超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【東京コミコン2018/コスプレインタビュー】スパイダーマン、キャットウーマン、ハリポタほか、キャプテン・マーベルなど日本未公開 作品の新キャラが登場!憧れのスーパーヒーロー&ヒロインになりきる“アメコミ”コスプレイヤー

2018/12/28


 11月30日~12月2日の3日間で過去最多の6万3千人が来場した、「東京コミコン2018」(会場:幕張メッセ国際展示場)。松本零士や中川翔子、トム・ヒドルストン、フェルプス兄弟、ダニエル・ローガンなど、豪華ハリウッドセレブを迎えたオープニングセレモニーの後、コスプレインタビューを決行しました。今回、「超!アニメディア」コスプレインタビュアーのAzully(アズリー)は、ブロンドヘアの米記者(?)に扮し、アメコミコスプレイヤーに取材。その魅力に迫ってきました。

 まずは、取材を開始しようとコスプレイヤー専用の入口を通ると、スクリーンの中で見覚えがある“スーパーヒーロー集団”を発見!さっそく質問をしてみました。

■えるさん(Twitter@Eru_cosaka)/ウインターソルジャー(キャプテン・アメリカ)
■じゅんさん(Twitter@spa_jun)/スパイダーマン(スパイダーマン)
■いっくんさん(Twitter@cosota1998)/アントマン(アントマン)
■たかさん(Twitter@na2ki4ka)/キャプテン・アメリカ(キャプテン・アメリカ)
■くろさん(Twitter@taaaskn)/スターロード(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)
■かのんさん(Twitter@gogokanongogo)/ブラック・ウィドウ(アベンジャーズ)
■ディスコさん(Twitter@fujimaccha4649)/ドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ)

東京コミコン

――とても仲良さそうですが、いったい何のコスプレチームですか?

このあと行われるマーベルのステージ「TOKYO COMIC CON PRESENTS MARVEL FANS ASSEMBLE! STAGE 2018」に出るために集まったチームです。

――すごい! 審査に通過してステージ権を獲得したわけですね。全員何人で出場するんですか?

全員で7人です。私(える)がお声がけして、それぞれに好きなコスプレをしてみんなに集まってもらいました。

東京コミコン

――どうやって知り合ったんですか? 皆さん、アメコミのコスプレだと外国人っぽく見えるのですが……。

Twitterやコスプレのイベントで知り合った仲間で、今回のメンバーではディスコさん以外は日本人なんです。

東京コミコン

――来年のコミコンもアメコミのコスプレをやるんですか? 新規メンバーは募集されますか?

そうですね。今回のメンバーはこれで全員ですが、また来年のコミコンでも集まってみんなで一緒にコスプレしたいです。

新しいメンバーも大歓迎なので、私(える)の「Twitter@Eru_cosaka」を見ていただき、DMしてもらえればと思います!

――アニメは好きでもアメコミに馴染みがない人もいると思うんですが、何かメッセージをお願いします。

え~、そうですね。最近のアニメや漫画でもヒーロー物ってたくさんあると思うんですが、ヒーロー物が好きな人はアメコミも絶対好きになるはずなんで、映画でも漫画でもなんでもいいので「ちょっと試しに観てみようかな?」と思ってもらえたらいいかなって思います。

――スーパーヒーローチームの皆さま、ご協力ありがとうございました。

マーベルのスーパーヒーローとヒロインが7名も勢揃いしたアベンジャーズチームは、とってもかっこよくてゴージャス!

しかも、この後「TOKYO COMIC CON PRESENTS MARVEL FANS ASSEMBLE! STAGE 2018」で「チームワーク賞」を受賞されていました! おめでとうございます!来年の東京コミコンには、もっとメンバーが増えてさらに注目されるチームになっているかもしれないですね。

次は、会場に入り歩いていると、千鳥足でゆったり歩いているジャック・スパロウが!

■ジャックマジシャンさん(Twitter@jackmagician323)/キャプテン・ジャック・スパロウ(パイレーツ・オブ・カリビアン)

https://twitter.com/jackmagician323

――念のため確認ですが、何のコスプレでしょうか?

キャプテン・ジャック・スパロウです。まぁ、僕に言わせるとこれはコスプレでもなんでもなく普段の服装です。キャラクターが好きって言うのもあるのですが、実際に本当にこれが私のお仕事なんです。

――え、お仕事? 普段も本当にこの服装なんですか?

はい、職業が「海賊」です。

――職業が「海賊」! いつから海賊になって、どのようなお仕事をされているんですか?

この服装自体をしはじめたのは、8~9年くらい前からですが、職業「海賊」を始めたのは2年くらい前からです(笑)。

実は、私「マジシャン」でもあるんです。色々な企業イベントやバースデーパーティ、忘年会などに呼んでいただいて、ステージ上でマジックを披露したり、テーブルがあるときはテーブルでトランプを使ったマジックをしたりといったお仕事を、この服装でしています。もともとはマジシャンでも海賊でもなかったのですが、どっちもやっていたら「キャプテン・ジャック・スパロウ」になりました。

――今日もお仕事でいらっしゃったのですか?

いえ、僕はコミコンが大好きなので2年前に初めて開催されたときから毎年3日間全部プライベートで参加しています。

――常連さんとは! 職業だけあって超本格的でコスプレに慣れているとは思いますが、着替えとメイクにどれくらい時間がかかりますか?

そうですね。大体1時間ちょっとくらいです。メイクに一番時間がかかっていて40分くらいだと思います。

東京コミコン

――ジャックマジシャンさんにとって、日本のアニメと違うアメコミの魅力は?

日本のアニメや特撮は多くの作品が子供向けに作られていると思うのですが、アメコミは大人もみるように作られているので、まったく違う面白さがあります。アベンジャーズやバットマンは、時代の世相を反映していたり、実際にヒーローがいたら政治とどう絡むのかとか、ファンタジーの世界なんですけど、現実にもしヒーローがいたらってところが綿密に描かれていたりするので、興味深くて大人がみても楽しめる要素なんだと思います。

――子供たちが今みても、大人になってからみたら、また違った楽しみ方がありそうですね。

そうですね、子供たちがみても普通にカッコいいし楽しいので全然いいと思うんですけど、大人になってまたみても新たな発見があって、何度みても楽しめるんではないかなと思います。

――ちなみに、今回のコミコンは海賊ですが、違うコスプレもすることはあるんですか?

しないですね。海賊一筋です! まぁこれが普段着ですから……。

――ジャックマジシャンさん、ご協力ありがとうございました。

服装に仕草に職業にと、完璧になりきった、いやホンモノの海賊でした。よくパーティに呼ばれてマジックを披露しているとのことなので、もしかしたらどこかで会えるかもしれませんね。手配しても面白そうです!

続いて、海賊とは打って変わって、二人組の魔法使いを目撃したので、追いかけてみました!

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP