超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】戸松遥×市ノ瀬加那×山下七海×早見沙織×石上静香、TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』EDテーマ&男子キャラの印象をトーク!

2018/3/30


 謎を呼ぶ展開と少年少女の群像劇が話題の『ダーリン・イン・ザ・フランキス』。ゼロツー役・戸松遥、イチゴ役・市ノ瀬加那、ミク役・山下七海、ココロ役・早見沙織、イクノ役・石上静香によるスペシャルユニットのXX:meが登場。「トリカゴ」などEDテーマの話題と、男子キャラの印象などを聞いたインタビューが発売中の『アニメディア4月号』に掲載中だが、「超!アニメディア」では、誌面では紹介しきれなかった部分を含めたロングバージョンをお届けする。

──『ダリフラ』に関わっての印象とか、周囲の反響はいかがですか?

戸松 1話が放送された時の反響が大きくて、業界の方からも「面白い」と言っていただけました。この先はどんどん面白くなる展開ばかりなので、早く続きを観ていただきたいですね。

市ノ瀬 2話がイチゴの“お当番回”だったのですが、ヒロに対するお世話焼きの面が垣間見えました。今後もそれぞれのお当番回があって、それぞれのいいところや可愛らしいところが見えてくるので、楽しみにしていてほしいです。

山下 1話ではEDテーマだけだったのですが、2話からはOPテーマも流れるようになって、OPが入るとまた雰囲気が違って見えました。それだけ曲って、作品に大事なんだと感じましたし、EDの映像も観たときは本当に驚いて、見入ってしまいました。

石上 私は、台本を読んだ時点で『ダリフラ』の世界にハマリました。ニコ生、先行上映会とオンエアの3回観たのですが、音響の違いでここはこう聴こえるんだとか、3回観て、やっとシーンの意味がわかったり、観る度に新しい発見を見つけられます。

早見 アフレコは進んでいて。かなり怒濤の展開になってきていますね。その上で、放送で1話から改めて観ていると、こうやって始まったんだなとか思い出すこともあって、今後の展開に自分でも期待が高まりますね。

──キャラクターについて、どんな風に思いますか? なかでもゼロツーは、飛び抜けて個性的ですよね。

戸松 そうですね。ビジュアル的なポイントのツノは、ゼロツーとしてもけっこう気にしてる部分で、物語を語る上ではとても重要なキーになっています。性格的な部分で言うと、意外と無邪気だったり、歳相応の女の子らしい可愛い一面もあって、ただミステリアスなだけじゃないですね。感情が昂ぶるシーンでは、スイッチを切り替えるような感覚で演じています。

──イチゴとはバチバチですけど。

市ノ瀬 はい。バチバチです!

戸松 現場は、和やかですよ()

市ノ瀬 イチゴは情に厚く人一倍仲間思いで、感情の起伏も激しいので、そのぶんいろんな表情を観ていただけます。リーダーとしても背伸びをしてる部分はあるけど、イチゴなりに必死にチームをまとめていく様が描かれたりとか、今後もイチゴの表情や感情の動きに注目してほしいです。

──ミクはどんな役柄ですか?

山下 ミクは歳相応で明るくて、最初からいろんな表情を見せているのでその点では演じやすいし、自分とも近いところがたくさんあると感じます。この『ダリフラ』の壮大な世界観で、普通の女の子という存在は、観ている方に安心感を与えられるかなと思っていますね。感情としては相手ごとにいろいろで、イチゴに対抗心を燃やすこともありますけど、ココロとはよく一緒にいるし。

早見 そう、仲がいいよね。ココロちゃんは、わかりやすくおっとりとした“ザ・母性”みたいな部分が序盤は見えていますけど、だんだんそれだけじゃないところがはっきりしてきます。母性的でみんなのお母さんのようなところもあるけど、ときには成長過程によくある、自分の感情を優先させてしまうこともあって。観る人によって見え方が変わるので、ある意味で奥の深いキャラクターだと思います。私としては、すごく人間らしい役だなと思っています。

石上 イクノは口数が少なく冷静沈着で、序盤は目立っていませんが……イクノちゃんが歳相応の笑顔を見せるシーンがあったので、「普段からその笑顔を出せるようになってほしいな」と、ちょっと親目線みたいな気持ちです。

──男の子キャラについては、どんな印象ですか?

戸松 意外とフトシは、いちばん子どもっぽいかもしれない。のちのち出てくる、フトシの幼さや子どもっぽさにはびっくりします。

石上 あのシーンは、ちょっと怖かった()

戸松 女子目線からすると、けっこう戸惑う。

山下 グイグイ系です()

早見 フトシは、序盤の印象では憎めないと言うか、「よく食べて可愛いな」みたいなマスコット的な感じだけど、じつはけっこうアツいところがあって。ある種の執念を持ってるみたいな()。個人的には、ゾロメとミクの関係性がけっこう好きかな。

市ノ瀬 漫才を観ているみたいですよね。

──ゾロメは、最初はヒロに対して、ちょっと嫌な感じだったりしましたけど。

石上 でも、男としてはいちばんいいんじゃない?

早見 空気を読むし頼もしい。

戸松 そうそう。子どもっぽく見えて、意外としっかり動けるし。

──ミツルは?

早見 “ミツル爆アゲ回”がもう、たまらないです。

石上 序盤の評価は、“だだ下がり”ですけど()

──市ノ瀬さん的に、気になる男性キャラは?

市ノ瀬 ゾロメは、田村さんとすごくマッチしています。ゾロメっぽいところがあったりして、普段の田村さんも、ゾロメなんです()。休憩時間とかにお見かけすると「あ、ゾロメがいる!」って思っちゃうときがあります。最初はヒロにつっかかっていくけど、ヒロが対応を変えるとゾロメも「まあしょうがねえな」って、徐々に変わっていくので、その変化も人間らしいですよね。あと、ゴローも好きです。

早見 イチゴにとってゴローは大きいよね。

市ノ瀬 パートナーなので。副リーダーというポジションがあるわけではないけど、イチゴにとっては副リーダーのような頼れる部分があって、安心感が尋常ではなくて、ゴローが支えてくれるからイチゴもリーダーとしてやっていけているんだなと思います。

──現実にゴローみたいな人がいたら?

市ノ瀬 素敵だと思います。

──山下さんは、気になるキャラはいますか?

山下 私はハチです。

全員 ええ〜!

戸松 意外なところにきた!

石上 そっち()

山下 司令塔として、ヒロたちにいろいろな指示を出す役割りですけど、そんなハチの笑顔とか、表情を崩すところを観てみたいって思うんです。

石上 想像できないけど()

早見 でもナナとハチのお当番回も、あったら面白いよね。

山下 あったら絶対観てみたいです!

──ヒロは?

早見 ヒロは鈍感タイプ()

戸松 この環境だから仕方がないと思うけど、それにしてもだよね。女心を無意識にいろんなところで傷つけているなって。

市ノ瀬 イチゴの立場になるとすごいつらいです。

──そんなみなさんが歌うEDテーマですが、乃木坂46などを手がけている杉山勝彦さんの作詞作曲で、曲と映像が数パターン存在するという。

戸松 すごく豪華です。杉山さんに書いていただけるだけでもすごいのに、こんなにたくさん書いていただけるなんてすごく贅沢。レコーディングも怒濤のように録っていきました。杉山さんの曲ということもあってか、極端なことを言うと、「この曲を5人のアイドルユニットが歌ったらどうなるんだろう?」と、そのくらいの気持ちで歌っているところもあります。

早見 どの曲もカラーが違うけど、メロディアスだからどれも歌いやすいし、聴いてくださるみなさんにもたくさん歌ってほしいです。

──まず最初に「トリカゴ」を聴かれたときは、どんな印象でしたか?

