超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら 魔王も倒せるかもしれない。』第2弾キービジュアル解禁

2019/3/23


 ホビージャパン50周年記念アニメ化作品としてTVアニメ化が決定している、⼩説家になろう発⼤ヒット⼩説『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら 魔王も倒せるかもしれない。』。この度、学舎で過ごすラティナの楽しそうな姿を描いた第2弾キービジュアルが公開となった。


 あわせて、アニメ化告知PVを公開した。ナレーションは、親バカ冒険者デイルを演じる岡本信彦が担当。映像のラストでは本邦初公開のTVアニメカットも解禁されている。また、“仕事にいきたくなくなるほど可愛い”ラティナの等⾝⼤フィギュア制作が進⾏中。6⽉2⽇に⾏われる「ホビージャパン半世紀祭り」で初披露の予定。同イベントではステージにて、「うちの娘。トーク&ミニライブ〜第1回保護者の集い〜」も開催決定。

 また、3⽉23・24⽇の2⽇間開催中のAnimeJapan2019では、KADOKAWAブースで本アニメ化PVの上映、ジェンコブース&アスミック・エースブースでは キービジュアル2種を使⽤したクリアファイルの配布を⾏っている。

◆アニメ化告知PV公開
岡本信彦(デイル役)によるナレーション・本邦初公開となるTVアニメカットを使 ⽤したアニメ化告知PVを公開した。また、スタッフ情報を解禁。監督を柳瀬雄之、シリーズ構成・脚本を吉岡たかを、キャラ クターデザイン・総作画監督を⻄⽥美弥⼦、⾇舘俊秀、出⼝花穂、アニメーション制作を MAHO FILMが担当する。

https://www.youtube.com/watch?v=jP0CnyAmxc0

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

◆等身大ラティナフィギュア制作決定&イベント情報
“仕事にいきたくなくなるほど可愛い”ラティナの等⾝⼤フィギュア制作が進⾏中。可愛いワンピースとツインテールの「うちの娘。」イメージイラストを⽴体化。6⽉2⽇に⾏われる「ホビージャパン半世紀祭り」で初披露。秋葉原UDX会場に設置されたフォトブースにてリアル・ラティナの“親バカ”撮影会を予定している。


■ステージイベント開催決定!
うちの娘。トーク&ミニライブ 〜第1回保護者の集い〜 ラティナ役・⾼尾奏⾳とデイル役・岡本信彦を迎えてラティナを⾒守る「保護者」の集い第1回を開催。ラティナが可愛すぎて仕事に⾏きたくないというみなさまと⼀緒に、親バカ全開トーク&ミニライブをお楽しみに。アニメ最新情報の発表もあるかも!?

■ステージ概要
⽇時:6⽉2⽇(⽇)13:00〜
会場:秋葉原UDX(2Fアキバ・スクエア)
出演:⾼尾奏⾳(ラティナ役)・岡本信彦(デイル役)
⼊場料:無料
公式サイト:http://hobbyjapan.co.jp/50th
観覧⽅法:ステージ観覧抽選を4⽉8⽇(⽉) 17:00より公式サイトにて開始

〈『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』情報〉

■イントロダクション
若くして頭⾓を現し、その名を知られる凄腕冒険者の⻘年「デイル」。
とある依頼で深い森へと⾜を踏み⼊れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔⼈族の少⼥「ラ ティナ」と出会う。
⽚⾓を折られ罪⼈の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保 護者になることを決意したデイルだったが――
「ラティナが可愛すぎて、仕事に⾏きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

■スタッフ
原作:CHIROLU『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるか もしれない。』 (HJノベルス/ホビージャパン)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクター原案:景・トリュフ
デザイン協⼒:ほた。(MFC/KADOKAWA)
キャラクターデザイン・総作画監督:⻄⽥美弥⼦、⾇舘俊秀、出⼝花穂
アニメーション制作:MAHO FILM

■キャスト
ラティナ:⾼尾奏⾳
デイル:岡本信彦

公式サイト
uchinoko-anime.com

公式ツイッター
@uchinoko_anime

©CHIROLU・ホビージャパン/⽩⾦の妖精姫を⾒守る会



PAGETOP