超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『バジリスク ~桜花忍法帖~』Blu-ray BOX上巻発売記念!主演の畠中祐×水瀬いのりによる対談を公開!

2018/6/27



 先日、TV放送の最終回を迎えたTVアニメ『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』。13年ぶりに続編が制作された『バジリスク』だが、「桜花忍法帖」でも、その散り様と悲恋が話題となった。

 そんな中、本日6月27日にBlu-ray BOX上巻が発売。物語前半にあたる本編12話に加え、映像特典には主演の畠中祐(甲賀八郎役)・水瀬いのり(伊賀響役)が袴姿で出演した先行上映会イベントのダイジェストとノンクレジットオープニン グ・エンディングを、音声特典には畠中、水瀬に加え、岡野友佑(徳川忠長役)によるオーディオコメンタリーを収録!

 さらに100Pに及ぶブックレットや連載漫画担当・シヒラ竜也氏とキャラクター原案・せがわまさき氏による描き下ろしイラストピンナ ップやオリジナルサウンドトラックが封入された大豪華パッケージとなっている。

 発売を記念し、『バジリスク 〜桜花忍法帖〜』の公式サイトでは、最終話のアフレコを終えた直後に行った、畠中×水瀬による対談を公開。2クール全24話の振り返りや、最終話の感想などをたっぷり語っている。 公式サイトでは、これまでもスタッフ・キャストのリレーインタビューを行っているので、併せて読むことでより作品の世界に浸ることができそうだ。

【畠中祐×水瀬いのり対談インタビュー】
http://basilisk-ouka.jp/special/2018062701.php

【BOX 情報】
バジリスク ~桜花忍法帖~ Blu-ray BOX 上巻(期間限定版)
発売日:2018 年 6 月 27 日(水)
価格:¥29,800+税
品番:KIXA-90795~7
仕様:DISC4 枚組(BD3 枚+CD1 枚)、キャラクターデザイン牧孝雄描き下ろしスペシャルBOX
収録内容:本編全 12 話(#1〜#12)+映像特典
映像特典:先行上映会ダイジェスト映像、ノンクレジットオープニング、ノンクレジットエンディング
音声特典:オーディオコメンタリー
封入特典:100P ブックレット(各話解説、キャラクター紹介等 収録予定)、 コミックス「バジリスク 桜花忍法帖」シヒラ竜也 描き下ろしイラストピンナップ、 キャラクター原案せがわまさき描き下ろしイラストピンナップ、 オリジナルサウンドトラック 其の一


■バジリスク ~桜花忍法帖~ Blu-ray BOX 下巻(期間限定版)
発売日:2018年9月26日(水)
価格:¥29,800+税
品番:KIXA-90798~800
仕様:DISC4 枚組(BD3 枚+CD1 枚)、キャラクターデザイン牧孝雄描き下ろしスペシャルBOX
収録内容:本編全12話(#13〜#24)+映像特典
映像特典:「ラジリスク新章〜甲賀・伊賀忍放送〜」公開録音イベントダイジェスト映像、PV、TVCM
集音声特典:オーディオ コメンタリー
封入特典:100Pブックレット、 コミックス「バジリスク 桜花忍法帖」シヒラ竜也描き下ろしイラストピンナップ、 キャラクター 原案せがわまさき描き下ろしイラストピンナップ、 オリジナルサウンドトラック 其の二

【「バジリスク 〜桜花忍法帖〜」作品情報】
<スタッフ>
原作:『桜花忍法帖~バジリスク新章』山田正紀/講談社タイガ
監督:西村純二
シリーズ構成:大西信介
キャラクター原案:せがわまさき
キャラクターデザイン・総作画監督:牧 孝雄
プロップデザイン:岩畑剛一
サブキャラクターデザイン:小菅和久
美術設定:吉原一輔
美術監督:海津利子
色彩設計:中尾総子
撮影監督:北岡 正
3D:テトラ
特殊効果:福田直征
編集:関 一彦
音響監督:横田知加子
音響制作:グロービジョン
音楽:坂部 剛
音楽制作:キングレコード
オープニングテーマ:陰陽座
エンディングテーマ:水樹奈々
アニメーション制作:セブン・アークス・ピクチャーズ
製作:桜花忍法帖製作委員会

<キャスト>
甲賀八郎:畠中 祐 伊賀 響:水瀬いのり 碁石才蔵:德石勝大 甲羅式部:落合福嗣 蜩七弦:市来光弘 根来転寝:三木眞一郎 蓮:早見沙織 涙:上田麗奈 現:佐倉綾音 滑婆:名塚佳織 孔雀啄:豊永利行 輪廻孫六:土田 大 涅哩底王:佐々木梅治 夜叉至:堀江由衣 成尋:土師孝也 徳川忠長:岡野友佑 皮膚坊:浜田賢二 草薙一馬:桐本拓哉 緋文字火送:山口りゅう 七斗鯨飲:チョー 遊佐天信:藤 翔平 諸行枯葉:さかき孝輔 蔦 法悦:茶風林 色衰逸馬:村井雄治 水蓮秋月:櫻井トオル

<物語>
忍法殺戮合戦、再び。

慶長の世に起きたる三代将軍世継ぎ争いは、 甲賀、伊賀の忍法殺戮合戦へと飛び火、それは凄惨を極めた。 散り行く花弁たちの中にあり、愛に生きようとした男と女もまた、 儚くも美しく散った——が、しかし。 伝え聞くところ、服部半蔵が継子・響八郎の手によって、つかの間か、永劫か—— 二枚の花弁は生を与えられ、忘れ形見をまた2つ、残したという。 甲賀八郎、伊賀響。 それぞれに父、母に良く似た眼を持って生まれた宿命の子供たち。

時は寛永、太平の世。 忍びはもはや無用の長物、行く末は陰り行くのみ。 “血”と“力”によってなんとかその礎を磐石なものにせんと、 甲賀、伊賀の者達は八郎、響にあることを望んだ。

“契り”

——実の兄妹にして、二人は契りを結ぶ宿命を背負わされていた。 宿命に翻弄され、迷い生きる八郎と、 己の深き真情に従い、愛に生きる響。 二人が織り成す生の先には、未知なる現象“桜花”が生まれ、 其処に乱世の影がにじり寄る…

TVアニメ『バジリスク ~桜花忍法帖~』公式サイト
http://basilisk-ouka.jp

TVアニメ『バジリスク ~桜花忍法帖~』公式 Twitter
@basiliskouka

(C)山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会



PAGETOP