY DAYS」に続いて2回目になります。

「SHINY DAYS」は、作品のゆるっとした雰囲気から、ゆったり曲調のほうが合っているんじゃないかなと思っていたんですね。ディレクターの方からも、70年代、80年代の洋楽ポップをアレンジしたような楽曲にしたいと言われて、まさに思いが一致したんです。実際にできあがったときには、これを私が歌えるのかな……と思ったんですけど。

――それはなぜですか?

 それまで私が歌ってきたのが、EDMメインだったり、あまり笑顔が似合わなかったりするようなクールな曲が多かったんです。「SHINY DAYS」は、それまでのアーティストカラーと正反対のキラキラと太陽が輝くような歌だったので、歌えるかなっていう不安があって。でもレコーディングしてみたら、意外と合うのかもと思えたんです。歌詞の内容も、作品に寄り添ってキャンプに行く前のドキドキワクワクを詰め込んだ曲になっていて、私の新しい扉を開けてくれた曲になっていると思っています。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP