超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』シリーズ構成・福井晴敏が名作をリメイクする際に念頭に置くのは「意識しないこと」【インタビュー】

2019/3/20


 不朽のSFアニメ『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を現代の技術で蘇らせた作品『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(以下、『2202』)。2017年2月に第一章が上映された『2202』のシリーズも2019年3月1日より上映がスタートしている第七章「新星篇」<最終章>をもっていよいよ完結する。超!アニメディアではシリーズ構成を担当した福井晴敏にインタビュー。完結を迎えた心境や本作で伝えたかったことなどをうかがった。

ーー『2202』も第七章でいよいよ完結します。いまの心境を教えてください。

 よく映画はお客さんに観てもらって完成するといいますが、今回はそれを痛感しています。『機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]』の最後が上映されるときと似ていますね。観てくださる皆さんの声が返ってこない限りは手ごたえも分からない。声を聴いてようやく「終えられた」とも思うんじゃないかな。ただ、やることは全部やりましたし、思った通りのものは出来上がったという安心感はあります。

ーーやることは全部やったとのことですが、そもそも『ヤマト』をリメイクしてほしいと言われたときはどんなお気持ちでしたか?

 まずどうしようかなと。『さらば』(1978年公開映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』)をやってくれと言われた訳ですから。しかも『さらば』は最後にみんなが特攻するという点で物議をかもした作品でもあった。今だとその点を映像化するのはよりシビアですよね。一方でその特攻に収斂するという物語でもあったので、それを現代に甦らせるにはどうすればいいんだろうと悩みました。ただ、これを逆手にとろうと思いついて描いたのが『2202』なんです。

ーーこれまでのシリーズにはなかった時間断層やキーマンというキャラクターもその思いつきには必要だった。

 そういうことです。結末を決めたときから必要なものしか作っていませんし、新たに描き起こしてもいません。

ーーとはいえ、過去の名作をリメイクするということで意識された点もあったかと思います。

 むしろ意識しませんでした。というのも、例えば自分が大好きな作品で思い入れがありすぎるもののリメイクだと、単にその人が作りたい、観たいだけの作品になってしまう可能性があるからです。今回、俺がシリーズ構成に選ばれたのもそこが理由のひとつかなと思います。もし俺が『ヤマト』マニアだったら、少なくとも物語づくりのところにはいないほうがいい。

ーー偏ってしまうから?

 そうです。俺が好きなものができるだけになっちゃう。

ーー『さらば』が好きなら、絶対にあの結末にしなければと固執していたかも。

 そういうことです。もちろん、そういう「好き」ということが求められるときもありますが、本作はそうじゃない。最初からお客さんの数が決まっちゃうような作り方ではなくて、より多くの方々が劇場に足を運んでもらえるようなものにしなくてはいけなかったんです。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP