超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】TVアニメ「魔法少女サイト」彩役の大野柚布子&露乃役の茜屋日海夏に作品の魅力を直撃!「彩と露乃は親友以上になる!?」

2018/4/20



 「魔法少女」になった少女たちの過酷な運命を描いたTVアニメ「魔法少女サイト」。本作に登場するふたりの魔法少女、朝霧彩と奴村露乃を演じる大野柚布子と茜屋日海夏に“激レア”な情報を聞いたインタビューが、現在発売中のアニメディア5月号に掲載されているが、超!アニメディアでは、誌面では紹介しきれなかったロング版インタビューをお届けする。

──まず、大野さんが演じている朝霧彩がどんな女の子か紹介してください。

大野 彩は、何事もすごくネガティブに捉えてしまうところがある子なのかなって思います。そして、自分に自信がなくて、自分を信じることすらできずそのせいで友達ができなくて……。何かが起きると「自分のせいだ」「自分がいけない」と思ってしまうんですよね。……生きているのが本当に辛そうです(笑)。でも、彩は本当に心がやさしい子なんです。ですから、人のことを大事にできる。そういうところはすごくいいなって思います。

茜屋 周囲にあんなにおとしめられても、人のことを第一に考えられるなんて、本当にすごいと思いますね。露乃もきっと、彩のそういう部分をすごいと思っているんだと思います。最初は、彩の誰に対してもやさしい姿を見ても「なんでそこまでするの?」と疑問に思って、心を開いていなかったと思うんです。でも、露乃も次第に彩のやさしさに温かみのようなものを感じていくんですよね。

──では、その奴村露乃がどんな子なのか、教えてください。

茜屋 原作には「死んだように生きていた」と書かれていましたが、本当に誰にも何にも興味を示さない子なんですよね。それは、凄惨な過去を背負って、なおかつ自分も殺されるかもしれないという恐怖におびえて、すべての希望を絶たれてしまったから。学校などでは、クラスメイトと普通に会話をしているように見えるんですけど、露乃は心を閉ざしているので、そんな子たちを真の友だちだとは決して思っていないんです。彩のことも、最初は自分の目的を果たすのに使える駒だとしか思っていなかったんじゃないですかね。

大野 たしかに、そういう部分を考えると、かなり冷たい子のように思えますよね。でも、過去の事件の反動で心を閉ざしたことを考えると、逆にすごく人間味のある子なんじゃないかなと思うんです。だから、きっとあの事件さえなければ、明るくて社交的で、みんなの人気者になったんじゃないかなって……。とにかく、人間っぽい奴村さんのこと、私は大好きです。

──彩と露乃の関係をどのようなものだと捉えていますか?

大野 彩にとって奴村さんは、初めて自分の存在を認めてくれて、やさしく接してくれた人なんです。彼女との出会いは本当に大きかった。奴村さんのおかげで、真っ暗だった彩の人生に光が差したんですよね。さらに、2話で奴村さんが彩の家にお泊まりをして、ふたりでたくさんお話をして以降、ふたりはどんどん関係を深めていきます。きっと、これから奴村さんは彩にとって、「親友」という以上の存在になっていくと思いますね。

茜屋 復讐のためだけに生きていた露乃の人生に変化を与えてくれる存在になっていくのが、彩なんです。そういう意味では、露乃にとっても彩は「親友」以上なんだと思います。2話で露乃が彩に「自分が信じられないなら私を信じなさい!」と言う場面があるんですけど、それはすでに露乃にとって彩が特別な存在になり始めているからじゃないかなって思いますね。

──では、このふたり以外に気になっているキャラクターは誰でしょう?

大野 みんなキャラが濃いから、ひとりに絞るのは難しいですね(笑)。

茜屋 たしかに難しいよね~。難しいけど、私がひとり選ぶなら……雫芽さりなです。根は友だち思いのいい子なのに、どうしてあんなに、狂気を感じるような性格になってしまったんだろうっていうのが気になってしまって。原作でもさりなの過去はあまり描かれていないので、余計に気になるんですよね。

──露乃は時間を止めて、さりなに瀕死の重傷を負わせましたよね。

茜屋 ひどいことしちゃって、本当にすみません(笑)。でも、露乃は「ギリギリのところで殺さない」というのを狙ってやったのだとしたら、怖いけどすごいな~。

大野 そうだとしたら、本当にすごいですね!(笑)

茜屋 どちらにしても、時間を止めているからこそ、できる芸当ですね(笑)。

大野 私が気になっているのは……やっぱり、サイトの管理人さん(漆)です。物語の鍵を握っているという意味でも気になりますけど、ビジュアル的にも「なんで?」と思う部分が多くて。なんで白黒なの? なんでおさげなの? なんで制服姿なの? すべてが謎すぎます!

──確かに気になるところが多いですね~。演じているのが中尾隆聖さんというのも気になります(笑)。

茜屋 中尾さんの管理人さん、本当に面白いですし、ピッタリですよね。

大野 そうですね。演じている姿を見ているだけで面白いですし、本当に勉強になるんです。あと、収録現場での席順は、私と茜屋さんの間になぜか中尾さんが入っているんです(笑)。それで、いつも3人で物語やキャラクターについてお話をしています。

茜屋 私たちの間に中尾さんがいるのって不思議な絵ですよね(笑)。でも、隣に中尾さんがいらっしゃるというのは、すごい安心感なんですよ!

──興味深い風景ですね~。ちなみに、収録現場の雰囲気はどんな感じですか?

茜屋 すごく明るいですね。

大野 暗い作品だからこそ、キャストもスタッフさんも、「よし! 明るくいじめられていこう!」みたいな感じになっているんだと思います(笑)。

茜屋 柚布子ちゃんはいつも「今日も元気にいじめられましょう!」って言われてますからね(笑)。

大野 私も「おはようございます! 頑張っていじめられます!」という感じで答えています(笑)。

──確かに、観ていて辛くなるような場面が多い作品ですけど、でも思わず笑ってしまうポイントもありますよね。

茜屋 そうなんです。とくに笑わせてくれるのが、彩のお兄ちゃん(朝霧要)ですね。

大野 とっても怖いお兄ちゃんなんですけど、アフレコでは一周回って、癒しの存在になっているんです(笑)。また、岡本信彦さんの演技が本当にすごいうえに面白くて、いつの間にかお兄ちゃんの癒しを待っている自分がいることに驚いてしまって(笑)。

茜屋 わかる! 原作を読んで、あんなに「憎たらしい!」と思っていたのに、岡本さんの声が入るとこんなに面白いんだっていうのが不思議ですよね。みんなにとっての癒しになってます(笑)。

──岡本さんの怪演は光っていますよね。ところで、おふたりは今作が初共演ですけど、お互いの印象はどんな感じなんですか?

茜屋 柚布子ちゃんは、本当に彩にピッタリだと思いました。ブースに入って、柚布子ちゃんの発したひと言めを聴いて、「あ、彩ちゃんだ」と思ったんです。じつは私も露乃役と同時に彩役のオーディションも受けてたんですけど、今では彩役は柚布子ちゃん以外に考えられませんね。

大野 ありがとうございます。私はお会いする前は、茜屋さんはすごくクールで無口なイメージがあったんですけど、実際にお会いしたらとてもしゃべりやすくて、「いいお姉ちゃん!」という感じのサバっとした明るい方だったので、すぐに「やさしい~!」「好きっ!」となってしまいました(笑)。そんな茜屋さんのイメージに引っ張られて、今では奴村さんのことまで「根は明るい子なんだろうな」と思ってしまっているんです。

茜屋 うれしいな~。私は柚布子ちゃんのことを、もっと口数が少ないイメージを持ってたんですけど、現場でも取材のときもよくしゃべってくれるので、ビックリしました。あと、もっとおどろいたのは、柚布子ちゃんが私よりも1歳上だったこと! 見た目からして、17歳くらいなんだろうなって思っていたんですよね~。

大野 私も、私が1コ上というのはビックリしました(笑)。

──では最後に、視聴者のみなさんにメッセージを!

大野 本当に救いようのない、真っ暗なところから物語がスタートした『魔法少女サイト』ですが、これから彩と奴村さんが一緒に行動することで、彩のなかにも、物語自体にも、光が差してくるようになります。目を背けたくなるようなシーンもありますけど、ぜひ希望を持って観ていただきたいです。

茜屋 彩と露乃のやりとりは、この物語のなかでもホッとすることが多いと思うので、ぜひ注目してください。そして、今後は私たち以外の魔法少女である潮井梨ナ、穴沢虹海、そしていじめっ子だったさりなも、この先かなり暴れてくれるので、彼女たちの活躍ぶりもお楽しみに!

<TVアニメ「魔法少女サイト」情報>
◆放送情報
MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠他にて放送開始!
・MBS:毎週金曜26:25~
・TBS:毎週金曜25:55~
・BS-TBS:毎週土曜24:30~
・SBS:毎週火曜日25:58~
・ATV:毎週月曜日25:28~
・AT-X:毎週水曜22:30~
(※リピート放送:毎週金曜14:30~/毎週火曜6:30~)
Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信!
※放送日時は変更になる可能性がございます 。

◆CAST
朝霧 彩:大野柚布子
奴村露乃:茜屋日海夏
潮井梨ナ:鈴木愛奈
穴沢虹海:芹澤 優
雫芽さりな:山崎はるか
朝霧 要:岡本信彦
美炭貴一郎:鈴木達央
サイト管理人 漆:中尾隆聖
直戸圭介:安里勇哉

◆STAFF
原作:佐藤健太郎『魔法少女サイト』
(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:松林唯人
シリーズ構成:伊神貴世
キャラクターデザイン:渋谷 秀
音楽:井内啓二
アニメーション制作:production dóA

オープニングテーマ:i☆Ris
エンディングテーマ:山崎はるか

アニメ公式サイト 
http://mahoushoujyo-anime.com/

アニメ公式Twitter 
@MGSanime

©佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会



PAGETOP