次元を超えて展開する『Dimensionハイスクール』に蒼井翔太が学ランで登場「パートナーが仲良しの染谷俊之くんでよかった」【インタビュー】 | 超!アニメディア

次元を超えて展開する『Dimensionハイスクール』に蒼井翔太が学ランで登場「パートナーが仲良しの染谷俊之くんでよかった」【インタビュー】

1月から放送中の、声優×2.5次元俳優が共演する超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』。本作は、補習中の男子高校生たちがひょんなことから次元(=Dimension)を超えて、アニメの世界に飛ばされてしまうこと …

ニュース
注目記事
笘・ain
  • 笘・ain
  • 次元を超えて展開する『Dimensionハイスクール』に蒼井翔太が学ランで登場「パートナーが仲良しの染谷俊之くんでよかった」【インタビュー】
  • 次元を超えて展開する『Dimensionハイスクール』に蒼井翔太が学ランで登場「パートナーが仲良しの染谷俊之くんでよかった」【インタビュー】
  • 次元を超えて展開する『Dimensionハイスクール』に蒼井翔太が学ランで登場「パートナーが仲良しの染谷俊之くんでよかった」【インタビュー】

1月から放送中の、声優×2.5次元俳優が共演する超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』。本作は、補習中の男子高校生たちがひょんなことから次元(=Dimension)を超えて、アニメの世界に飛ばされてしまうことから始まる、アニメの世界(2次元)と実写の世界(3次元)を行き来しながらストーリーが展開する一風変わった学園ファンタジー。大出紫郎役でドラマパートに出演し、次元の使者としてナレーションを担当する蒼井翔太に、作品の感想などを語ってもらった。


――ご出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

 ドラマの出演ははじめてだったことと、学生服を着ると聞き、年齢的な部分もあって最初は「僕でいいんですか!?」と不安もありましたが、僕の役のパートナーが、同い年で普段から仲良させていただいている染谷(俊之)くんだったので安心しました!

――本作がアニメと実写ドラマのハイブリッド作品ということには、どう感じましたか?

 普通は原作があって、アニメ化されてそのあとに舞台化されたり、舞台化のあとにアニメ化されたり、という順番のイメージですが、今回はそれが同時に楽しめるような構成で、とても新しいなと思いました。内容もとてもコミカルで面白いです。ドラマパートの出演だけでなく、次元の使者としてナレーションもさせていただいているので、自分のすべてを出し切るつもりで撮影にも臨みました。

――染谷さんとのお芝居はいかがでしたか?

 親友という間柄を演じるのはこれまでなかったので新鮮でしたし、僕は声優の現場の染谷さんしか見たことがなかったので、こうして芝居のキャッチボールができて、これまで染谷さんが舞台やドラマの現場で積み上げてきたものを間近で感じた気がしました。アフレコ現場ではいつも緊張されている方なんですが、今回の現場はすごく堂々とされていたというか、とても頼れる先輩でした。

――大出と桃谷は同じ目標を持つ親友ですが、ふたりの関係についてはどう感じましたか?

 ふたりで目標に向かって「頑張ろうぜ」って言い合える関係っていいですよね。桃谷と芝居で会話をしてくうちに、僕も「ああ、こんな友人いたなぁ」と思い出すことがありました。最近は、友達が少ないことを、「友達がいないから」って言っちゃいがちですけど、少なかったとしても自分にとって大切な友人がいる事実はしっかりある。そのつながりを大事にしたいなと改めて思いました。


――学生服を着られていかがでしたか?

 小中高と学ランだったので、久しぶりに着たなぁという感覚と、この歳になって着るかぁって感覚がありました(笑)。髪も長かったので、「こんな高校生いないよなぁ」って思いながらでしたが、ヘアメイクさんに協力していただいて何とか高校生に見えるようにしていただきました。この仕事をしていると、いろんな役を演じさせていただくので、とても貴重な経験でした。
 ファンの方の前でも、ちゃんと着た学ラン姿は見せたことがないんですよ。サンタ服などはあるのですが…。今後、蒼井翔太として学ランを着る機会はあるかもしれないけれど、高校生役として着る機会は少ないと思うので、そういう意味でもファンの方の反応も楽しみです。


――蒼井さんは声の現場だけでなく、舞台でお芝居をされることもありますが、舞台とドラマの現場の違いはどう感じましたか?

