超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』ロングPV到着!キャストからのメッセージが公開に!

2018/8/30



 いまだ世が混沌とする明治の動乱期。宿命の戦いに臨む若者たちの葛藤や絆を描いた人気コミック「曇天に笑う<外伝〉」(唐々煙作・マッグガーデン刊)。読者の涙を誘ったこの物語を、全3部作の劇場アニメとして映像化。昨年上映された前篇「決別、犲の誓い」では曇三兄弟の長男・天火の秘めたる過去が、2018年6月劇場上映の中篇「宿命、双頭風魔」では天火の親友・白子が背負う思いが描かれ、両作ともにぴあ映画初日満足度ランキング第2位を記録し、多くの観客から支持を受けた。

 そして3部作のクライマックス、9月1日(土)劇場上映の後篇では、曇三兄弟の次男・空丸と三男・宙太郎が、兄の存在と己を乗り越えていく、戦いと成長のドラマが描かれる。さらに、松岡禎丞が演じる、曇天火を殺すことだけを目的に生きる男「虎」の登場により、浮かび上がる『大蛇細胞』の闇。 さらに、空丸と武田の前に立ちはだかったのは、「師匠」と慕ったかつての仲間だった―――。 

 この度、『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』アフレコ収録後のキャストコメントが到着! 更に、作品の魅力をたっぷりと詰め込んだロングPVが解禁した。


■『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』アフレコレポート到着!
都内スタジオにて、後篇のアフレコ収録が行われ、アフレコ収録後のキャスト皆さんからコメントが到着した。

▼梶裕貴(曇 空丸 役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となります。メインビジュアルをご覧になった際や台本を読んだ時のご感想をお教えください。
 原作を読んでいる時から、とても印象的で心に残るエピソードだったので、それを劇場アニメとして観られることが、個人的にも非常に嬉しいです。
●アフレコを振り返り、曇家15代目当主になった空丸を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 全てを出し切りました。空丸が、錦が…皆が愛しくてたまりません。これからの彼らに“当たり前の幸せ”が沢山訪れますように。滋賀は、今日も晴天です。
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 大好きな兄、そして家族を中心に描かれていた劇場二作からバトンを受け取り、最終章はいよいよ空丸の出番です。TVシリーズでの闘いを経て、さらに成長した彼の姿に必ず心打たれるはず。是非、映画館でご覧ください。よろしくお願いします。

▼代永翼(曇 宙太郎 役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となります。メインビジュアルをご覧になった際や 台本を読まれた時のご感想をお教えください。
 今回でついに終わってしまうんだなってちょっと寂しくも有り、みんなが笑顔だったので良かったなとも思いました。宙太郎としては今回は見て下さる皆さんにホッとしていただけるマスコット的な感じになってますので、そこも楽しんで下さい。後はやはり、今回登場する虎と亞華羽に注目してほしいですね!! 内容としてはこれぞ曇天だなって思いましたね!そして泣いてしまいました(照)
●アフレコを振り返り、宙太郎を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 そこまで宙太郎を演じる上で難しくはなかったですね。むしろ自然な感じでこの世界観にも入りやすかったし演じやすかったんですよね。きっと自分にも姉と妹がいるからだと思います。もしかしたら自分の理想の弟を演じていたのかもしれないですね。
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 いよいよ劇場版曇天に笑うの最終章になります。それぞれが選んだ道や答えを皆さんの目で耳で全てで感じて下さい。僕らも全ての思いを込めました。最後まで楽しんで下さい。劇場で待ってるッス!!!!by宙太郎

▼下野紘(武田 楽鳥 役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となります。メインビジュアルをご覧になった際や台本を読んだ時のご感想をお教えください。
 TVシリーズを終え、劇場版になり、最後の最後でようやくちゃんと喋れてよかったです。(笑) TVシリーズでも、なかなか話の本筋に絡むことがあまりなかったし、劇場版では幼少期の頃の武田でしたからね。もしかするとこのまま出てこないんじゃないかな・・・なんて思っていたので喜びも一入でした。あと、メインビジュアルも今までの隊服とは違った服装が、なんか新鮮でしたね。
●アフレコを振り返り、武田を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 久しぶりに演じるのでどんな感じだったかなと思ってましたが、以前の武田と比べて、少し柔軟になった気がしましたね。以前まではもっと頑固だったり、意地を張ってたりした所もありましたが、空丸と共に修行を続けて来たおかげか、犲としての本当の意味でのプライドが芽生えて来てるように感じましたね。あと、武田とは関係ないんですが、屍さんが喋る時、笑わないように気をつけてましたね。(笑)
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 TVシリーズを始め、様々な形で描かれてきた『曇天』シリーズもこれで終わりだと思うと、寂しい気持ちもあり、武田の活躍をもっとみせたかったという思いもありますが、始まりがあれば終わりがあるものです。仕方ないですね。はたしてどんなエンディングを迎えるのか、是非とも劇場で確かめつつ、楽しんでいただけたら、幸いです。よろしくお願いします。

▼能登麻美子(錦役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となります。メインビジュアルをご覧になった際や台本を読んだ時のご感想をお教えください。
 台本を読み始めた時はラストの展開を想像出来ず、このまま進んでいったらどうなってしまうのだろうとかなり心配になりながら読み進めていまいした。空丸と宙太郎と武田の大きな成長、虎と亞華羽のエピソードには胸が熱くなりました。若者たちの希望に満ちた未来を象徴するような、明るく爽やかなメインビジュアルも素敵です!!
●アフレコを振り返り、曇家で暮らし始めた錦を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 今回の錦は、対 空丸に対して今までになく可愛らしい部分があって、そのさじ加減が難しかったです。
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 師弟の繋がり、大切な者を想う心、人間の愚かさ、哀しさ… 様々な要素が詰め込まれた心揺さぶられるストーリーです。是非劇場で見届けて下さい!!お楽しみに! 

