超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

あなたの嫁が動くデジタルフィギュアに!?Gugenka(R)のデジタルフィギュア「HoloModels(TM)」が「Gatebox」に対応決定!Gateboxプレミアム体験会で「リゼロ」などのキャラクターをデモ展示

2019/10/7


 Gatebox株式会社とGugenka(R)(グゲンカ)は、デジタルフィギュアサービス「HoloModels(TM)」を「Gatebox」に対応させたアプリケーションの開発に関して提携合意したことを発表した。この提携により、「Re:ゼロから始める異世界生活」の人気キャラクター、エミリア、レムをはじめとした各種作品のデジタルフィギュアを「Gatebox」にて楽しめるようになる。

 本合意は、Gateboxが展開する「Gateboxビジネスパートナープログラム」へのGugenka(R)の参画を通じて締結され、デジタルフィギュア領域での「Gatebox」活用の可能性を共同で追求いく。

■ HoloModels™の「Gatebox」対応について

 Gugenka(R)が展開している「HoloModels™」は、デジタルフィギュアにポーズや表情をつけ、スマートフォンやVRデバイスなどを通して現実空間や仮想空間にキャラクターが実在するかのようにAR/VR/MRで表示できるクロスデバイスアプリ。これまで、「Re:ゼロから始める異世界生活」のエミリアやレムをはじめとした各種作品の人気キャラクターをフィギュア化している。今回は、 キャラクター召喚装置「Gatebox」の実在感溢れるインターフェイスを活用することで、 様々なキャラクターが「Gatebox」上にデジタルフィギュアとして召喚され、インテリアとして見て楽しめる体験を実現しています。「Gateboxプレミアム体験会」では、HoloModels™で登場するキャラクターの中から、以下のキャラクターなどを展示する予定。 

Gateboxプレミアム体験会での展示予定キャラクター
Re:ゼロから始める異世界生活:エミリア、レム
この素晴らしい世界に祝福を!:めぐみん
エロマンガ先生:和泉紗霧、山田 エルフ
世話やきキツネの仙狐さん:仙狐

※体験会での展示キャラクターについては、 今後変更する可能性があります。
※「Gatebox」への正式な配信時期などの詳細は近日発表予定です。 続報をお待ちください。

■ Gateboxプレミアム体験会について
 「Gatebox」量産モデル(GTBX-100)の販売開始にあたり、「Gatebox」の実物や「Gatebox」に登場するキャラクターによる体験を楽しめる「Gateboxプレミアム体験会」を開催。「Gatebox」の中でイキイキと動くキャラクターをじっくりと眺められるだけでなく、個別ブースではGateboxオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」との共同生活を疑似体験できる無料の体験会。「Gatebox」の購入をご検討の方はぜひ体験会にご応募ください。


体験内容:逢妻ヒカリ体験ブース、GateboxスタッフへのQ&A、HoloModels in Gateboxデモ展示ほか
日程:2019年10月12日(土)~13日(日)(11月以降も実施予定)
会場:HYPERMIX門前仲町地下1階
申し込み方法:体験会への参加はご予約制(先着)となります。Gateboxのメールマガジンにご登録いただいた方に、応募フォームをご連絡いたします。

メールマガジンへの登録はこちら
https://www.gatebox.ai/trial

■ Gugenka(R)について
株式会社シーエスレポーターズが2017年2月27日(月)より始動した、 VR/AR/MRなど先端コンテンツを活用した日本アニメのデジタルグッズ販売と技術研究における専属チーム。 デジタルフィギュア「HoloModels™」、 アバターメイキング「MakeAvatar™」などを運営。

■ Gatebox株式会社について
Gatebox株式会社は、 「Living with Characters」をビジョンに掲げ、 キャラクターと一緒に暮らせる世界の実現を目指して活動を行うベンチャー企業です。 現在は、 キャラクターとのコミュニケーションを可能にするキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会
(C)2019 リムコロ/KADOKAWA/世話やきキツネの仙狐さん製作委員会
(C)2017 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば2製作委員会
(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP



PAGETOP