超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ファントム オブ キル』5周年を記念したリアルイベント「マスターミーティング」のオフィシャルレポート到着!【レポート】

2019/11/15


 本格シミュレーションRPG『ファントム オブ キル』(以下、『ファンキル』)が、リリース5周年を記念したリアルイベント「ファントム オブ キル マスターミーティング」をベルサール渋⾕ファーストで開催した。5周年を迎えたファンキルの限定グッズ販売やステージ、イラスト展⽰など、数多くのプログラムが催されたイベントのレポートが到着したので、ご紹介する。

▲今年のマスターミーティングの会場となった「ベルサール渋⾕ファースト」外には早い時間から⻑い列が。

■物販では早朝から約800⼈のユーザーが集まり⻑蛇の列に!
 5周年を記念したグッズが販売された「マスターミーティングオフィシャルストア」ではイベント開始前の早朝から多くの人が集まり会場の周りには⻑蛇の列ができた。7:30の列形成時にはなんとおよそ800⼈という数に上り、⼤盛況の様⼦が伺えた。9時半より物販が開始されると、ユーザーは各々お⽬当てのグッズを購⼊していた。今回販売されたグッズは新作が約30種類、過去の再販グッズも合わせ約60種類以上、⼈気のグッズは開始早々に売り切れとなった。特に⽣産コストの関係で50個という数量で販売された限定リュック『「Integral NOAH」BAG LIMITED 50 by Kimura AD』(22,000 円)は1番最初に完売になるなど、予想を超える⼈気ぶりだった。他にも描き下ろしイラストを使⽤したクッションカバー、抱き枕カバーやゲーム内の武器をモチーフにしたネックレスなどが⼈気だった。会場にはグッズ購⼊特典の特製ショッパーを持ち歩くユーザーの姿が多数⾒受けられた。

 

■無料の来場者プレゼントを配布&ミッションクリアで出来るリアルガチャも!


▲ゲームレベル50以上のマスター全員に贈られる恒例の来場者限定プレゼント

 今年は5周年ということで、今までにない豪華なグッズ4種が⽤意された。特に『5th Anniversary CD&ブックレットBOX』は、40Pを超えるA4冊⼦とゲーム内BGM23曲が収録された特製CD&ミニブックが付いているスペシャルなアイテム。他にも6周年まで使える卓上カレンダーや特製キットカットなどがオリジナルバッグに⼊った状態で配布された。イベント前から話題になっていたこともあり、こちらも開始早々⻑蛇の列に。リアルガチャ「マスターミーティング限定パネルミッション メタルガーデン」ではスタンプラリー形式で各種ミッションに挑戦してスタンプを集め、スタンプの数に応じて、オリジナルグッズが当たるリアルガチャができるという内容で、こちらも毎年⼈気のコーナーで今年も盛り上がりを⾒せている。ミッションは全部で9つ。会場内の指定の場所で写真を撮ってツイートしたり、会場限定のゲームクエストをクリアするなど様々なミッションに挑戦できる。中でも注⽬のミッションは「ファットムアルマス」の着ぐるみの写真を撮ってツイートするといったもので、ゲームのヒロイン「アルマス」が過剰編の影響で⼤きく太った状態で会場に登場。グリーティングではたくさんのユーザーに囲まれて盛況な様⼦だった。イベントの様⼦をツイートするハッシュタグ「#ファンキル5 周年祭り」はTwitterのトレンドにも⼊り話題となった。


▲会場に遊びに来てくれたファットムアルマス。周りでは突如撮影会が開催されたように盛り上がった。

■アトラクションでは参加者のマスター達が三国に分かれ対決!


 毎年違ったアトラクションを楽しめる⼈気のコーナー。今年は「ギアハック三国対戦」開催︕ 参加者全員が⾃らマスターとなり、ファンキルの世界にあるハルモニア教皇国、ケイオスリオン帝国、トレイセーマ共和国の三国にそれぞれ分かれ、チームで協⼒し対決するアトラクションだ。最初のミッションはシルエットクイズ。モニターに映し出されるキャラの名前をギアハックも含めて答えるといった内容で、マスター達はチームで相談しながら回答する。ファンキルの知識が試されるこの問題には意外にも苦戦していたようで「ギアハック名までは⾃信ない」などといった声も。そんななかでチーム全員で団結し、挑戦する姿が印象的だった。クイズの後は得点の⾼かった二国によるマルチ対戦で決着が決まる。勝者のチームは別室でキャラクターの録り下ろし&ご褒美ボイスを聴くことができる。どのチームも最後はお互いを称え合い、マスター同⼠が楽しく交流できた。アトラクションはたくさんの人が体験し、⼣⽅の回まで列があった。

■近隣のカフェとコラボしオリジナルドリンク3種を販売
 会場の外を出てすぐにあるお店「Jail House(ジェイル ハウス)」にて、限定コラボドリンクを販売した。
 名前も「聖鎖(ジェイル)カフェ」と称し、1⽇限りのコラボカフェが実現。ドリンクは3種類で「インテグラルノア」「エンシェントキラーズ」「ゴッドキラーズ」をそれぞれイメージしている。11時からのOPENにもかかわらずこちらも⼤盛況で、外には⻑い列ができた。店内にはファンキルの曲や映像が流れていたり、ゴッドキラーズのタペストリーが飾られていたり、ユーザーも並びながら写真を撮るなど盛り上がった。