▼松岡禎丞(虎役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となりますが、ご出演が決まった際のご感想と、台本を読んだ際の“虎”の印象をお教えください。
 作品のとしてまさか関わらせて頂けるとは夢にも思っていませんでした。しかも敵側として、新しく現場に参入する者としてかなり気負ったのは覚えています。今回のお話の中の虎は、キャラ絵もそうですが、第一印象は完全に「悪」!!!と思ったのですが、一概に悪と断定するには切なすぎる構成になっていました、家で台本を見ていて、「つうぅらぁ…(辛い)」
●アフレコを振り返り、“虎”を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 「年に何回かある感情の爆発の許容量を超えましたね、掛け合いもそうですが、先ほど言わせて頂いた現場の空気に入りこめるかという不安もそうですが、梶さんの演技をお聞き聞して「あ、梶さん・・・来ますか・・・良いですよ・・・!!!やってヤァりますよおおおおおおお!!!こんんんんんんのおおおおお!!!!おおおああああおらぁぁぁっぁぁぁああああああああああああ!!!!」 と、この現場、出して!限界超えても出して!ハイパー出して大丈夫だと感じました!! めっちゃくちゃ汗かきました、最高に楽しい現場でした!」 難しかった所は、虎の一人の人間に対する感謝をどう表現するかですね、ツンデレとも違うし、でもほっとけない雰囲気を醸し出すと言いますか、・・・綱渡り感が凄かったですね」
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 今回の外伝ですが、様々な人物の思惑が重なり。自分の正義を貫き、「人としての葛藤」がとても感慨深く、胸を打つ作品に仕上がっています。是非劇場で見て頂きたい作品です。「曇天に笑う」どうか宜しくお願い致します。

▼白石涼子(亞華羽役)
●本作で「曇天に笑う」シリーズ最終章となりますが、ご出演が決まった際のご感想と、台本を読んだ際の“亞華羽”の印象をお教えください。
 実写映画にもなっている、あの?あの曇天に笑う??と嬉しかったです! しかも関西訛りのある言葉を話す亞華羽役をいただいたのも、私に任せても大丈夫だろうと思っていただけたのかなと嬉しかったです。そんなイメージがだいぶ浸透したのでしょうか。亞華羽はかっこよくて情に厚い女性だと感じました。見た目も美人でサバサバしてそうで。
●アフレコを振り返り、“亞華羽”を演じられて、難しかったところや意識したところなどお教えください。
 実際声に出して動く亞華羽を演じていくうちに、すごく優しくて可愛らしい女性だなと印象が変わっていきました。決して強くはないのだけれど亞華羽も虎に依存しているところもあるのかな?と。最後、虎役の松岡くんがアフレコをしながら泣きそうになったと言ってくれて。亞華羽めっちゃ良かったです!って言ってくれた気が(笑) でも本当にすごく辛くて…!私も泣きそうでした。虎と亞華羽の絆がとても切なかったです。
●『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』を楽しみにしている皆様へのメッセージをお願いします。
 虎と亞華羽は今作からの登場です。大蛇細胞の実験が巻き起こすドラマはとても辛く切ない物語となっています。ぜひ劇場の大きなスクリーンでご覧ください。私も上映を楽しみにしています!

■『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋』ロングPVの解禁!
作品の魅力をたっぷりと詰め込んだロングPVが到着!ロングPVでは、大津を離れていた天火の姿や、かつての仲間だった蒼世と鷹峯に空丸・武田が挑む場面などが描かれている。いよいよ、上映まであと2日! 曇三兄弟の最後の戦いを是非、その目に刻んでほしい。

〈『曇天に笑う<外伝> ~桜華、天望の架橋~』情報〉
9 月1日(土)劇場上映

【あらすじ】
「曇天に笑う」シリーズ最終章 
それぞれの進む道に曇三兄弟が見たものは――― 
長男、天火が大津を離れ、 
空丸と宙太郎が家名を継ぐ重さを実感し始めた頃。 
鍛錬に励む空丸と武田を、尋常ならざる何者かが襲撃する。 
男の力と身のこなし、そして笑い方は、天火とどこか似ていた。 
しかも、その体には大蛇(オロチ)の鱗が……。 
男の手がかりを追うなかで、思わぬ秘密を知る空丸たち。 
そんな彼らの前に、蒼世と鷹峯が立ちはだかる。 
政府への膨らむ疑念。去来する過去。
互いの譲れない思いがぶつかり合う。 
そして空丸は知る。 
あの男もまた、かつての自分と同じだということに――。

【CAST】 
曇天火:中村悠一 
曇空丸:梶裕貴 
曇宙太郎:代永翼 
安倍蒼世:鳥海浩輔 
佐々木妃子:大原さやか 
芦屋睦月:藤原祐規 
鷹峯誠一郎:安元洋貴 
犬飼善蔵:藤原貴弘 
屍千狼:岩崎ひろし 
武田楽鳥:下野紘 
錦:能登麻美子 
虎:松岡禎丞 
亞華羽:白石涼子

【STAFF】 
原作:唐々煙「曇天に笑う<外伝>」(マッグガーデン刊) 
監督:若野哲也 
シリーズ構成:梅原英司 
キャラクターデザイン:田中紀衣 
音楽:やまだ豊 
アニメーション制作:WIT STUDIO 
配給:松竹メディア事業部 
製作:松竹/Production I.G/木下グループ

『曇天に笑う<外伝>』アニメ公式 サイト
donten-anime.jp

公式 Twitter:@donten_anime 

©唐々煙/マッグガーデン・曇天に笑う外伝製作委員会



PAGETOP