超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『Dr.STONE』のステージイベントで原作者・稲垣理一郎が「原作の世界観をアニメでもきちんと楽しめます」とアニメに太鼓判!

2018/12/24



 週刊少年ジャンプで大人気連載中、「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門にて堂々2位を受賞した話題作「Dr.STONE」が、待望のTVアニメ化!12月22日(土)開催の「ジャンプフェスタ2019」にて、「Dr.STONE」の最新情報を含む、様々なステージが展開され、集まった会場のファンを沸かせた。

 「週刊少年ジャンプ」ブースで最初に行われたステージでは、原作者・稲垣理一郎と、千空ふう(?)のかつらをかぶった担当編集者がステージに登壇!振り返りコーナーでは、2018年に起こった作品の3大ニュースを発表した。

 また、TVアニメの始動について、稲垣は「原作の世界観に色が付き、わかりやすくなるのが非常に楽しみです」と語り、アニメの制作に関して、「原稿用紙が赤の修正でびっしりと埋まるくらい、細かく見ています。原作の世界観をアニメでもきちんと楽しめますので、ぜひ期待してください」と語った。

 さらにステージでは、科学の力を使った「Dr.ほんだの実験コーナー」も行われ、「黒曜石パーライト」による点火実験や、コミックにも登場した「蓄音機」を使い、今後の重大なネタばれを録音するという数々の実験も行われたが、結果はことごとく失敗。実験不成功となった。


 また、続いて開催された「ジャンプスーパーステージ」では、稲垣と、千空役の小林裕介が登壇し、大きな拍手で迎えられた。この日、ステージで追加キャストの発表も行われ、大木大樹役の古川慎がサプライスゲストで登壇。驚きのゲストに会場から大歓声があがった。さらに、ステージでティザーPVが公開されると、原作の世界観を見事に表現したアニメーション映像に、キャスト陣が「カッコいい!」と興奮の様子で感想を語った。

 また、ステージ後半では、「Dr.STONE」らしく、科学の力を使ったCO2バズーカーを用い、追加キャストを発表。小川杠役の市ノ瀬加那と、獅子王司役に中村悠一さんの参加が派手に発表されると、豪華なキャスト陣に割れんばかりの歓声が上がった。


画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

 ベント最後には、作画を担当するBoichi先生より、感謝のメッセージが公開され、また、登壇者一人一人より、集まった会場のファンにメッセージが贈られた。

稲垣「科学の力で闘う珍しい漫画で、アニメも人生で観る珍しいタイプのアニメになると思いますので、ぜひ皆さんも楽しんでほしいです。」

小林「公開されたPVは何度もテイクを重ね、丁寧に演じました。従来の主人公像とは違うタイプのキャラクターで、演じるのが楽しみです。物語と科学が繋がる道しるべを楽しみにしてほしいです。」

古川「大樹は、科学ではなく、身体を使ってチームを助ける存在です。大切な皆を守れるように、僕自身熱をもって演じていきたいので、放送を楽しみにしていてください。」

〈TVアニメ『Dr.STONE』作品概要〉
2019年7月TVアニメ放送開始!!

<イントロダクション>
全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年――。
超人的な頭脳を持つ、根っからの科学少年・千空が目覚める。
「石器時代から現代文明まで、科学史200万年を駆け上がってやる!」。
絶体絶命の状況で、千空は仲間を探し、世界を取り戻すことを決意する!

<STAFF>
原作:稲垣理一郎・Boichi(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

<CAST>
千空:小林裕介
大木 大樹:古川 慎
小川 杠:市ノ瀬加那
獅子王 司:中村悠一 ほか

公式サイト
dr-stone.jp

公式Twitter
@STONE_anime_off

©米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会



この記事のキーワード

PAGETOP