市ノ瀬 私は、人生初めてのレコーディングということもあって、音程とかリズムとか滑舌、歌詞の言葉の意味や感情など意識しなければいけないところは本当にたくさんありました。それにレコーディングの順番がトップバッターだったのですごく緊張して。かなり時間をかけて録っていただいて、「レコーディングってすごく地道なものなんだな」と思いました。ただ、歌に感情を乗せるという面で、共感性の高い歌詞だったので乗せやすかったです。

早見 とてもキャッチーなメロディで、覚えやすいかったです。歌詞は『ダリフラ』の感情の部分をベースにしながら学校を舞台にした、若干のパラレルワールドになっていて。アニメのなかの非日常の世界だけど、現実の私たちの感情にもリンクしています。

石上 言葉を言い換えているだけで、歌っている気持ちは『ダリフラ』のキャラクターとリンクしていて。たぶん女子中高生が聴いたら、すごく刺さる歌詞じゃないかって思います。

戸松 EDの映像を観たときは、すごく不思議な感じでしたね。ゼロツーたちは当たり前のことを知らない子たちなので、そのぶん我々の世界の制服を着ているところとか、踏切があったりする風景のなかにいるのがとても不思議でした。“ifの世界”じゃないけど、もしも彼女たちが、今のような人類の世界があるときに過ごしていたら、こういう感じだったのかな〜とか、想像すると胸が締め付けられるような切ない気持ちになりました。

山下 そんなEDテーマが複数あって、どの曲もその話数を観た最後に余韻と共により世界観を楽しめるものになっていると思います。「Beautiful World」なんかは、「トリカゴ」とはまた違ったものになっていて。

──「Beautiful World」は、そんな世界で、ほのかに芽生えた恋愛の感情が歌詞になっていますね。

市ノ瀬 初恋のフワフワと浮き足だった感じと、甘酸っぱい切なさが、絶妙に噛み合っているなと思いながら歌詞を読ませていただきました。放課後の教室の情景が浮かべながら歌いました。

戸松 1番がイチゴ視点で、2番がゼロツーっぽいなと思います。誰かを想っている人が聴いたら、感じ入るものがけっこうあると思いますね。ただ、ゼロツーは話数によって感情の出し方がまったく異なるので、私は曲によって歌い方も変えていて。特にこの「Beautiful World」は、けっこう穏やかに歌っていますね。「トリカゴ」のときはけっこう尖っているシーンが多いので、ドSな気持ちで歌いました()

早見 これは私個人の感想ですけど、一人称を“ボク”と言っているので、男の子目線でも女の子目線でもいけるわけで。その絶妙な歌詞を、女子高生くらいの成長途中の女の子が歌っているというのが、とてもたまらなくて、そこに高まりを感じたと言うか()

戸松 わかる!

──また「真夏のセツナ」は7話の水着回で流れる曲で、まさしく夏っぽい爽やかな曲ですね。

石上 いちばんアイドルっぽいんじゃない?

山下 1話限りなのが、もったいないくらいです!

市ノ瀬 いちばんテンションが高い曲なので、普段のイチゴよりテンション高く、楽しく歌わせていただきました。

山下 歌詞も曲調も可愛いですよね。私はミクのキャラクターが明るく天真爛漫なので、「真夏のセツナ」はキャラクターとしてすごく歌いやすかったです。レコーディングのときは、「はしゃいだ感じで歌ってください」というディレクションがあったので、体を動かしながら、ほかの曲よりも感情を明るく解放して歌いました。

石上 私は逆に、イクノちゃんがこれを歌っている姿がまったく想像できなくて、3曲のなかではいちばん難しかったです。でも、「もしイクノちゃんがアイドルになったら、このくらいまではがんばるのかな?」というくらいやりました。

──アイドルグループっぽいイメージと話が出ましたが、普段はアイドルの曲も聴きますか?

