超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『プロメア』TRIGGER社長・大塚雅彦×ミクシィ社長・木村弘毅の対談―共同製作が実現した理由は愛と理念の一致【インタビュー】

2019/6/7


 現在公開中のオリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』。本作は『天元突破グレンラガン』『キルラキル』のTVシリーズを手掛けた監督・今石洋之と脚本・中島かずきが再びタッグを組み製作。また、TRIGGERとスマホアプリ「モンスターストライク」を手がけるXFLAGがタッグを組んだことでも話題となっている。しかし、この2社が共同製作をすることになったのにはどのような背景があり、実際にどんな成果が得られたのだろうか。今回はTRIGGERの大塚雅彦社長とXFLAGを抱えるミクシィの木村弘毅社長にインタビュー。『プロメア』が出来上がるまでの経緯やそれぞれのアニメ原体験についてお話をうかがった。

――上映がスタートしてからさまざまな熱いコメントが寄せられている『プロメア』。今回はTRIGGERさんとミクシィさんが共同製作されていますね。これにはどのような背景があったのでしょうか。

木村 私は元々、TRIGGER さんのファンなんです。で、XFLAGでアニメ製作に関わっているときに、あるプロデューサーの人に「『キルラキル』みたいに激しく動ける作品を作りたい、俺は『キルラキル』が好きなんだよ」と言ったら、「あれ、もしかして今石監督に興味あります?」って返ってきて。興味ない人なんていないでしょと伝えたら、「実は……」と今回の話を提案してくれたんです。

――木村さんがTRIGGER作品の熱いファンだったんですね。

木村 そうです。ただのファンです(笑)

大塚 ありがとうございます。

木村 XFLAGは「B.B.Q.(バーベキュー)」をコンセプトに掲げています。みんなでワイワイ盛り上がれる熱い空間を作っていこうという意味合い。だから、ゲームもみんなで集まって遊べるものを作っていますし、熱い作品を届けるということを重視にしています。その中で、私は『天元突破グレンラガン』というのは最高の作品で目指すべきところだと思うんですよね。

――会社が掲げる理念と一致している?

木村 そうですね。『グレンラガン』の「お前を信じろ。俺が信じるお前を信じろ!」「お前が信じる…お前を信じろ…!」というセリフなんて……もう最高ですね。

――あれはアニメ史上に残るであろう最高のセリフですよね!

大塚 ありがとうございます(笑)。

木村 だから、TRIGGERさんは僕らが大切にしたいテーマを追い求めていらっしゃるんだろうなと感じていました。そこで、TRIGGERさんの作品作りを、もしくは世の中に広くお伝えしていくために僕らができることってないだろうかといつも思っていたんです。

――なるほど。

木村 広めていくためのツールのひとつとして使えるかなと思ったのが、『モンスト』(モンスターストライク)。『モンスト』は国内で世界累計利用者数が5000万人になっていて、中高生のカバー率も高いんです。今の子供たちって昔のテレビアニメあるいは週刊マンガが流行っていた時代とは違って、共通概念として知っているものが減ってきている。そんな中でも、『モンスト』は中高生のカバー率が高い状態でした。だから、今回、『モンスト』とコラボすることで、より多くの人に、『プロメア』を始めとするTRIGGER作品の魅力を届けられたら最高だなと思ったんです。僕はTRIGGERさんのアニメはもっと多くの人に観てもらって然るべきだと思っているんですよね。そこをお手伝いできればという想いでお声がけした、という次第です。

大塚 ありがたいお話です。

――では、TRIGGERさんはお話を受ける側になったという訳ですね。

大塚 はい。元々は『キルラキル』が終わったときに、今石と次はどんなものを作ろうかという話をしていたときに、テレビでやりたいことはひとまずやったから次は映画をという話になったんです。ただ、いかんせん、予算が足りないぞ、と。その後も話が進まず「ちょっと無理かな」と思っていたところに、ミクシィさんが手を上げてくださったんです。弊社としてはこの上ない話でしたので、「お世話になります(笑)」と返答した、という流れになりますね。

――なるほど。ちなみに、共同製作する前はお互いの会社や作品に対してはどのようなイメージをお持ちでしたか?

木村 一方的にファンでした。アニメは日本のなかで重要な文化のひとつだと思っています。ただ、その中で純然たるバトルエンタメ作品って、最近は少ないとも感じていて……。それでもTRIGGERさんはそのテーマに沿った作品を作られているなと思っているんです。例えば『リトルウィッチアカデミア』なんかは暑苦しいバトルではないものの、友情については熱く描かれていて、真っすぐにアプローチされているなと感じました。だから、TRIGGERさんは王道を語っていける会社だと勝手に思っています(笑)。

大塚 ありがたいお話ですね。そのあとでお話するのも気が引けるのですが……僕はあんまりソシャゲ(ソーシャルゲーム)をやっていないもので、実際に『モンスト』(モンスターストライク)も触ったことがなかったんです。どちらかというとミクシィさんはSNSのイメージがありました。ただ、ゲーム事業を展開されていることは知っていましたし、スタッフは『モンスト』をやっていたので、面白そうだなとは思っていました。『モンスト』のアニメに関してはTRIGGERの隣にライデンフィルムさんというアニメスタジオがあってそこで劇場版を作っていたり、うちでもWEBアニメを1本お手伝いしたことがあったりしたので、もちろん知っていました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP