超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

MYTH & ROIDが『ブギーポップは笑わない』のOP「shadowgraph」をリリース!「ライブだとまた違った雰囲気になると思う」【インタビュー】

2019/3/28


 TVアニメ『ブギーポップは笑わない』のOPテーマ「shadowgraph」をリリースしたMYTH & ROID。その制作秘話を聞いたインタビューが、『アニメディア4月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では、本誌記事内ではお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

――表題曲の「shadowgraph」は『ブギーポップは笑わない』(以下『ブギーポップ』)のOPですが、作品への印象は?

Tom‐H@ck(以下T) KIHOWちゃんは『ブギーポップ』をリアルタイムで知らない世代なので、新しい作品として受け取る感じだよね。

KIHOW(以下K) そうですね。全体像がなかなかつかめない作品だなと感じました。特に物語の冒頭はその印象が強いんですが、読み進めるうちに、そういうつかめないところが魅力の作品なんだろうなとも感じて。それもあって、今回歌うときには、言葉で説明しづらいことを表現することに着目したんです。

 僕は本当なら原作世代なんですが、残念なことに触れてこなかったんですね。今回タイアップの話をいただいてから原作を読ませていただいたのですが、KIHOWちゃんと同じく、つかみどころがないというかシュールな作品がまとまった物語なんだなと感じました。

――アニメの制作サイドから曲についてのオーダーはありましたか?

 テンポの指定もなく、すごく自由に作らせていただきました。今回は答えを出さない方向で制作をしたんです。あるものは無であり、無であるからこそ、そこに物体があるといった「色即是空」に近いイメージで、よくわからない感じを表現しようと思ったんです。MYTH & ROIDは比較的、怒りや悲しみなどの感情の強さを表現することが多いんですが、今回の楽曲は“何もないもの”を強烈にアピールすることを意識しました。続きを読む



PAGETOP