市ノ瀬 私は、欅坂46さんとか聴きます。センターの平手友梨奈さんが好きなんですけど、ひとりだけ異質な雰囲気を放っている感じが、とても惹きつけられます。曲は「不協和音」とか、“抗ってる感”が強い曲が好きで、「トリカゴ」も似た雰囲気を感じますね。

早見 抗ってる感が強いよね()

石上 私は、テレビで流れているものを聴く程度ですけど、仕事としてこういう形で関わったことで、改めて「アイドル曲ってこんなに胸に刺さるんだな」と実感しました。今まで女性アイドルのファンに男性が付くのはわかるけど、女性のファンも付くのはどうしてだろう? と思っていたんです。今回歌わせていただいて歌詞を理解したら、「女性の心にもすごく響く曲だな、これなら女性もファンになってしまうのはわかるな」と思いました。

──山下さんはWake Up,Girlsのメンバーとしても活躍されていますが。

山下 そうですね。だからこそ「もしこの3曲をライブで歌ったら、お客さんからどんな反応がもらえるのかな?」と、自然とステージで歌っている様子を想像しました。特に「真夏のセツナ」は、ファンの方がコールを入れやすい曲なので、レコーディングしているときもコールが頭に聴こえてきちゃって()

戸松 さすが現役アイドル!

山下 本当にリズムがノリやすくて、「パンッパパン」という手拍子も入る感じなので。

石上 おお! 今コールが聴こえてきた()

戸松 私は、とある現場のスタッフさんにAKB48さんのファンの方がいらっしゃって。ちょうど総選挙をやっている時期だったので、「ぜひこの子に投票してください!」と、投票権の入ったCDをいただきましたよ!

早見 アイドルには、そのくらい身を捧げたくなるような魅力があるのは、すごくわかりますよね。

戸松 もしもこの歌詞を一生懸命歌って踊ってる子たちがいたら、絶対に応援したくなりますもん。「支えてあげたい」って、男女関係なく、そういう気持ちにさせるパワーがあります!

──みなさんにはXX:me(キス・ミー)というユニット名が付いていますし、どこかで歌う機会があるかもしれませんね。

市ノ瀬 うわ〜すごくドキドキしますね。でもイチゴたちが着ているパラサイトの制服は、実物を着てみたいです。

戸松 そうすると、私だけ色が違ってて、ちょっと特別感がありますね。貫禄ってやつですか()

早見 でも実際にやるかどうかは別にして、たとえば「こういうアイドルユニットを組んだ夢を観た」という話とかで、スピンオフを観てみたいです。

──そんなところにも期待が高まる作品ということで、今後の展開も含めて最後に読者へメッセージをお願いします。

早見 8話くらいから各キャラクターがどんな人なのか、どんどん見えてくるようになっていて。でも、まだまだ奥深いと言うか、終わりの見えないこの世界なので、より考察しがいのある内容になっていきます。個人的にココロちゃんを演じている上で思うことは、成長途中の子たちの世界だし、パラレルだけど同じ年齢くらいの子たちは「そうだよね」って共感してもらえるところがあると思うし。自分では大人だと思っていたり、早く大人になりたいという気持ちがあって、それがかえって子どもっぽい行動を取ってしまったり。本当の大人から観たら、ぜんぜん子どもだったりとか。その絶妙な成長途中の感じを意識して観ていただけると、より楽しんでいただけると思います。

石上 私個人としては、1クール目の後半から2クールめの頭にかけた怒濤の展開を注目していてほしいです。私自身「『ダリフラ』に参加できて本当に良かった」と改めて思ったほど、ストーリーに引き込まれてしまったところなので、早くみなさんと共有したくてウズウズしています。

山下 ダリフラの世界観は、大きくて複雑なのですが、その状況でキャラクターたちがいろんな感情を抱えながら、「この気持ちはどういう気持ちなのか?」「もっとこうなりたい」とか、そういう気持ちを常に持ってフランクスに乗っています。大人の方は、微笑ましく観れるところがあると思いますし、同年代の方は応援したくなったり共感したりしたくなるところがたくさんあると思います。それも含めて、キャラクター全員に注目しながら観てほしいです。

