超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

夏公開映画『二ノ国』スペシャルステージに宮野真守&梶裕貴登場「ふたりで山﨑賢人を支えます!」

2019/3/24


 夏公開のアニメーション映画『二ノ国』のスペシャルステージが、「AnimeJapan 2019」にて開催。日野晃博を始め、宮野真守、梶裕貴が登壇した。


 映画化に至るまで10年もの歳月をかけ丁寧に構想された超大作『二ノ国』は、主人公たちの暮らす現実世界、“一ノ国”そして隣合わせにある魔法世界“二ノ国”の2つの世界が舞台となる物語。現実と隣り合わせなのに全く違2つの世界の繋がは<命のつながったもう1人の“自分”>。ある事件をキッカケに2つの世界を行き来する主人公たちにつきつけられる[究極の選択]を描く。

 集まった約1000人の大歓声に迎えられ登壇した日野、宮野、梶3名は本作の制作発表後の世間の大 きな反応に驚きながらも、絶賛制作中である本作についてのトークを展開。日野は作品の手応えについて「レベルファイブとして初めてゲームとの関連は考えず、メッセージ性があって観た人に何かを感じてもらえる作品<純粋にいい映画を作りたい> という気持ちで取り組んでいます。物語もレベルファイブのテイストとは違っていて企画の段階でも物議があったが非常に攻めている内容で、(青春の)普通の三角関係ではなく、人の命を巡って命を取り合う物語。ジブリテイストの絵、超豪華声優陣、謎がいっぱいのシナリオ、最後のどんでん返しに皆さん驚いて頂けると思います」と自信を覗かせる。“二ノ国”ではヨキを演じる宮野は、自身の役柄について「ただの優しい人ではなく、一癖も二癖もあるキャラクターで、僕自身もどんな活躍をするか楽しみ」と明かし、また、“二ノ国”でダンパを演じる梶は「カワイイ見た目のキャラクターで、僕自身どんな声で演じるのか楽しみです。関西弁じゃないですよね!?」と、日野と宮野に確認し会場を盛り上げる。

 初めて明らかとなった2人が演じるキャラクターに会場からの関心が集まる中、既に脚本を読んだというふたりから「シナリオを読んで、ファンタジーな世界でカワイイ 絵なんですけど、ハードで、シリアスで、攻め込んだ内容の超大作で今からわくわくしています。僕自身、この絵の中に参加できることが嬉しいし、皆さんには期待して待っていてほしいです」(宮野)、「元々ゲームのファンで、今もテンションが上がってます! 山﨑賢人くんともいつか共演したいねと話していたので『二ノ国』で共演できてよかったです。賢人からはアフレコに立ち会ってほしいと言われていたので支えます!。本当に大作映画です。久石さんの音楽も、、もう本当に色んな面で楽しみですし、1ファンとしても嬉しい!」(梶)と、制作中でありながら映画『二ノ国』の圧倒的な期待値の高さと、クオリティの高さをファンに宣言。宮野も梶に同調し「みんなで賢人を支えましょう!」と決意を明かした。

 また、一般公募によるLINE LIVE限定声優オーディションを勝ち抜いた、せりしゅんと水瀬遥が登壇し緊張気味に意気込みを語り、宮野は「せっかくの大舞台だから楽しんで収録してくださいね」と優しくアドバイスを贈った。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『二ノ国』〉
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行 音楽:久石譲
主演:山﨑賢人
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 映画「二ノ国」製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP