立花理香が『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」をリリース「もっと作詞をやりたいし、振り付けにも挑戦したい!」【インタビュー】 | 超!アニメディア

立花理香が『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」をリリース「もっと作詞をやりたいし、振り付けにも挑戦したい!」【インタビュー】

 『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」が発売中の立花理香。その制作秘話を聞いたインタビューが、発売中の『アニメディア3月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では記事内でお届けしきれなかった部 …

ニュース
注目記事
立花理香_カラフルパサージュアー写
  • 立花理香_カラフルパサージュアー写
  • 立花理香が『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」をリリース「もっと作詞をやりたいし、振り付けにも挑戦したい!」【インタビュー】
  • 立花理香が『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」をリリース「もっと作詞をやりたいし、振り付けにも挑戦したい!」【インタビュー】
  • 立花理香が『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」をリリース「もっと作詞をやりたいし、振り付けにも挑戦したい!」【インタビュー】

 

 『雨色ココア sideG』の主題歌「カラフルパサージュ」が発売中の立花理香。その制作秘話を聞いたインタビューが、発売中の『アニメディア3月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では記事内でお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

■TVアニメ『雨色ココア sideG』は、絶対尊い!

ーー昨年2月にソロデビューして、ちょうど1年くらいですが、どんな1年でしたか?
 とにかく、突っ走った1年でした。アーティストデビューして自分だけのライブをさせていただいて。2枚のミニアルバムをリリースして、前作では作詞も担当したり……。いろんなことに挑戦させていただき、充実した1年でした。

ーー今回リリースされる「カラフルパサージュ」は、TVアニメ『雨色ココア sideG』の主題歌で、初めてのシングルでもあります。
 初めてのシングルで、初めてのアニメタイアップで、さらにその作品に私自身が声優として関わらせていただいているということで、めでたいこと尽くしです! もともと『雨色ココア』シリーズは好きで観ていて、それが今回は女の子バージョンになるということで、いち視聴者として「絶対に尊いものになる!」と思って楽しみにしていました。決まったときはすごく驚いたのと同時に、とてもうれしかったです。

ーー『雨色ココア』には、立花さんも声優として出演されています。看板犬のレインちゃん役ですね。
 今回は日本が舞台で、主人公のヨーコちゃんを中心に高校生の女の子たちがカフェでアルバイトをするストーリーです。シリーズを通してすごく温かい作品で、ちょっとクスッとできたり、ほっこりするところもあって、それを視聴者に近い立場で見守っているのが、私が声を担当するレインちゃんです。

ーー犬の役というのは、いかがですか?
 犬の役はもちろん初めてですし、犬を飼ったことがなかったので、まず犬はどう鳴くのか、動画をたくさん見て研究しました。台本には「ワン」とか「キャンキャン」としか書いていないので、言葉ではない声に気持ちをどう込めてお芝居をするか、考えるのがとても楽しかったです。

ーー作品としての見どころを教えてください。
 女の子が喫茶店で働くというところで、どんな服を着て働くのか、いろんな姿を楽しんでいただきたいですし、主人公のヨーコちゃんが、仕事を通して人間として成長していく姿も見どころになりますね。

ーー立花さんご自身は、どんなバイト経験がありますか?
 ファミレスみたいな飲食店でバイトをしたことがあります。注文を取ったり料理を運んだりするホールの仕事で面接を受けたんですけど、店長がギャル好きで、私を見て「お前はキッチンだ」と言ってキッチンでの採用になりました(笑)。でも、そのおかげでパスタくらいはちゃちゃっと作れるようになりました。ピザも生地から作れますよ!

ーー「カラフルパサージュ」は、どのようなお気持ちで制作に臨まれたのでしょうか。
 昨年にリリースした2枚のミニアルバムは、自分がやりたいことをギュッと詰め込んで作りましたが、今回は『雨色ココア』のための歌にしなければいけないという部分で、プレッシャーを感じつつ、ミニアルバムとは違った新たな気合いを込めました。作品との関わり方がキャラクターソングとも少し違っていて新鮮でした。

ーーポップでかわいらしい曲に仕上がりましたね。
 はい。作品タイトルに『雨色』とついているので、雨上がりの“キラキラ感”を出したいと思って作りました。雨上がりの街って、水滴が太陽の光を反射して、キラキラとしていてすごくきれいですよね。そういうキラキラ感と、雨上がりのちょっとウキウキした気持ちを曲に乗せられたらいいなと思いながら歌いました。

ーーレコーディングをした際には、どんなディレクションがありましたか?
 あまりお姉さんっぽい感じにはせずに、と。歌詞も前向きな内容で曲もきれいなので、前向きな明るさを意識して歌いました。

ーージャズっぽい雰囲気になるところもあって、とてもオシャレな曲でもありますね。
 そこは、ヨーコちゃんが少し背伸びをしている様子にも感じられて、私も好きなところですね。曲中に「カバンに赤いリップを入れて」という描写があるんですけど、ここがすごくオシャレですよね。どこかで「モテる女は、カバンが小さい」と聞いたことがあって(笑)、普通はないと困るからとあれこれたくさん持ち歩いてカバンが大きくなりがちですけど、必要なものだけを持ち歩ける女の子って、かっこよくてすごいなって尊敬します。


■これまでに3曲の作詞を担当。今後もチャレンジしたい

ーーカップリングには、立花さんご自身が作詞をした「緑の時計」を収録。こちらは打って変わってバラードで、歌詞は見送っているような目線でしょうか。
 その通りです(笑)! そろそろ3月の別れの時期になってきますし……春になって新生活が始まるのも楽しみだけど、今までクラスメートだった子たちと離れてしまう寂しさとか、出会いと別れの季節ならではの切ない気持ちの揺れ動きが表現できたらいいなと思って書きました。

ーー「緑の時計」というタイトルには、どんな意味を込めていますか?
 お花や草木などの自然を見て、時間の移り変わりに気づくことってあるなと思って。それでこのタイトルにしました。

ーー曲中に「芝生を揺らす」という言葉が出てきますけど、このあたりのフレーズにはどんな意味を込めたのですか?
 そこを含めた4行が、やっぱり気になりますよね(笑)。私は、毎回自分の歌詞に小ネタを仕込んでいるので、聴いてくださったみなさんに、じっくり考えていただけたらうれしいです(笑)。

ーーちなみに、今どういう音楽が好きですか? ロックとかも聴かれるんでしょうか。
 めちゃめちゃ聴きますよ。GOING STEADYを初めて聴いた時は、すごく衝撃を受けました。私は三姉妹で男の兄弟がいないので、男性ならではの男くさい歌詞が衝撃的で、そこからインディーズのロックをたくさん聴くようになって。capsuleを聴いていた時期があったり、昭和歌謡にハマった時期があったり、そのときでいろいろなんですけど……基本的にはアイドルが好きで、今は、こぶしファクトリーが大好きです。もともとハロー!プロジェクトのアイドルが好きで、帰ってくるところは、やっぱりハロプロなんだなって(笑)。

ーーそんな立花さんは、2月16日に東京・台場でZepp DiverCity Tokyoで2ndライブを開催しました。ソロアーティストとしてステージに立つのは、どんなお気持ちでしょうか?
 キャラクターの声を担当する者としてステージに立つときは、キャラクターと作品のため、そしてそれを好きな方たちに楽しんでいただくことを一番に考えます。自分としてステージに立つと、「どうしよう〜」という感じもありますけど、やっぱり楽しいです。最近は声優のイベントがたくさんあって、そのなかから私のライブを選んで、貴重な時間を使って足を運んでくださるみなさんには「絶対に楽しんでいただけるようにしなきゃ!」と思っています。今回はバレンタインの直後なので、遅ればせながらバレンタインのプレゼントにしたいなと思っていました。

ーー最後に、今後の目標があれば教えてください。
 これで合計3曲作詞をさせていただいて。今回もすごく楽しかったので、また作詞させていただく機会があったらうれしいです。あと、いつか自分で、振り付けをしてみたいですね。下手のヨコ好きですけど(笑)。

<プロフィール>
【たちばな・りか】2月27日生まれ。広島県出身。2018年2月にミニアルバム『Flora』でソロデビュー。8月に2ndミニアルバム『LIFE』をリリースしている。声優としての主な出演作は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の小早川紗枝役、『アンジュ・ヴィエルジュ』のステラ役など。

<シングル「カラフルパサージュ」情報>
発売中
ロッカンミュージック
初回限定盤:1,944円、通常盤:1,404円
「カラフルパサージュ」は、女の子らしいキラキラと、トキメキにあふれたナンバー。歌詞にはタイトルの通り、多彩な色が散りばめられている。カップリングには本人が作詞を手がけたバラードの「緑の時計」を収録。出会いと別れのシーズンをイメージした切なくも温かいナンバーだ。

初回限定盤

通常盤

 

取材・文=榑林史章

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集