 

■ファンキル 5周年記念公開⽣放送
 ファンキルの最新情報などをいち早くお届けする公式⽣放送「ファンキルが⻑く続きますよ〜に」が、5周年記念のスペシャル版として会場で公開⽣配信された。事前当選者や当⽇抽選での当選者など、およそ250⼈のユーザーが参加した。配信直前にはソロモン役の秦佐和⼦さんが登場し、シークレットライブがスタート! ギアハック前ソロモンのキャラクターソング『Precious Answer』が初お披露⽬され、会場の熱量は⼀気に⾼まった。ソロモンのキャラクターソングは他に『チェックメイト』という新曲も含めた2曲が12⽉に配信されることも発表された。

 

 いよいよ⽣放送がスタートし、司会の百花繚乱さんの紹介で運営陣が登場する中、ゲストで『でんぱ組.inc』の古川未鈴さんがサプライズ登場し、会場は驚きに包まれた。天帝杯優勝者の表彰、ゲーム内の最新情報や注⽬の⼈気投票結果発表が⾏われ、ファンキル5年間の出来事を振り返るコーナーでは、懐かしいといった声が上がった。
 他にもラジオ番組「ファンキルの絶!ってあそぼ」や「熱⾎ファンキル塾」などお馴染みのコーナーをスペシャルバージョンでお届けしたり、ライブパートではエンシェントキラーズのミネルヴァ役・⼩⽥果林さん、ダモクレス役・⼭⽥奈都美さんと、ゴッドキラーズのティファレト役・須⽥裕莉⾹さん、フェイルノート役・⾚尾ひかるさん、カシウス役・佐藤舞さん、そして着ぐるみのファットムアルマスによる先輩後輩(?)対決など、⾒どころが満載。⽣放送終盤にはアルマス役の鷲⾒友美ジェナさんも駆けつけ、全員で「キミにGod4Love♥」を歌い、会場の盛り上がりは最⾼潮に! 最後に今泉プロデューサーから今⽇のイベントのお礼と、これからのファンキルへの意気込みを語り、⼤盛況の中幕を閉じた。
「あらためてマスターミーティングにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。」

■イベント企画・制作クレジット
Produced by Studio FgG Promotion Section
宣伝プロデューサー:仁⽥俊秀(Studio FgG)
プロモーションプランニング:仁⽥俊秀(Studio FgG)、株式会社東急エージェンシー、株式会社ジークス
プロモーションディレクター:⽊村将⼈、仁⽥俊秀、冨永美咲(Studio FgG)
オフィシャルストア:⼤屋孝⽂(Studio FgG)、株式会社キャラアニ
リアルガチャ&ミッション:仁⽥俊秀、⽥畑宏樹(Studio FgG)
限定プレゼント・シールマシン:仁⽥俊秀、冨永美咲(Studio FgG)
ラジオ公開収録、天帝杯:篠崎昌三(Studio FgG)
アトラクション:仁⽥俊秀、伊藤裕之(Studio FgG)
限定クエスト:仁⽥俊秀(Studio FgG)
コラボカフェ、ファットム アルマス:仁⽥俊秀、冨永美咲(Studio FgG)
公開⽣放送:仁⽥俊秀、遊道諒介(Studio FgG)
グッズ制作・企画:⽊村将⼈、仁⽥俊秀、冨永美咲(Studio FgG)
広報・SNS:仁⽥俊秀(Studio FgG)、冨永美咲(Studio FgG)
公式ウェブサイト:⼤屋孝⽂(Studio FgG)
クリエイティブディレクション&デザイン:⽊村将⼈(Studio FgG)
ファントム オブ キル プロデューサー:今泉潤(Studio FgG)
広告代理店・プロダクション:株式会社東急エージェンシー、株式会社ジークス
協⼒:株式会社⾓川メディアハウス

■『ファントム オブ キル』とは


 国内500 万ダウンロード突破!『ファントム オブ キル』は、“戦略性×ドラマ”をコンセプトにしたシミュレーションRPG です。伝説の武器の名を持つ謎の少⼥たちとのドラマティックなストーリー、多彩なジョブ&スキルと奥深いユニット育成、そして豪華声優陣のボイスと迫⼒の3D バトル演出が楽しめます。スマートフォンで楽しめる本格シミュレーションRPG の真髄がここに。

ファントム オブ キル
ジャンル:シミュレーションRPG
対応機種:スマートフォン ※詳細は公式サイトをご覧ください
利⽤料⾦:基本プレイ無料(アイテム課⾦型)
DL⽅法:Google Play または App store にてDL
開発:株式会社FgG
提供:株式会社gumi

ファントム オブ キル公式サイト
https://pk.fg-games.co.jp/

©FgG



この記事のキーワード

PAGETOP