超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

アカデミー賞受賞『スパイダーマン:スパイダーバース』日本公開!<高評価>レビュー続々! ぴあ映画初日満足度1位獲得

2019/3/11


 アカデミー賞〈長編アニメーション賞〉をはじめとする主要映画賞を受賞し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と大絶賛を受けている『スパイダーマン:スパイダーバース』が3月8日(金)に日本公開を迎え、週末土日2日間で動員約9万8千人、興行収入が約1億6千万円となり、大ヒットスタートを切った。公開初日から3日間の累計成績は、動員13万人、興収約2億円となる。


 アメリカ国内外の批評家や著名人、そして観客たちからも大絶賛を受け、賞レースを独走状態で走り続けてきた本作。いよいよ日本公開となったこの週末は、いち早く映画を見たスパイダーマン・ファンやジャパニメーション・ファンの若い層を含め、大興奮のコメントがTwitterなどのSNSに続々投稿されている。「最高すぎる!」「最初から最後まで、興奮しっぱなし!」「何回でも見たい!」「まさか泣くとは思ってなかった!」「マーベル映画史上、最高傑作!」「こんな映画を待ってた!」「感動が止まらない!」と、作品に対する大絶賛コメントを中心とし、革新的な映像やユニークなキャラクターたち、胸が熱くなるストーリー展開など、さまざまな視点から繰り広げられる絶賛コメントに、「見に行かなきゃ!」「この流れに乗らなければ!」と、映画を見ていない人たちにも広く口コミが広がっている。

 またSNSのほか、各映画レビューサイトでは、高得点を獲得し、ぴあ映画初日満足度ランキングでは95.0点(3/9ぴあ調べ)とダントツの1位を獲得した。

『スパイダーマン:スパイダーバース』 
現在全国の映画館で公開中

原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse 
全米公開:12月14日
■製作:アヴィ・アラド、エイミー・パスカル
フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)
クリスティーナ・スタインバーグ
■監督:ボブ・ペルシケッティ
ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
■脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン

<日本語吹き替えキャスト>
マイルス・モラレス/スパイダーマン役:小野賢章、ピーター・パーカー/スパイダーマン役:宮野真守、グウェン・ステイ シー/スパイダーグウェン役:悠木碧、スパイダーマン・ノワール役:大塚明夫、スパイダー・ハム役:吉野裕行、ペニー・ パーカー役:高橋李依、キングピン役:玄田哲章

 ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――。

『スパイダーマン:スパイダーバース』 公式サイト
Spider-verse.jp

『スパイダーマン:スパイダーバース』 公式twitter
https://twitter.com/SpiderVerseJP/ #スパイダーバース

『スパイダーマン:スパイダーバース』 公式Facebook
https://www.facebook.com/SpiderVerseJP/



この記事のキーワード

PAGETOP