超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

立花理香が『ノブナガ先生の幼な妻』EDテーマ「Returner Butterfly」をリリース「力強く、スマートなかっこよさをイメージしながら歌いました」【インタビュー】

2019/5/15


 声優・立花理香が、2ndシングル「Returner Butterfly」を5月15日(水)にリリース。その制作秘話を聞いたインタビューが、現在発売中のアニメディア2019年6月号に掲載されている。「超!アニメディア」では、本誌記事内ではお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文を掲載する。


■声優魂に火がついた

ーーアニメ『八月のシンデレラナイン』や『女子かう生』など、今期さまざまな作品に出演されている立花理香さん。以前に出演された『雨色ココア』では犬の役、『女子かう生』はセリフがない作品という、変わった役が続いていますね。

 『雨色ココア』では、ワンワンという鳴き声だけで感情を表現して。『女子かう生』は、原作漫画に吹きだしがない作品です。おかげさまで、ここ最近は声優としていろいろ挑戦させていただけて、すごく楽しいです。ただ、『女子かう生』の富戸もも子ちゃんの声を担当させていただけることが決まったときは、うれしいものの「どうやってアニメ化するんだろう?」と、楽しみでした。具体的なセリフがないので、言葉をしゃべらずにいかに感情を表現できるかというところで、声優魂に火がつきましたね(笑)。

ーー台本はあったのですか?

 一応ありました。台本は二段になっていて、上の段にはこのシーンはこういう絵のカットがあると説明があって、下段にセリフが書いてあるものなのですが、このアニメの台本の下段は真っ白でした(笑)。だから自分でイメージして、言葉ではない声を何かしら発しないといけない。想像力と妄想力をフルに回転させて、難しかったけれどそのぶんすごく楽しかったですよ。スタッフさんも声優陣を信頼してくださって「もっとやっていいですよ」とおっしゃっていただきました。面白かったのは、キャストが持ち回りで担当する次週予告です。言葉を発せずに、どうやって予告を説明するのかが見どころです。収録のときは、スタッフさんの爆笑を聞いてガッツポーズしました。声優冥利に尽きます(笑)。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP