超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】

2019/10/18


 『鬼滅の刃』の竈門禰豆子や『まちカドまぞく』の千代田桃など、話題のキャラクターを演じて人気の声優・鬼頭明里が、1stシングル「Swinging Heart」でアーティストデビューを果たした。そんな彼女がアーティスト活動に馳せる思いを語ってくれたインタビューが、「アニメディア11月号」に掲載されている。「超!アニメディア」では、掲載しきれなかった部分を含めたインタビューの長文をご紹介しよう。

──アーティストデビューの話を聞いたときは、どんな心境でしたか?

 じつはサプライズでデビューの話をいただいたんです。まったく予期しないお話だったので、正直な話、うれしいというよりビックリという感情のほうが大きかったですね。うれしさを実感したのは、デビューの発表をしたあと、ファンの方からたくさんの喜びの言葉をもらってからです。それを見て、「歌うことをもっと頑張ろう」と強く思いました。

──所属事務所の公式サイトに掲載されている鬼頭さんプロフィールの特技欄には”歌うこと”とありますが、アーティストデビューを夢見たりはしなかったのでしょうか?

 歌うこと自体は好きだったのですが、そのなかでも好きなアーティストやキャラクターになり切って歌うことが好きだったこともあって、声優になればいろんなキャラクターソングを歌えると思ったんです。逆に自分の歌い方を追求する歌手は、私には縁がないものだと勝手に思っていて。だからこそ、アーティストデビューの話をいただいたときは驚きましたね。

──デビューシングル「Swinging Heart」は、どのようなコンセプトで制作されたのでしょうか?

 最初の1枚ということで、私の好きな“さわやかなロックテイスト”を軸に制作していただきました。これまでに歌わせていただいたキャラクターソングはかわいらしい曲が多かったので、だったら違う方向性でアーティスト・鬼頭明里を楽しんでいただこうと思ったんです。続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP