鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】 | 超!アニメディア

鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】

『鬼滅の刃』の竈門禰豆子や『まちカドまぞく』の千代田桃など、話題のキャラクターを演じて人気の声優・鬼頭明里が、1stシングル「Swinging Heart」でアーティストデビューを果たした。そんな彼女がアーティスト活動 …

ニュース
注目記事
icon
  • icon
  • 鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】
  • 鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】
  • 鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】
  • 鬼頭明里が“さわやかロック曲”でアーティストデビュー「ファンの方からの言葉に『歌うことをもっと頑張ろう』と強く思いました」【インタビュー】


 『鬼滅の刃』の竈門禰豆子や『まちカドまぞく』の千代田桃など、話題のキャラクターを演じて人気の声優・鬼頭明里が、1stシングル「Swinging Heart」でアーティストデビューを果たした。そんな彼女がアーティスト活動に馳せる思いを語ってくれたインタビューが、「アニメディア11月号」に掲載されている。「超!アニメディア」では、掲載しきれなかった部分を含めたインタビューの長文をご紹介しよう。

──アーティストデビューの話を聞いたときは、どんな心境でしたか?

 じつはサプライズでデビューの話をいただいたんです。まったく予期しないお話だったので、正直な話、うれしいというよりビックリという感情のほうが大きかったですね。うれしさを実感したのは、デビューの発表をしたあと、ファンの方からたくさんの喜びの言葉をもらってからです。それを見て、「歌うことをもっと頑張ろう」と強く思いました。

──所属事務所の公式サイトに掲載されている鬼頭さんプロフィールの特技欄には”歌うこと”とありますが、アーティストデビューを夢見たりはしなかったのでしょうか?

 歌うこと自体は好きだったのですが、そのなかでも好きなアーティストやキャラクターになり切って歌うことが好きだったこともあって、声優になればいろんなキャラクターソングを歌えると思ったんです。逆に自分の歌い方を追求する歌手は、私には縁がないものだと勝手に思っていて。だからこそ、アーティストデビューの話をいただいたときは驚きましたね。

──デビューシングル「Swinging Heart」は、どのようなコンセプトで制作されたのでしょうか?

 最初の1枚ということで、私の好きな“さわやかなロックテイスト”を軸に制作していただきました。これまでに歌わせていただいたキャラクターソングはかわいらしい曲が多かったので、だったら違う方向性でアーティスト・鬼頭明里を楽しんでいただこうと思ったんです。

──リード曲「Swinging Heart」の収録はどうでしたか?

 まず、できるだけ素の声で歌うことを心がけました。もともと私はキャラクターソングを収録するとき、そのキャラクターが発する声に合わせてノドの形を変えて臨んでいるんです。でも、今回はそういった“演じる”ことは一切せず、自分が気持ちいいと感じる音が出るように心がけました。ある意味、初めて頭を空っぽにしてレコーディングできたと思いますね。そして「Swinging Heart」の歌詞には、私がアーティストデビューする際の気持ちとリンクする言葉がたくさん綴られているんです。おかげで自然と感情を込めて歌うことができました。

──初回限定盤には「Swinging Heart」のMVも収録されていますね。MVの撮影はいかがでしたか?

 これまでにもいろいろなコンテンツのMVに出演させてもらっているのですが、私ひとりだけが出演するMVは今回が初めてだったので、最初はとても不安でした(笑)。でも実際の現場ではバンドの方々が一緒に出演してくれていたので、不安はすぐに拭えたと思います。むしろバンドの方々がいることで画面がすごく華やかになったと思うので、正直ほっとしてしまいます。

──MVの見どころは?

 個人的には私が着ている衣装に注目してほしいです。MV内では白を基調したものと、黒を貴重としたものの2着の衣装を着ているのですが、どちらもMV内の光の具合も相まって、すごくカッコイイ雰囲気を醸し出してくれているんです。衣装が変わるたびにMVの雰囲気も変わるので、そういった視点でも楽しんでいただけたらと思います。

──さらに本作には、リード曲以外に2曲も新曲が収録されています。

「dear my distance」はミディアムバラードの楽曲です。ベースはしっとりした曲調ですが、サビの盛り上がりは歌っていてすごく気持ちがいいんですよ。またこの曲は放送中のTVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』のEDテーマにもなっていて、初のタイアップ曲です。作品の締めの部分を自分の楽曲が飾ると思うと、強い責任感を感じています。
 そして、「Always Going My Way」はノリノリのロック曲で、個人的には一番好きな曲です。レコーディングも3曲のなかで一番早く録り終わりました(笑)。みんなで一緒に盛り上がれる感じがとくに好きで、今後ライブを行うことができたら、ぜひ歌いたい曲です。

──最後に、アーティスト活動の今後の目標を教えてください。

 私にとって歌は、テンションを上げたいとき、落ち込んだ心を奮い立たせたいときに、なくてはならない存在です。だからアーティスト・鬼頭明里も、リスナーのみなさんにとっての“元気の源”になれたらと感じています。たくさんの人に聴いてもらって、たくさんの人の背中を押せたらいいなと。そして「Swinging Heart」のサビに「ずっと私を信じていて」というような言葉がありますが、リスナーの方、ファンの方全員が「付いてきてよかったな」と思ってもらえる活動を行っていけたらと思います。当面の目標は、ライブ出演かな。私は最悪の状況をつねに考えて行動するタイプ(笑)なので、油断せずしっかり歌の練習を重ねて、自信を持ってみなさんの前に立てるよう頑張ります。

プロフィール
鬼頭明里【きとう・あかり】10月16日生まれ。愛知県出身。プロ・フィット所属。2014年より声優の活動を開始。主な出演作は『鬼滅の刃』竈門禰豆子役、『まちカドまぞく』千代田桃役、『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』月坂紗由役など。本作「Swinging Heart」でアーティストデビューを果たす。

<CDリリース情報>
1stシングル「Swinging Heart」
ポニーキャニオンより発売中
初回限定盤:2,000円(税別)、通常盤およびアニメ盤:1,300円(税別)

 人気声優・鬼頭明里のデビューシングルは、彼女の”カッコイイ”一面にフォーカスしたロックテイストな1枚。初回限定盤にはリード曲「Swinging Heart」のMVを収録したBlu-rayが付属しており、バンドメンバーを率いて熱唱する鬼頭のクール&スタイリッシュな姿を鑑賞することができる。

ジャケットギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

取材・文/宮島岳史

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集