 舞台でも映像でも、どこから見られてもいいようにということは意識していますが、パッとカメラに抜かれるのは映像ならではで緊張しました。撮影の前日は、携帯をインカメラモードにして動画を撮りながらセリフを練習して、自分がどんな表情をしてお芝居をしているかを何度か確認しました。ドラマはカメラに抜かれてアップになることもありますから、見た目からの情報量も多いですよね。ただ、表情の芝居などで無駄な情報量を与えてしまうと、見てくれる方に物語の内容が入りにくくなってしまうと思ったので、普段舞台で芝居をするときよりも“引き算”を意識しました。

――舞台はとくに、オーバーにリアクションをすることで魅せたりしますもんね。今回は学生の日常を切り取った作品ですし、そういう意味では引き算が大事だったと

 実際にやってみて、引き算も難しいんだなと思いました。日頃、アニメやゲームのファンタジーの世界で演技をしているので、ナチュラルな芝居の感覚を取り戻すのは時間がかかりました。「飾りすぎないように」を心がけました。

――作中では謎解きが展開されますが、蒼井さんはプライベートで脱出ゲームに行かれたりと、謎解きはお好きなんですよね。

 大好きです! 仲のいい声優仲間と一日脱出ゲームで謎解きをしているときもあるくらいです。持ち歩きができるものだと、カフェに入ってみんなでお茶をしながら答えを考えたりして。楽しみながら頭の体操ができるのは画期的ですよね。だから、アニメを見ながら謎解きができるっていうのは、アニメ好きとしてもうれしいです!

――謎解きにおいて、蒼井さんはひらめくタイプですか? それとも考えて答えを導き出すタイプですか?

 問題にもよるんですけど、隠れているものを探したり、浮き出てくるものを見つけるのは得意です。逆に計算的なものは苦手ですね。どちらかというとひらめき問題のほうが得意かもしれないです。

――最後に、蒼井さんのご出演を楽しみにされている方へメッセージをお願いします。

 染谷さん演じる桃谷との感動的なシーンもある、大出紫郎というとても重要な役を演じさせていただきました。大出もですが、登場人物ひとりひとりのキャラクターが濃くてとても面白い作品です。パワフルに場面が展開していくので、何度見ても楽しめると思います!


〈超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』情報〉
TOKYO MX    1月10日(木)22:00~
BSフジ      1月13日(日)25:00~
J:COMテレビ  1月10日(木)22:30~
GYAO!ほかにて1月10日(木)より見逃し配信
※放送日時は変更となる場合がございます。

キャスト
石井孝英 大塚剛央 橋本祥平 財木琢磨 染谷俊之 
蒼井翔太 江口拓也 諏訪部順一

スタッフ
監督・脚本:アベユーイチ
キャラクターデザイン:Izumi
制作会社
アスミック・エース/ポリゴンマジック

【イントロダクション】

西暦2019年、人類は滅亡の危機に直面する。
これは、放課後の教室で命をかけて戦うヒーローたちの物語!・・・であるハズだ。

 次元高校に通う白山純平は、校庭である石を拾う。緑ヶ丘流星、黄川田 剛、水上ゆりおらと、教師・桃谷総司が行う補習を受けていると、拾った石が勝手に動き出し……しゃべり始めた! 「君たちこそ、予言の勇者だ! 破壊の魔神を退治してほしい」――スプーディオ22世と名乗る謎の石のあまりに現実離れした発言に5人はついていけない。しびれを切らしたスプーディオが突如発光!目を覚ますとそこはアニメの世界だった――!? さらに、突如現れたスフィンクスによって、謎解きを強いられることに……。果たして、5人は3次元の世界に戻ることができるのか!?

公式サイト
http://dimension-hs.com

公式Twitter
@dimension_hs

©Dimensionハイスクール製作委員会

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集