超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

星奏学院vs神南高校の戦いの行方は? 新キャラクターも登場する音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』がついに開幕!!

2016/12/9


 inside2016120904-01

 2016年12月8日から全労済ホール スペース・ゼロで音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』が開幕した。

『金色のコルダ』は、コーエーテクモゲームスの女性向けゲームブランド・ルビーパーティーによる、クラシック音楽を題材にした人気ゲームシリーズ。舞台版は2014年に日本テレビほかで放送されたアニメ『金色のコルダ Blue♪Sky』を元に製作されたものだ。今回の公演は、2015年9月に上演され好評を博し、チケットが完売した音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky First Stage』の続編となる。

 初日公演を前に、前山剛久さん(如月響也役)、秋元龍太朗さん(如月律役)、栞菜さん(小日向かなで役)、小沼将太さん(榊大地役)、高崎翔太さん(水嶋悠人役)、碕理人さん(東金千秋役)、上田堪大さん(土岐蓬生役)、北川尚弥さん(芹沢睦役)が囲み取材に応じ、舞台にかける意気込みを語ってくれた。

>>動画ニュースはこちらから!

 待望の「Second Stage」ということで、前山さんは「早くSecond Stageをやりたいと思っていたので、念願のステージです。神南高校は上品で華やかですし、今回からは新しいキャストが加わって、以前とはまた違う色になっていると思うので、そこを楽しんでほしいです」とコメント。碕さんも「芹沢役の北川くんが加わって、新しい風が吹いたと思うので、ぜひ見ていただきたいです」と語った。

 初登場となる北川さんは「音楽の楽しさや素晴らしさをみなさんに伝えたいと思います」と、来場者へのメッセージを緊張した様子でコメント。上田さんは「ずっとバトンを持ちつつ、見届けつつ、僕たちの番になってきました。新しいコルダの世界をお送りできると思うので、お楽しみに」と話した。

 上田さん演じる土岐と、小沼さん演じる榊大地の絡みが原作ではおなじみだが、今回、舞台でも2人の絡みがあるそうで、「副部長同士の絡みがファンの間では人気みたいですが、First Stageではありませんでした。今回は結構描かれているので、見どころかなと思います」(小沼さん)。高崎さんは「(今年)28歳になりまして、もう高校1年生という役は回ってこないと思いますので、ぜひ見てほしいです」、紅一点の栞菜さんは「音楽劇ということで、お芝居だけではなくオーケストラやダンサーさんのおかげで華やかなステージになりました。とにかく楽しんでください」と笑顔を浮かべながら話してくれた。

 さらに他の役者陣からも、「役者の熱量はもちろん、生演奏がすごくステキで迫力があります。芝居と演奏でお客さんをこちらの世界に巻き込みたいと思います」(秋元さん)、「これまで以上に華やかになっていますので、ぜひ見てください。そして、そんな華やかななかで、僕たち自身が輝けるようにがんばります」(碕さん)、「以前にも増してキャストの仲がいいので、その仲のよさが舞台に出ていると思います。それを体感していただければと思います」(前山さん)と、それぞれ想いを語ってくれた。

inside2016120904-02

 今回の「Second Stage」は、主人公・如月響也と幼馴染の小日向かなで、如月律が所属する星奏学院オーケストラ部が、仲間やライバルと切磋琢磨しながら、全国学生音楽コンクールの頂点を目指すなかでの、セミファイナル(準決勝)を描いたもの。「First Stage」から「Prelude of 至誠館」まででは、星奏学院オーケストラ部の物語と至誠館高校吹奏楽部との対決が描かれ、無事、コンクールのセミファイナルへの出場が決まったところが描かれた。しかし、「Second Stage」は、部の柱である律が負傷、コンクールへ出場ができなくなり、第一バイオリンを任された響也の苦悩などが描かれる。

inside2016120904-03

 星奏学院の対決校となる、華やかな演奏で観客を魅了する東金千秋率いる神南高校管弦楽部も、ファイナルをめざし練習に打ち込む姿が描かれており、王道のクラシック曲を得意とする星奏学院オーケストラ部と、サイレントバイオリンを使用し、華やかでパワフルな演奏を得意とする神南高校管弦楽部の対決がメインストーリーになっている。

 学校対決という部分だけではなく、律不在のなか、オーケストラ部を立て直そうとする副部長の大地、自分の音とは何かを見つめなおす響也、サイレントバイオリンを使用する千秋とクラシック以外を認めない父・東金源一の因縁、体調を崩し倒れる土岐と千秋・芹沢のきずな、など、キャラクター個人やキャラクター同士の物語も描かれており、見どころは多い。

inside2016120904-05
 また、ヒロイン・かなでと過去に因縁を持つキャラクターとして、今回、舞台に初登場する横浜天音学園高校室内楽部部長・冥加玲士の姿やかなでとの関係性も見逃せない。全編通して、原作に忠実な熱い物語が描かれる本作の今後にも期待したい。

<公演概要>
■音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』 
日程:2016年12月8日(木)~12月18日(日)全15公演
劇場:全労済ホール/スペース・ゼロ (渋谷区代々木2-12-10)
原作:アニメ「金色のコルダ Blue♪Sky」
監修:ルビーパーティー
演出:吉谷光太郎
脚本:桜木さやか
制作:ポリゴンマジック
主催:音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会

【チケット料金】
S席 9,500円(税込) ※前方席&非売品グッズ付
A席 7,500円(税込)
【出演者】
如月響也:前山剛久、如月 律:秋元龍太朗、小日向かなで:栞菜、榊 大地:小沼将太、水嶋悠人:高崎翔太、八木沢雪広:谷佳樹、東金千秋:碕理人、土岐蓬生:上田堪大、芹沢 睦:北川尚弥、東金源一:関口晴雄、冥加玲士:井上正大 ほか

音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky Second Stage』公式サイト
http://corda-stage.com/second/

(C)星奏学院オーケストラ部 (C)音楽劇「金色のコルダBS」製作委員会



PAGETOP