市ノ瀬 キャラクターがリアルで、各キャラクターの表情がより伝わるように描いてくださっているので、それぞれのキャラクターの良さがそこでも引き立つと思いますし、それぞれにスポットライトが当たったときに、そのキャラクターが観ている視点とか、こういう感情を抱いてこの子は動いていて、みんなが集まったときにはこういう態度を取ってしまったとか、態度の理由もすごく見えてくると思います。10人みんないいところがあるので、ひとりひとりのキャラクターやストーリーを大切に観ていただきたいです。

戸松 それぞれをフィーチャーした回があって、みんなが主人公と言うか、誰の視点で見るかによって見え方が変わると思います。我々からすると非現実的と思える世界観ですけど、知れば知るほどすごく人間的に考えさせられる作品です。“自分だったら?”と置き換えて考えると、大人だから刺さる部分もあると思いますし、いろいろなことを考えさせられます。それ以外にも、フランクスというロボットのアクションシーンも見どころのひとつですし、どのフランクスが叫竜とどう戦っていくのか、そもそも叫竜って何なのか? ひとつ謎を掘り下げると、全部が芋づる式に謎が増えていきますが、その謎を解くごとに面白さが倍増していきます。1クールの最後にはひとつの大きな山が待っていますので、最後まで楽しんで観ていただけたらうれしいです!

 

<CD情報>
「ダーリン・イン・ザ・フランキス エンディング集 vol.1」
発売元/アニプレックス
発売元
1.944円(税込)
疾走感がありながら、切ないムードをまとった「トリカゴ」は、マイナー調のメロディと、社会とのギャップに思い悩む気持ちをリアルに歌った。恋の気持ちを美しく儚さのあるサウンドとメロディに乗せた「Beautiful World」。「真夏のセツナ」は夏の海を舞台に、高揚感溢れる気持ちを歌った爽快なポップナンバー。これら3曲のEDテーマのほかに、「トリカゴ」を各メンバーが歌ったソロバージョンなどを収録。『ダリフラ』の本編とはまた違った、EDテーマの世界観が詰まった1枚になっている。

<TVアニメ『ダーリ ン・イン・ザ・フランキス』情報> 
◆放送日時 
TOKYO MX:毎週土曜23:30~ 
とちぎテレビ:毎週土曜23:30~ 
群馬テレビ:毎週土曜23:30~ 
BS11:毎週土曜23:30~ 
ABC朝日放送:毎週土曜26:29~ 
メ~テレ:毎週土曜26:39~ 
広島ホームテレビ:毎週木曜27:00~ 
BSS山陰放送:毎週金曜26:18~ 
BBCびわ湖放送:1月22日より毎週月曜26:45~(1月15日(月)26:45~ 事前特番放送)※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆放送局 
TOKYO MX/とちぎテレビ/群馬テレビ/BS11/ABC朝日放送/メ~テレ

◆スタッフ 
監督:錦織敦史 
副監督:赤井俊文 
シリーズ構成:錦織敦史/林直孝(MAGES.) 
キャラクターデザイン/総作画監督:田中将賀 
メカニックデザイン:コヤマシゲト 
アクション監修:今石洋之 
ミストルティンデザイン:中村章子 
叫竜デザイン:岩崎将大 
美術設定:塩澤良憲 
美術監督:平柳 悟 
色彩設計:中島和子 
3Dディレクター:釣井省吾/雲藤隆太 
3DCG:スタジオカラー/A-1 Pictures 
モニターグラフィックス:座間香代子 
撮影監督:佐久間悠也 
音楽:橘 麻美 
音響監督:はたしょう二 
編集:三嶋章紀 
制作:TRIGGER/A-1 Pictures

◆キャスト 
ヒロ:上村祐翔 
ゼロツー:戸松遥 
イチゴ:市ノ瀬加那 
ミツル:市川蒼 
ゾロメ:田村睦心 
ココロ:早見沙織 
フトシ:後藤ヒロキ 
ミク:山下七海 
ゴロー:梅原裕一郎 
イクノ:石上静香 
ナナ:井上麻里奈 
ハチ:小西克幸 
フランクス博士:堀内賢雄

公式サイト 
http://darli-fra.jp 

公式ツイッター 
@DARLI_FRA



PAGETOP